ここから本文です

進藤庄兵衛に関する本出版の打ち合わせを行いました。

ここ、数日様々な所用にて宮司が東京にいっていましたが、その中の1つに本出版の打ち合わせがありました。

まだ詳細をお伝えすことは出来ないのですが、当神社ご祭神であり、青森開拓の一大恩人である進藤庄兵衛正次に関する本が、夏頃に出版される予定です。

打ち合わせ資料一部

進藤庄兵衛正次について→http://hirotajinja.or.jp/about/#hujiwara(実方公の下に記載)

今回の本は廣田神社で全て発行する訳ではありませんが、進藤庄兵衛に係わりが深いことから、何かとお手伝いさせていただくこととなりました。

また、本の内容もこれまで、関連本で出ていた歴史の記述書などではなく、物語調の庄兵衛がひとりの血の通った生きた人物として表現されるものになっております。

そして、著者には青森県出身で、現在東京で様々な本を出版し活躍され、特に津軽の歴史に造詣の深い方がお書きになることになりました。

出来上がっている分を読ませていただきましたが、非常に面白い出来になっております。

これをもとに、素晴らしい人物が青森に居たこを知っていただければと思います。

随時進展がありましたらこの社務日誌でも伝えていきますので是非ご覧下さい。

コメント