ここから本文です

令和元年11月の九星術運勢です。

令和元年11月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

令和元年11月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2、昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

進展はスムーズだが、些細なことで吉凶が分かれそう。利益よりも信頼関係を大事にし、真心のこもった言動が吉。家庭の和が良い縁を引き寄せる。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

障害に塞がれ足止めを食らう月で、余分な事への手出しは無用。将来を見据え、時間がかかっても計画的に推進しよう。体調の変化に気をつけて。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

漸次発展の相だが、自信過剰はつまづきの因に。慎重さを伴いつつも、勇猛果敢に動くことが吉を呼び寄せる。手順を踏み予定の順守が肝要に。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

絶好のタイミングを上手く掴める好調運。持ち前の力量が発揮でき、真心が通じ人間関係の広がりを予感できる。財運・愛情運も運気の味方あり。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

波乱気味の警戒月で、諸事一筋縄ではいきそうにない。目上や仲間と対立したり誤解を受けたり、家庭に荒波が立つ様相も。寛大な心が安泰に導く。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

次第に明るさが増し、これまでのつきの無さを吹き飛ばせそう。趣味が活かされ実益につながったり、遊びの中から有益なヒントを掴む象もあり。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

運気のリズムと心の波長が合わず、葛藤が生じがち。形勢判断を誤りやすく、注意散漫では失策する。背伸びせず、静観して考えをまとめること。

八白土星 令和元年平成31、22、13、4昭和5、8、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

やる気はあっても状況が整わず、周囲との競争激化の兆しあり。仕事や対人交流でも不安定要素を抱え進退に迷ううことも。危機管理能力が試される。

九紫火星 平成30、21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

素直さと勤勉さが福をよぶ良運月。手順よく機転をきかせ、思慮分別があれば思わぬ助け船もあり喜びに弾む。金銭面はゆとりある内に手を打とう。。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

コメント