ここから本文です

平成23年3月の九星術運勢です。

3月の運勢を紹介いたします。

平成23年3月の運勢

一白水星   平成20,11,2 昭和56,47,38,29,20,11,2 生まれ

油断すると骨身に堪える状態となり、予定通り消化できるよう手回しを怠らぬこと。人に頼まれても、手に負えないことは極力請けないほうがよい。 

二黒土星   平成19,10、元 昭和55,46,37,28,19,10、元 生まれ

得心ずくでの実行が効果をあげ希望のもてる月で、一度のつまずきで焦ったり投げ出さないこと。人徳で人や物が集まり助力を得て成績向上する。

三碧木星   平成18,9 昭和63,54,45,36,27,18,9 大正14 生まれ

力不足で挫折したり、思慮に欠けて人間関係が悪化する恐れあり、心を静めて困難を乗り切ろう。人の上に立つことや世話役は避け、自分育てを。

四緑木星   平成17,8 昭和62,53,44,35,26,17,8 大正13 生まれ

時運に乗り良い兆しも現れてきそうで、取り越し苦労せず安心して進むと良い。欲心や悪縁が道を誤らせる懸念もあり、謙虚さを失わぬように。

五黄土星   平成16、7 昭和61,52,43,34,25,16,7 大正12 生まれ

誠意がなかなか通じにくく、自信があっても控えめにするのが安全策。課題は順々に捌き、きちんと節目をつければ先の見通しにも目ど処が立ちそう。

六白金星   平成15、6 昭和60,51,42,33,24,15,6 大正11 生まれ

溢れんばかりの意欲が道を開く吉運月で、順序を正して一歩ずつ進めば目標へ近づける。人間関係重視で好感を持たれ、対外的評価が上昇し飛躍も。

七赤金星   平成14,5 昭和59,50,41,32,23,14,5 大正10 生まれ

損得上での判断や迷いが勘を鈍らせ、足元をすくわれる恐れ。身内や親族に問題が起こりやすいが冷静な対応を。予定外のことは控えたほうが無難。

八白土星   平成13,4 昭和58,49,40,31,22,13,4 大正9 生まれ

用意周到にして意気軒昂たるものがあり、心血を注げばそれなりの効果も。自発的かつ自立的な行動が、好展開をもたらす吉運に感謝の念が湧く。

九紫火星   平成21,12,3 昭和57,48,39,30,21,12,3 生まれ

手順よく適切に実力を行使すれば有終の美を飾れるが、独断専行や分不相応な高望みから、とかく立ち往生の傾向。隠し事が明るみに出やすい兆しも。

※以上、【お宮の暦】より

お宮の暦

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。それぞれの神社に気軽にお問い合わせ下さい。

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で、運勢のよからぬ月に起こる災難や厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害などを一切祓い除く祈願です。

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られた白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け白木造り箱神札

詳しくは病厄除けのページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai-other/#byoyaku

コメント