ここから本文です

第56回全国稲荷会に出席しました。

平成30年8月28日~29日に掛けて第56回全国稲荷会に出席しました。

第56回全国稲荷会

全国稲荷会とは稲荷大神の御神徳を統一的に宣揚し、敬神尊祖の美風を涵養するとともに、会員相互の親睦を図ることを目的とした会で、全国の稲荷神社で奉仕される神職の会です。

第56回全国稲荷会

当宮司も青森県神社庁長より推薦頂き、金生稲荷神社の宮司として今年度から入会して、共に活動していうことになりました。

今年の総会は稲荷総本宮である京都の伏見稲荷大社にて行われ、全国の稲荷神社より約70名ほどの神職が参集しました。

第56回全国稲荷会

先ずは稲荷大神様にご挨拶するべく、伏見稲荷大社さんにて正式参拝をさせて頂きました。

その後、社務所である豊穣殿にて総会が開催されました。

第56回全国稲荷会

昨年度の報告がなされ、いずれの事業、決算、予算等も厳正な審議のもと満場一致で承認、可決されました。

続いて、記念講演が開催され、「伏見稲荷大社と赤穂浪士」と題して、國學院大學教授の根岸茂夫先生よりお話しをいただきました。

第56回全国稲荷会

この2つを繋ぐ接点が国学者で有名な荷田春満にあるというお話しを、大変興味深く教授いただきました。

終了後は場所を移して懇親会が開催され、有意義な情報交換ができ、また京都の清興の一つでもある舞妓の芸を拝見させて頂きました。

第56回全国稲荷会

2日目は賀茂別雷神社(上賀茂神社)にて正式参拝をさせて頂きました。

第56回全国稲荷会

広大は境内地を神職より案内頂き、国宝である本殿、権殿前にて特別にお参りをさせて頂きました。

第56回全国稲荷会

また、正式参拝終了後は社務所にて賀茂別雷神社の宮司さんより直々に、由緒や京都三大祭りの葵祭などのお話しをして頂きました。

第56回全国稲荷会

その後は世界遺産にも指定され、皇室の離宮としても使用された二条城を見学に行きました。

第56回全国稲荷会

写真で見るより遥かに壮大なつくりで、多くの観光客で溢れていました。

第56回全国稲荷会

また、徳川慶喜が大政奉還をした場所や小堀遠州作の庭園なども観ることができました。

あっという間に時間も過ぎ、最後は京都駅のホテルにて昼食をいただき解散となりました。

第56回全国稲荷会

京都の悠久な文化に存分に触れると共に、全国の神職方からの貴重な意見交換や交流がとても勉強になりました。

これを機会により稲荷大神様の御神徳を宣揚していきたいと思います。

コメント