ここから本文です

青森田中学園感謝祭(針供養)が執り行われました。

平成30年2月8日に青森田中学園感謝祭(針供養)が執り行われました。

青森田中学園 感謝祭

青森田中学園では昭和21年の創立以来、絶えることなく針供養が続けられ、一年に一度、物を大切にして感謝するという心を自覚させるため、園児等をはじめ学園関係者が揃って感謝祭が執り行われています。

青森田中学園 感謝祭

そもそも針供養とは、私たちの生活に欠くことができない衣類を縫製するにあたり、日々かたい布を指している針をやわらかい豆腐へ刺すことによって保養し、休んでもらうよう慰める行事です。

青森田中学園 感謝祭

その針供養は全国でも2月8日の事始めに行われるのが一般的で、この日に服飾に関係する方々はそれぞれ持ち寄った針を豆腐にさして慰めます。

青森田中学園 感謝祭

毎年、この時期は吹雪いていることが多いのですが、今年は比較的温暖な気候でした。

青森田中学園 感謝祭

今年も青森中央学院大学大学院、青森中央学院大学、青森中央短期大学、青森中央短期大学附属第一幼稚園、第二幼稚園、第三幼稚園、中央文化保育園、浦町保育園、特別養護老人ホーム三思園、青森中央経理専門学校、青森中央文化専門学校から400人近い教師・生徒・園児等が参集して執り行われました。

青森田中学園では針供養という名称ではなく、感謝祭としているのは、針だけではなく、それぞれの施設で日頃から使用しているコンピューターや包丁、書籍、おもちゃなど、欠かせない大事な道具や物も一緒に慰めるためです。

青森田中学園 感謝祭

今年も祝詞奏上後、供養の儀式として青森中央文化専門学校の学生代表数名が、使い古された針を豆腐に刺して供養し、さらに学生代表が感謝の言葉を神前に捧げました。

青森田中学園 感謝祭

また、数年前より感謝祭終了後に10分程度の講話の時間を設けて頂き、今回は針供養の感謝の心と共に、針のような小さなもの、はかないものについてお話しさせていただきました。

園児達をはじめ、皆さん真剣に聞いて下さいました。

青森田中学園 感謝祭

その後、ボウリング部員による全国に出場した際の思いの感謝を綴った手紙の挨拶と、続いて幼稚園、保育園の園児らによる感謝の言葉と「おもちゃのちゃちゃちゃ」の合奏をして一生懸命に感謝の心を伝えていました。

感謝祭終了後は学園で使用する新しい車両も祓い清めました。

 

青森田中学園 感謝祭

 

 

ものに溢れている時代だからこそ、一つ一つ大事にする心を育む事が何よりも大切なことです。

青森田中学園の先生、生徒を始め、関係者皆様の益々のご繁栄とご多幸を祈念申し上げます。

コメント