ここから本文です

第3回神職教養研修会に参加しました。

平成31年2月25日に第3回神職教養研修会に参加しました。

青森県神職教養研修会は神職としての教養を高めるために一年に一度開催され、3年を一つの区分にしてテーマを決めて研修が行われています。

第3回神職教養研修会

今年は御代替りの年となるため、御代替りを中心とした研修会が行われてきました。

いよいよ諸々の祭事、行事がはじまるということで、先ずは「御代替りを控えた留意点」と題し、青森警察署の藤島淳也警備課長より前回の御代替りで起きた事件などを例にして、どのような事が想定されれるのか、また、どのように神社を守っていかなければならないのかをご教授頂きました。

第3回神職教養研修会

続いて「御代替りと神社・神職の対応について」と題し、林亨教化委員長より、昭和から平成の御代替りの際に、神社界や各神社がどのような活動をしたのかを詳しく資料と共に説明してくださいました。

次に、「御代替り最新事情について」と題し、鈴木賀暢神政連幹事長より、昨今ニュースで取り上げられている問題、また政府発表されたものなどについてお話しされました。

第3回神職教養研修会

いずれにしても、神道人が先導を走り国民と共に奉祝するべく勉強をして、広く氏子崇敬者の皆さんに伝えていきたいと思います。

コメント