ここから本文です

津軽龍神霊場の打ち合わせを行いました。

令和2年4月16日に津軽龍神霊場の打ち合わせを行いました。

今回、津軽地方に鎮まる龍神・龍王の社寺を巡礼する組織が計画されました。

津軽龍神霊場

ご提案いただいたのは日頃からお付き合いがある、昭和大仏で有名な青龍寺の織田隆全さんからお話しをいただきました。

津軽龍神霊場

その内容を打ち合わせするため青森市新城に建立する照法寺の今副住職も一緒にお越しくださり、霊場の想い、また、これからの計画等を伺い、一緒に協力させていだくことに決定しました。

津軽龍神霊場

今後の予定としては社寺を確定し、津軽龍神霊場専用の御朱印を頒布していく予定となっております。

詳しく決まり次第、順次お知らせしていきますので楽しみにお待ちください。

津軽龍神霊場

津軽龍神霊場 ~龍穴を巡る旅~

津軽龍神霊場とは

日本では古来より、奇岩や巨木、大嶽、瀑布、水源などに秘められた神聖なるものを見出し、神々が宿る場として崇め奉り、自然災害や飢饉、疫病、難病など人間力ではどうにもならない困難に直面した際の救済力を頼み、五穀豊穣や福徳などの所願成就の利益を期待し、畏敬の念を持って信仰を伝えてきました。

このような神々が宿る場を龍穴(りゅうけつ)といい、津軽の地にも神道、仏教の神々が宿るとされる場が点在しています。

龍穴へと向かう道筋は龍脈と呼ばれ、神々の御加護を授かる幸多き道。津軽龍神霊場は津軽各地で信仰されている龍穴(龍神・龍王)を祀る神社仏閣を繋ぐ霊場です。

津軽の龍脈を辿り、心身の穢れを祓い、幸多き日々をお過ごしください。

コメント