ここから本文です

平成23年1月の九星術運勢です。

新玉の年を迎えるにあたり、新年度1月の運勢を紹介いたします。

平成23年1月の運勢

一白水星   平成20,11,2 昭和56,47,38,29,20,11,2 生まれ

直感が冴え先の見通しも立ちそうだが、欲を出したり我を通し過ぎると意外な落とし穴も。駆け引きは慎重に何事も一歩ずつが大切。社交運好調。 

二黒土星   平成19,10、元 昭和55,46,37,28,19,10、元 生まれ

活路を見い出し新たな勇気と闘志が湧いてきて、協力者次第で更に吉運へと進める良好月。視野を広く持ち、分を弁えtら対応が福を呼ぶことに。

三碧木星   平成18,9 昭和63,54,45,36,27,18,9 大正14 生まれ

内憂外患多事多難の月に、何かと予測とは裏腹の結果になりやすい。外見に惑わされたり激情に駆られず、情報収集に重点を置き秩序立てて進もう。

四緑木星   平成17,8 昭和62,53,44,35,26,17,8 大正13 生まれ

理非曲直を正そうと積極的に出過ぎて脱線しないよう、予防策が必要。忙しくなるにつれ雰囲気に呑まれ失敗しないよう、石橋を叩いて渡ること。

五黄土星   平成16、7 昭和61,52,43,34,25,16,7 大正12 生まれ

気苦労が多い中、下手に動いたり利益優先で強引に出れば不利な立場になりがち。苦言でも真摯に聞く気持ちがあれば導いてくれる人も現れるはず。

六白金星   平成15、6 昭和60,51,42,33,24,15,6 大正11 生まれ

自発的に動きたくなる心弾む月で、将来への夢と抱負が湧いてくる。的確な判断の下で進めても、収穫を焦るあまり見通しを誤り暗転する恐れも。

七赤金星   平成14,5 昭和59,50,41,32,23,14,5 大正10 生まれ

新方針で行動を起こしても、長年の経験を踏まえて手堅く進めると好成績が得られそう。才能や能力を周囲のために役立てれば、信用が向上する。

八白土星   平成13,4 昭和58,49,40,31,22,13,4 大正9 生まれ

決断する勇気と柔軟性ある対応が、正当な評価を得て一歩前進できる。奉仕の精神で労を厭わなければ、福徳が転がり込みそう。出費増に留意を。

九紫火星   平成21,12,3 昭和57,48,39,30,21,12,3 生まれ

人に親切を尽くして利を得られ、諸事円満にまとまり心身共にゆとりができ安定した運勢に恵まれる。仕事は持ち前の集中力でこなせば着実に進展。

※以上、【お宮の暦より】お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。気軽にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で、月毎に起こる災難や厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害などを一切祓い除く祈願です。

申し込みの際には悩み事などを、お聞きしてありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より送られた白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け白木造り箱神札

詳しくは病厄除けのページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai-other/#byoyaku

コメント