ここから本文です

塩越稲荷神社の例祭並び海上運航が執り行われました。

令和元年9月1日に外ヶ浜町塩越地区に鎮座する塩越稲荷神社の例祭が行われました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

塩越稲荷神社の例祭では先ず塩越地区内の海に出航して海上安全、大漁祈願を祈る海上運航という神事が執り行われます。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

多くが漁師をしてる地区で、時代によってはニシン漁などで栄えていましたが、現在はほぼホタテの養殖漁となっています。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

海上運航では神事が斎行される船主を持ち回りで決定し、その船上で祭壇を組んで祈願した後、海へ繰り出して地区海域の四隅を祓い清めて散供をします。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

この船主は主に新調したり、修理して新しい装いになった船が選ばれるのがつうれいとなっており、今年は「和浩丸」が選ばれ、立派な船上に祭壇を整えへて斎行しました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

船にポールを立てて同じ漁師達から奉納してもらった大漁旗を掲げながら執り行われました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

今年は外ヶ浜町長もはじめて参列され、一緒に同行して海上安全、大漁満足を祈願しました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

昨日までヤマセ(東風)が吹いていたそうなのですが、その天気も一転、青空広がり非常に穏やかな海上の中、執り行うことが出来ました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

ここ数年、これだけ凪いた中での神事は珍しかったので、非常に皆さん喜んでいました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

また、今年は豊漁だったそうで、ここ数年では最も多い船が共に海上運航して祈願しました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

大漁旗をはばたかせながら9隻もの船が海上駆ける姿は勇壮でした。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

今年も収穫の感謝と共に滞りなく祈願することが出来ました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

続いて船岡久須志神社の末社である龍神宮にて神事を執り行いました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

この末社の龍神宮は漁に出ていく男衆の無事帰りを待つ女性の心配する気持ちから創建された神社で、現在でも女性の方々が取り仕切ってお祭りが行われています。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

龍神宮でも滞りなく神事を終え、続いて本社の船岡久須志神社の秋祭となりました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

神社からは天気も良く、下北半島、青森市が一望できました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

それぞれの船の大漁旗を神前にお供えして祈願しました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

海上運航に引き続き、外ヶ浜町長にも参列して頂き、今年一年の感謝と来年も良き年となるよう班ごとに玉串を奉り拝礼しました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

晴れている割には暑くなり過ぎない気候でもあったので、とても過ごしやすいお祭り日和となりました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

終了後は公民館へ移動して直会となりました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

今年は豊漁の上に漁の日程も順調に進んだため、婦人会の皆さんの催しが4、5年ぶりに行われました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

各々変装しながら練習したダンスをで終始盛り上げ、笑いが絶えない中、大変楽しく過ごすことが出来ました。

塩越稲荷神社 例祭並び海上運航

 

来年も佳き年となるよう氏子総代皆様の益々のご健勝、ご多幸を祈念申し上げます。

コメント