ここから本文です

書道の稽古が行われました。

平成29年3月16日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「原子」という字です。

書道稽古

「原」という字の垂れる部分の書き方で左右のバランスが崩れてしまうために、文字全体を見るよう意識するのが大変でした。

書道稽古

課題では一般的な動かし方で書くのではなく、一癖いれて通常とは違う筆遣いなどが多かったためとても苦戦しました。

たった払いひとつをとっても何通りも書き方があり、大変な反面、面白い点でもありました。

 

コメント