ここから本文です

舞姫会の稽古が行われました。

令和元年7月12日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

来週にはいよいよ進藤庄兵衛正次翁頌徳祭神幸祭ということで、気合も入ってきました。

舞姫会 稽古

神職や巫女だけではなく、舞姫達にも神社に来るとき帰る時にはしっかり神様にご挨拶するように指導しています。

舞姫会 稽古

先ずは玉串拝礼をして今日一日、怪我なく事故無く稽古を終えられるようお祈りします。

舞姫会 稽古

本番直前ということで、早速外にでて稽古しました。

舞姫会 稽古

例大祭宵宮では初めて挑戦した2人舞での奉奏に苦戦しながらも本番では見事に美しい舞を舞ってくれました。

舞姫会 稽古

その調子を落とさず、気を緩ませず、しっかりと次の神事に向けて稽古を指導します。

舞姫会 稽古

まだ宵宮が終わってから一ヶ月しか経ってないため、忘れているということはありませんでした。

舞姫会 稽古

ただ、宵宮から神社の都合で暫く稽古が出来なかったため、最初は若干思い出しながらの動きとなっていました。

舞姫会 稽古

それでも舞っていくうちにすぐ感覚を取り戻してくるため、細かいところも修正していきます。

舞姫会 稽古

特に間奏部分はこれまで一番苦労したところでもあり、一番間違いが目立つ部分でもありますので注意深く見ました。

舞姫会 稽古

まだまだ修正すべき点は沢山ありますが、それでもとても良く出来ていました。

舞姫会 稽古

上達すればするほど、指導する内容は多くなっていきます。

舞姫会 稽古

ほんの僅かなズレやタイミング、立ち位置など、追求すれば追及するほどキリが無くなるのが舞の道です。

舞姫会 稽古

先生に指導されたことをしっかりと自分の頭で考えながら動きに伝達していきます。

舞姫会 稽古

神様に感謝の気持ちを込められるよう、心も乗せて舞をします。

舞姫会 稽古

あっという間に暗くもなり、本番前最後の舞となりました。

舞姫会 稽古

最後にもう一度、修正点を指導して終了となりました。

舞姫会 稽古

すっかり夏の暑さにもなってきたので、しっかりと休憩をとって水分を補給しました。

舞姫会 稽古

夏バテとは程遠いのか、相変わらず皆元気で楽しくお話ししていました。

舞姫会 稽古

良いぐらいに仕上がりになりました。

舞姫会 稽古

当日は長島周辺を一時間半程かけて御神輿とねぶたが渡御します。

舞姫会 稽古

ぜひ、夏の訪れを祭りを通して感じて頂ければと思います。

コメント