ここから本文です

青森県神職保護司会の総会が開催されました。

平成30年3月12日に青森県神職保護司会の総会が開催されました。

青森県神職保護司会は青森県内の保護司を務めている神職が情報交換、交流を目的に設立されている会です。

保護司は法務大臣から委嘱を受けた非常勤の一般職国家公務員にあたり、保護司法の第1条に明記されている「保護司は、社会奉仕の精神をもつて、犯罪をした者の改善及び更生を助けるとともに、犯罪の予防のため世論の啓発に努め、もつて地域社会の浄化をはかり、個人及び公共の福祉に寄与することを、その使命とする」。を使命とする組織です。

青森県神職保護司会 総会

その理念に共感し、社会に寄与するために神職を務めながら保護司活動をしている方も全国にいます。

当神社宮司も昨年より保護司を務めているため参加しました。

青森県神職保護司会 総会

事業報告、監査報告、決算、事業計画案、予算案のいずれも滞りなく承認されました。

来年は結成10年となるため、記念事業を展開することになりました。

保護司は一般の方でもなることができ、不足している地域も沢山あります。

ぜひ、活動に参加してみたい方は知り合いの保護司か青森法務総合庁舎内の青森保護観察所にご相談ください。

コメント