ここから本文です

蟹田十三社総代会の総会が行われました。

平成30年6月3日に蟹田十三社総代会の総会が行われました。

蟹田十三社定例総会

蟹田十三社会とは宮司が兼務している外ヶ浜町に鎮座する13ある神社の役員総代で組織されている会です。

蟹田十三社定例総会

神社間の交流をすることで情報交換や懇親を深めることを目的として結成され、毎年役員会を経て総会が開催されています。

例年であれば5月のゴールデンウィークあたりに行われていますが、会長の体調不良で今年は少し遅めの開催となりました。

蟹田十三社定例総会

大平八幡宮の責任役員である笹木会長からの挨拶に引き続き、外ヶ浜町長として山崎結子町長から来賓挨拶を頂きました

その後、宮司からお礼の挨拶をして早速議案審議にはいりました。

蟹田十三社定例総会

平成29年度事業報告並び収支決算、平成30年度事業計画案並び収支予算案が審議され、いずれも満場一致で承認されました。

議事終了後、昨年に引き続き宮司による勉強会を開催しましたが、今年は先日執り行ったパラオ共和国の慰霊祭のお話しをしました。

青森県と遠い遠いパラオ共和国がつながっており、そして今どのようなことになっているのか、皆さん真剣に聞いて下さいました。

蟹田十三社定例総会

終了後は懇親会となり各神社同士、意見交換などをしながら楽しく過ごしました。

 

一年間無事お祭りが斎行できた喜びと各神社の交流で盛大に行われ楽しく懇親を深めることが出来ました。

今年一年も各氏神神社のご奉仕よろしくお願いします。

コメント