ここから本文です

ねぶた御面【津軽神楽】をご奉納頂きました。

令和元年3月18日に青森市役所ねぶた実行委員会様よりねぶた御面【津軽神楽】を奉納頂きました。

ねぶた御面 奉納

今年の青森ねぶた祭にて青森市役所ねぶた実行委員会様が、当神社を題材にした「奉祝 廣田神社 津軽神楽」作:京野和鴻を出陣してくださいました。

ねぶた御面 奉納

その出陣の記念を受けて実際のねぶたで使用された御面部分を奉納頂くことになり、ねぶた師さん方に取り付けて頂きました。

ねぶた御面 奉納

今回奉納頂いた面は「磯浪(いそら)緑色」と「千歳(せんざい)白色」です。

ねぶた御面 奉納

「磯浪」は火遠理命(山幸彦)が釣り針を海中に失った時、矛で藻を掻き分けて探し出し、海神宮へ案内した綿津見神の舞で面を着けた一人舞です。

「千歳」は別名「翁の舞」とも言われ、初期の天皇五代に仕えた武内宿禰が君(天皇)の千歳を寿ぎ祝い奉った古事に由来する舞で、天下泰平の祝意を祈念しています。

ねぶた御面 奉納

この二つが見合う形で廣田大神様をこれからお守りしていきます。

ねぶた御面 奉納

短い時間の中でとても丁寧に取り付けてくださいました。

この度の奉納、誠にありがとうございました。

青森ねぶた祭公式サイト・・・https://www.nebuta.jp/archive/nebuta/2019shiyakusho.html

コメント