ここから本文です

舞姫会の稽古が行われました。

令和元年10月18日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

今週も立礼で始めの会を行いました。

舞姫会 稽古

先ずは唱歌の稽古をします。

舞姫会 稽古

この唱歌を歌うことで、舞う前にしっかりと拍を合わせていきます。

舞姫会 稽古

大嘗祭奉祝祭まで一ヶ月も切ったため、より細かく指導していきます。

舞姫会 稽古

先ずは全員で二人舞を舞います。

舞姫会 稽古

その後、一期生や二期生の慣れている舞姫の舞を手本にして皆で見ました。

舞姫会 稽古

その後、その間に見学していた舞姫が混ざって舞います。

舞姫会 稽古

そのことで、舞いながら相手が見える位置に上手な舞姫が見えるようになります。

舞姫会 稽古

上手な舞姫に自分の動きも合わせていき、どんどん上手になってきます。

舞姫会 稽古

また、手の動きや回転する動きなど、まだまだ荒が残るところを重点的に指導していきます。

舞姫会 稽古

何度も確認しながらしっかりと体に染みつかせていきます。

舞姫会 稽古

また、一つ一つの動きも上級生の舞姫に舞ってもらい、見て確認もしました。

舞姫会 稽古

一つうまくいくと、また一つ課題が増えていくので、それを丁寧に修正しながら徐々に全体を通して上達させていきます。

舞姫会 稽古

最後にもう一度皆で今日注意されたところをしっかりと意識しながら舞いました。

舞姫会 稽古

始めの音から終わりの音まで、しっかりと拍を合わせながら集中力を切らさないように舞っていきます。

舞姫会 稽古

週毎にとても美しくなってきています。

舞姫会 稽古

あっという間に今日も休憩時間になり急いで準備します。

舞姫会 稽古

一生懸命待った後のお茶は一入でとても楽しくお話ししていました。

舞姫会 稽古

休憩もほどほどにしてすぐ片付けました。

舞姫会 稽古

そして終わりの会で一人一人今日の稽古の感想を発表して終了しました。

舞姫会 稽古

当神社では11月17日に大嘗祭奉祝祭を斎行いたします。

コメント