ここから本文です

東青津軽神楽保存会の総会が行われました。

令和2年5月12日に東青津軽神楽保存会の総会が行われました。

津軽神楽は弘前藩四代藩主の津軽信政公が祀られている高照霊社(高照神社)に奉納されたのがはじまりで、現在まで300年近く神職のみによって受け継がれている格式高い神楽です。

東青地区では主に各神社の例祭に奉納され、また、特別な事由の際にも行われています。

東青津軽神楽保存会 総会

今年もこれから順次各地の例祭が執り行われるにあたり、総会を開催し、昨年の事業並び会務報告と今年度の事業について協議されました。

東青津軽神楽保存会 総会

今年度は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため神楽奉納を取りやめになる神社も多く、非常に残念な形となりました。

それでも各神社神事は斎行し、世の平安、国民の安寧はお祈りいたします。

まだ、確定していない神社もありますので、決まり次第紹介していきます。

コメント