ここから本文です

舞姫会の稽古が行われました。

平成29年6月2日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

先生の権禰宜が1か月間の研修だったということで、2か月ぶりの再開となった稽古はみんな元気に集まってくれました。

舞姫会 稽古

久し振りの再開に舞姫達も嬉しそうでした。

舞姫会 稽古

はじまりの会を行った後、2週間後には例大祭前夜祭の本番を迎えるため、早速舞の稽古になりました。

舞姫会 稽古

先ずは一人舞を全員で行いました。

舞姫会 稽古

大きな神事も終わり、時間が空いたこともあってか、すっかり忘れてしまったようで動きが元に戻っていました。

舞姫会 稽古

今まで使っていた舞の用語などもすっかり忘れているようで、戸惑っていました。

舞姫会 稽古

それでも最初と最後の正座して行う部分は覚えているようで、比較的上手く出来ていました。

舞姫会 稽古

特に気になった点を重点的に指導して、すぐに舞を再開しました。

舞姫会 稽古

次は複数舞ということで、全員そろえて舞う稽古にしました。

舞姫会 稽古

なんとなくは思い出しているようですが、探り探りに動いているようで非常にぎこちない様子でした。

舞姫会 稽古

次の動作が体で覚えていないため、周りを確認したりしまっていました。

舞姫会 稽古

それでも同時に合わせる所作は比較的合すことが出来ていました。

舞姫会 稽古

すっかり忘れているものの、動く度に少しずつは思い出しはじめているようでした。

舞姫会 稽古

時間がないため、とにかく、なるべく回数を重ねて思い出す作業をしました。

舞姫会 稽古

今日、来られなかった舞姫達もいるため全員で合わせられませんが、お互いに教えられるようにしていきたいと思います。

舞姫会 稽古

本番は巫女の装束に千早を着装して舞うため、実践により近い形で行ないました。

舞姫会 稽古

先ずは千早の紐の締め方をみんなで覚えました。

舞姫会 稽古

続いて実際に舞ってみました。

舞姫会 稽古

千早一枚羽織るだけで全く違うようで、手にまとわりつく感覚やひらひらと揺れる袖などに意識が向いてしまっているようでした。

舞姫会 稽古

更に白衣や袴を着装すると動きが制限されるため、より実践の動きを意識させて行ないました。

舞姫会 稽古

それでも千早を羽織るだけで真剣さが増して最初よりは良い動きが出来ていました。

舞姫会 稽古

あっという間に時間が過ぎて終わりの会となりました。

舞姫会 稽古

玉串拝礼を全員しっかりと合わせて行いました。

舞姫会 稽古

最後に例大祭などの案内などをみんなに先生より渡しました。

舞姫会 稽古

そして、山口県の防府天満宮へ研修に行ってきたお土産のういろうを渡しました。

舞姫会 稽古

色んな味の種類があるため、みんなでジャンケンで決めました。

舞姫会 稽古

勝った舞姫は親御さんに相談しながら嬉しそうにお土産を貰っていました。

舞姫会 稽古

本番まで残りわずかですが、しっかりと調整して当日に臨みたいと思います。

コメント