ここから本文です

山神祭が執り行われました。

令和元年12月11日に齋藤木材株式会社さんにて毎年恒例の山神祭(さんじんさい)が執り行われました。

山神祭とは木魂大神と称えられる大山祇大神(おおやまづみのおおかみ)や五十猛大神(いそたけしのおおかみ)をお祀りし、木々から戴く恵みに対して感謝を捧げるお祭りです。

山神祭 齋藤木材

毎年、山神祭の時には猛吹雪になることが多いのですが、今年はしとしとと雨模様となっていました。。

齋藤木材さんは創業100年以上を誇る青森市では由緒ある会社で、現在の場所に事務所を移転する前は廣田神社周辺に構えていたことから、当時より篤く信仰され毎年欠かさずに山神祭を執り行っています。

山神祭 齋藤木材

神事では山の神の掛け軸を据えて新しく奉製した事務所や各工場の御幣も一緒に祓い清めました。

また、各部署の責任者が代表して玉串拝礼を奉り今年一年の感謝と来年佳き年となるよう祈りが捧げられました。

山神祭 齋藤木材

12日が山の神の日となるため、11日に祈願祭をして12日は仕事を休むというのが通例となっています。

昔は材木店に関連した方々をお招きして数日に渡って山の神の日まで宴をしていたそうです。

山神祭 齋藤木材

昨今は木材の加工技術を活かして、様々な形での活用も提案しているそうです。

近年、世界的にも木造建築が見直さ5割以上使用したビルの建設なども始まっています。

山神祭 齋藤木材

一年に一度、山神祭を執り行うことで自然に畏敬の念を持ち、その恵みによって従事させていただいていることを再認識する大切な神事です。

工事安全と益々のご繁栄をお祈り申し上げます。

コメント