ここから本文です

東青支部神宮大麻・暦頒布始祭並び東青支部総代会研修会が行われました。

平成29年11月8日に東青支部神宮大麻・暦頒布始祭並び東青支部総代会、東青支部神政連研修会が行われました。

神宮大麻(じんぐうたいま)とはお正月に授かる通称、天照さまの御神札のことです。

東青支部神宮大麻・暦頒布始祭並び東青支部総代会研修会

伊勢の神宮より授かるこの神宮大麻は、県内神職の奉仕によって同様の神事が行われた後、更に各支部に届けられ今回の頒布始祭を経て各神社へ渡り、そうしてようやく氏子へ頒布される大変ありがたい御神札です。

東青支部では善知鳥神社、諏訪神社、当神社の三社で毎年輪番で担当し、昨年は廣田神社で執り行われました。

今年も厳粛に頒布始祭が斎行され、同時に頒布功労者表彰も行われました。

東青支部神宮大麻・暦頒布始祭並び東青支部総代会研修会

続いて参集殿に移動して東青支部総代会、東青支部神政連研修会が開催されました。

神宮遥拝、東青支部長、東青支部総代会会長、青森県神社庁長の挨拶の後、青森県郷土館学芸員の山内智先生より「青森の農業はすごい~害虫防除から~」の演題にてご講演頂きました。

東青支部神宮大麻・暦頒布始祭並び東青支部総代会研修会

研修会終了後は懇親会となり他の神社の総代同士で楽しく交流を深めました。

来年も佳き年となるよう新しい神宮大麻と氏神さまの御神札を受けましょう。

コメント