ここから本文です

ねぶた提灯をご奉納頂きました。

平成29年12月5日にねぶた提灯を奉納頂きました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

先月取り付けられた【ねぶた提灯】の奉納奉告祭を執り行いました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

このねぶた提灯は、以前掲げられていた筒型の江戸提灯の御神燈が劣化して傷みが激しいことから、当神社責任役員の柳谷章二さんと息子さんの柳谷彰成さんが新たに奉納してくださることになりました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

奉納のお話しがあった際に、青森の地域文化を伝承していくという思いも込めて、ねぶたの技術を活かした提灯の提案をしたところ快諾していただき今回のねぶた提灯の完成に至りました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

ねぶた提灯を制作するにあたっては、未来に向かって新しい力を込めて頂きたいということで、若手ねぶた師の外崎源人さんと北村春一さんに依頼しました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

夏前からの構想でしたが、様々な思案のもと10月下旬ごろに着手してから1カ月ほどかかり完成しました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

今回、全く作風の異なるねぶた師二人のコラボレーションともいうことで、提灯の大きさを統一し、獅子と龍が睨み合うような形で合わせて作られたそうです。

ねぶた提灯奉納奉告祭

そして題材は神前にふさわしい神聖なものとということで神獣ともされる、青い獅子(外崎作)と緑の龍(北村作)となりました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

奉納奉告祭では奉納頂いた柳谷章二さんとねぶた師二人が参列され厳粛に執り行われ、大神様に奉納の由をお伝えいたしました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

大変注目も高く、多くのマスコミの取材もありました。

ねぶた提灯奉納奉告祭

お正月には皆さまを明るく照らしお待ちしております。

この度の奉納、誠にありがとうございました。

コメント