ここから本文です

薬局の地鎮祭が執り行われました。

令和2年2月29日に薬局の地鎮祭(じちんさい)が執り行われましたのでご紹介します。

あけぼの薬局妙見店 地鎮祭

今回新たに建築されるのは、(仮称)あけぼの薬局妙見店様です。

あけぼの薬局妙見店 地鎮祭

こちらの薬局は主に精神科の診療に応じた薬を提供が多いそうで、日頃の生活のストレスで不安や不眠の訴える方や意欲がでないなど、患者様の声に耳を傾けて適切な服薬指導に心がけているそうです。

あけぼの薬局妙見店 地鎮祭

また、施設では木製サッシの採用、太陽光発電の導入等、極めて高い断熱性能と再生可能エネルギーを使用する地球環境に配慮したプロジェクトのもと建築されるそうです。

あけぼの薬局妙見店 地鎮祭

天気も良く春の兆しを感じながらの斎行となりました。

あけぼの薬局妙見店 地鎮祭

施主をはじめとした関係者一同、地域の医療の一翼を担うべく、心を込めて玉串を捧げていました。

あけぼの薬局妙見店 地鎮祭

地鎮祭とは建築する前に土地の神様へ場所をお借りする報告と工事の無事安全を祈願する大切なお祭りです。

その後、棟上(むねあげ)時に行う上棟祭(じょうとうさい)、完成してから神棚をお祀りする新宅祭(しんたくさい)を執り行うことで多くの神様にお守り頂きながら家が完成します。

薬局関係者の益々のご多幸と工事従事者皆様の工事安全を廣田大御神様に祈念申し上げます。

あおもり健康企画・・・http://akebono899.or.jp/index.html

地鎮祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai-other/

※今回の社務日誌で紹介した写真は施工会社の丸喜(株)齋藤組様からご提供頂きました。ありがとうございます。

コメント