ここから本文です

青森県神社庁にて理事監事支部長事務担当者合同会議が行われました。

令和元年12月10日に青森県神社庁にて理事監事支部長事務担当者合同会議が行われました。

青森県神社庁は神社本庁の地方機関としての役割を担い、県内各神社に関する事務をとるほか、支部を置いて地域の神社振興をはかるための業務を行っている組織です。

本年も残り僅かとなり青森県内各神社への通達事項や年末年始諸々の確認事項などを共有するために理事、監事、支部長、支部事務担当者合同の会議が開催されました。

理事監事支部長事務担当者合同会議

それぞれ申し合わせを確認して予定の時間よりも早く終了することが出来ました。

終了後は情報確認や慰労を合わせ懇親会となり有意義な時間を過ごし終了しました。

来年も県内神社相互に協力しながら斯界発展に尽くしていきたいと思います。

コメント