ここから本文です

震災ボランティアの報告座談会がありました。

青森県神社庁にて若手神職の集まりである青森県神道青年会の会員等で、これまでの震災ボランティア活動の報告会とそれに伴い座談会が行われました。

被災地へのボランティア活動は青森県の青年会主催のものをはじめ、全国の各地から幾度にも渡り行われました。

そこで、青森県からボランティアに行かせていただいた神職が今一度集まり、それぞれの活動時の報告と共に、見て行って感じた事を話し合いました。

そのような中で、青森県神道青年会会長が幾度もボランティア活動させていただく中で、福島県において合同で斎行された千度祓を奉仕した時の事を語っておられました。

それは、奉仕をして禊祓をする自分達が千度祓を斎行することで同じように心が祓われ、これから国民全体で行わなければならない復興への奉仕活動に対しての心構えに決心がついた。との事でした。

それは会員等も同様で、ボランティア活動を実際にさせていただくことで、改めて長期に渡り復興への活動を続けていかなければならない決心がついたと各々話しました。

こうして、今回の体験を通して、また、次へと繋がる活動を全力にて取り組んでゆきたいと思います。

コメント