ここから本文です

境内の提灯木枠設置並び装飾が行われました。

本日、早朝より正月期間用の提灯木枠設置並び装飾が行われました。

例年通り、逢坂建築設計施工事務所さんによって取り付けが行われました。

境内装飾

いつもであれば、この時期は雪が少ない日が多いため午前中で終了しますが、今年は昨夜からの猛吹雪で雪が積もり、境内各所の除雪から行われたため、夕方までかかってしまいました。

また、終始吹雪が止まず、業者の皆様には大変な天候の中で作業頂きました。

提灯設置

いずれにしましても、そのような天候の中でも怪我事故することなく終えることが出来ました。

今年、敬神会よりご奉納頂いた真新しい国旗が鳥居に掲げられました。

国旗

明日には氏子・総代さんによって提灯が掲げられます。

コメント