ここから本文です

パラオ共和国戦没者慰霊祭の講演をしました。

平成29年4月24日にパラオ共和国戦没者慰霊祭の講演をしました。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

今回、主催してくださったのは、青森から笑顔の輪を広めよう!という目標のもと、『みなさんが笑顔になれること』を真剣に考え、様々なイベントを企画し活動している団体です。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

その団体の主催者の方とお話しする機会があり、雑談の中でパラオ共和国での慰霊祭のお話をしたら、とても興味を示してくださり、開催してくださることになりました。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

その代表の方は3月に全国で講演活動をされている中村文昭さんという方の青森講演も主催されていたのですが、その中村文昭さんのお話の中でパラオ共和国、とりわけペリリュー島での出来事をよく話していたそうで気になっていたそうです。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

当日は有料ということだけではなく、普段親しみのないお話にも関わらず30名を超す方に集まって頂きました。

しかも、2時間という長丁場の内容にも関わらずほとんどの方が真剣に最後まで聴いて下さっていました。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

実は遠い南洋の国、パラオ共和国と世界の雪国である青森とは深い関係があったこと、そしてその歴史の中でどのようなことが起きていったのか、どうして廣田神社宮司が慰霊をすることになったのかなどを、人との繋がりを中心にお話しさせていただきました。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

最後の30分は慰霊祭にて撮影した写真一枚一枚、簡単に説明しながら紹介しました。

あまりにも様々な出来事があったため、話すうちにあれもこれもと話題が飛び、取り留めない話になってしまいましたが、終了後には多くの方から嬉しい言葉を掛けて頂きました。

今を生きる私達が、先人の想いをしっかりと知ることがなによりも大事だと思います。

虹色きららさん、ありがとうございました。

宮司による講演はいつでも受付けていますので気軽に神社までご相談ください。

虹色きらら・・・https://www.facebook.com/nijiirokirara/

コメント