ここから本文です

葬祭ホール新館新築工事の地鎮祭を執り行いました。

本日、葬祭ホールの新館新築工事地鎮祭を執り行いました。

今回の新館は氏子区域にある山道造花店さんが新たにホールを新築するということで申し込みがありました。

地鎮祭

山道造花店さんは古くより当神社を篤く崇敬されており、日頃より神社とお付き合いがありました。

従業員の方も地鎮祭の祭壇作りなど積極に手伝って頂くなど会社全体で篤く崇敬されております。

切麻散供

朝に大降りの雨が降っておりましたが、自然と地鎮祭が始まる頃には止み、祭典が終わり片付け始めた頃に、また降り出したため、参列の方々も非常に驚きながらも、そのような神様の計らいにとても喜んでおられました。

祭典終了後、すぐに社長さんが、次の上棟祭もお願いしますとの声を掛けて頂きました。

忌鍬の儀

このように、人の最後をお世話する方々が、最近多く見られるただ利益を上げるだけの仕事になっているのとは違い、こういった地鎮祭など普段一般の方が見えない所においても疎かにせず、しっかりと神仏に対して崇敬を持って仕事をされている姿を見ますと非常に真摯な気持ちで普段の仕事をされているのだと容易に想像できました。

会社の益々の発展と工事安全のことを祈念申し上げます。

コメント