ここから本文です

進藤庄兵衛正次翁頌徳祭が執り行われました。

平成30年7月18日に進藤庄兵衛正次翁頌徳祭(しんどうしょうべい まさつぐおきな しょうとくさい)が執り行われました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

進藤庄兵衛正次翁とは弘前藩家老を勤めながら青森城代を仰せつかった人物で、青森のまちづくりに尽力せられた一大恩人です。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

その庄兵衛は、三代藩主信義の酒乱によるお家取り潰しを、命を賭して阻止した功績から中興の祖ともいわれる四代藩主の信政に「国にも替えがたき臣也」と重宝され、藩における重要な政務を任されました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

結果、その勤勉な仕事ぶりから家老まで召し抱えられ、鬼の庄兵衛と称されながらも、分け隔てなく上を敬い下を育撫するその誠実で堅実な姿に、町の人々をはじめ藩主からも篤い信頼が寄せられていました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

町民の心のよりどころとして私財を以て建立した青森観音堂には、後に人々の報恩によって進藤庄兵衛正次夫婦の木坐像が安置され、廣田神社に青森の守り神として崇めらてからは、その功績を称えて御神恩を賜る頌徳祭というお祭りが行われています。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

そうして現在では、毎年7月18日に頌徳祭、6年前から前夜祭として御神輿とねぶたの渡御が盛大に行われています。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

昨日の雨も晴れ、参道も乾いていたため参進から神事を執り行うことができました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

進藤庄兵衛正次は外ヶ浜一円を治めていたこともあり、この頌徳祭には青森市の人だけではなく、蓬田村や外ヶ浜町からも参集して祈りが捧げられています。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

今年は残念ながら参列叶いませんでしたが、この頌徳祭には御子孫である進藤家の方々にもご参列頂いて共に神恩感謝の祈りを捧げています。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

廣田神社では進藤庄兵衛正次翁頌徳祭を大祭扱いとして斎行しているため、今年の夏まつりは全て終了し、残すところ秋まつりである11月23日の新嘗祭となります。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

6月の例大祭からお祭が続いていましたが、これで一旦大きなお祭りは終了します。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

頌徳祭では毎年神事終了後に、奉納講演ということで青森で活躍されたり縁ある方にお話しをして頂いています。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

今年はここ数年、宵宮にも来ていただいている青森大学忍者部顧問、青森大学薬学部教授の清川繁人さんにご講演頂きました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

演題は「青森町と忍者~早道之者~」ということでお話しいただきました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

弘前藩には江戸後期から明治まで約200年間活動していた全国でも有数の忍者組織がありましたが、進藤庄兵衛もこの時期に家老として政務を執っていました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

また、参列されている蓬田村にも忍者との関係が深い歴史があるということで、皆さんとても真剣に聞いていました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

忍者というとフィクションのような話に聞こえますが、実際は様々な実働を行うことで藩を支えていた需要な人材だったということで、45分の講演でしたがあっという間に時間が過ぎてしまいました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

奉納講演終了後は直会となり、講師にもご参加頂きました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

残念ながら前夜祭の神幸祭は中止となってしまいましたが、いずれのお祭りも滞りなく斎行できた喜びで、皆さん楽しそうにお神酒を酌み交わしていました。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青森の益々の繁栄と氏子崇敬者、町に住まえる人々の更なるご健勝ご多幸を祈念申し上げます。

コメント