ここから本文です

書道の稽古が行われました。

平成29年3月9日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「福士」という字です。

書道稽古

「福」という字に対して、下の「士」が画数が少ないため上下のバランスを取るのが難しい箇所でした。

書道稽古

新しい課題は特別難しい課題ではなかったのですが、上達するにつれて文字そのものの美しさはもちろんですが、筆の流し方や落とし方、など技法そのものが見られるようになりました。

なかなか思うように筆がよじれなかったり、返せなかったりと非常に苦労しました。

コメント