ここから本文です

第5回神道講座を受講しました。

平成30年2月22日に青森県神社庁主催による第5回神道講座を受講しました。

昨日の第4回終了後、場所を移して引き続き第5回の神道講座となりました。

第5回 神道講座

今回は日本料理の作法、しきたりということで、青森市内の日本料理人で構成される青森清庖会会長の浪打通さんに講義頂きました。

青森清庖会は毎年、廣田神社にて庖丁を慰める慰霊祭を執り行っており、そのご縁もあり会長が勤める日本料理百代にて行いました。

第5回 神道講座

神職は神事での礼作法はしっかりと学んでいますが、食事の作法というと意外と知らないことだらけで、また、日本文化ということで普段料理の作法も聞かれることが多いです。

そこで、実際に懐石料理を頂きながら箸の作法やお椀の持ち方なども細かく教えてもらいました。

第5回 神道講座

普段ついついやってしまう不作法なども沢山あり、疑問や質問もどんどん出てきました。

日本料理に込められた神道性と、それを調理する職人の心遣いや鍛錬のお話も非常に勉強になりました。

第5回 神道講座

これまでとは違った研修となりましたが、参加した神職に大変好評いただきました。

コメント