ここから本文です

人形供養感謝祭を執り行いました。

令和2年5月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

新型コロナウィルスの影響で自宅で過ごす時間が長いからか、今月は特に納めに来られる件数が多くありました。

人形供養感謝祭

こういった時だからこそ、普段掃除が行き届かない場所や物を改めて掃除してみたり、思い返してみたりするのも大事な時間かもしれません。

人形供養感謝祭

 

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

 

コメント