ここから本文です

社務日誌

石濱稲荷神社の例祭並び海上運航が執り行われました。

平成29年9月17日に外ヶ浜町塩石浜区に鎮座する石濱稲荷神社の例祭並び海上運航が行われました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

毎年、例祭日に海上運航といって地区代表の船上で海上安全、大漁祈願祭を執り行い、海上を回遊して祓い清める神事が行われていますが、今年は台風の接近からかヤマセ(東風)が強く、海が大荒れになってしまったので公民館に祭壇を設けて行いました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

それでも各船に大漁旗が勇ましく掲げられ、漁師の皆さんが集合して厳粛に斎行することができました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

神事終了後には宮司によって祓い清められた後、船主「航輝丸」の代表をはじめ神社関係者によって海へ散供をして頂きました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

残念ながら海上に出ることは叶いませんでしたが、皆さん今年一年の無事安全の感謝と来年の大漁を真摯に祈願しておりました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

海上運航祈願祭終了後は氏神様である石濱稲荷神社へ移動して例祭となりました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

あ先程の海上運航で参列した漁師さんはじめ、婦人会の方や氏子の方々も参列して厳粛裡に執り行われました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

世帯数が決して多くはありませんが、毎年、沢山の方に参列して頂きます。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

神事が終了した頃には、午前中よりヤマセが強くなり神社から見える海が高い白波をたてていました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

例祭終了後は公民館に移動して直会となりました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

直会では婦人会の方々が調理してくださった特製の肉汁と神事でお供えされた鯛の刺身を用意してくださいました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

若い世代の方々も集まり、終始笑いの絶えない直会でした。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

途中、婦人会の方々が余興をはじめ、更に盛り上がりました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

区長さんも混ざりながら、また、来賓出来ていた外ヶ浜副町長も一緒に踊ったり歌ったりしていました。

石濱稲荷神社 例祭並び海上運航

来年も佳き年となるよう氏子総代皆様の益々のご健勝、ご多幸を祈念申し上げます。

初宮参り(お宮参り)のご紹介。

平成29年9月16日に初宮参りに来られたご家族を紹介します。

珍しく暑いくらいの良い天気となりました。

太鼓の音にも驚くことなく、すやすやと気持ちよさそうに眠っていました。

初宮詣り(お宮参り)

初宮参りとは生後120日、女の子は生後110日に神社へお参りし、ご祈祷を受けて神様へ氏子の一員となる挨拶をすると共に、これからの健やかな成長を祈願する大切な人生儀礼です。

初宮詣り(お宮参り)

赤ちゃんが無事お生まれになりましたらご家族揃って廣田神社へお参りをして初宮参りのご祈願をしましょう。

お子様の健やかなる成長とご家族のご多幸ご健勝を廣田大御神に祈念申し上げます。

人生儀礼について・・・http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai-other/#jinsei

舞姫会の稽古が行われました。

平成29年9月15日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

明後日は旭町地区敬老会の演舞ということで、出演する舞姫みんなが集合しました。

舞姫会 稽古

稽古を始める前に装束を持ち帰りやすいように並べてもらいました。

舞姫会 稽古

自分たちが着装するものですので、しっかりと自分達で責任を持って準備してもらいます。

舞姫会 稽古

それに伴い、髪飾りに使用する半紙を持って帰ってもらうため、作り方を練習しました。

舞姫会 稽古

はじめて自分達で製作するということで戸惑っていましたが、楽しく作っていました。

舞姫会 稽古

こうして一つずつ出来る事を増やして、舞だけではなく、準備から片付けにいたるまでしっかりと覚えてい貰います。

舞姫会 稽古

できたところで、はじめの会となりました。

舞姫会 稽古

明後日、無事に舞えるようしっかりと祈念して拝礼しました。

舞姫会 稽古

早速本番同様に挨拶からはじめました。

舞姫会 稽古

前回の稽古で、自分が話す箇所だけではなく、誰かが急きょ欠席になっても補えるように全部覚えてきてもらいましたので、それも含めて練習しました。

舞姫会 稽古

本番同様に榊を持ちながらお話ししました。

舞姫会 稽古

ちょっと照れながらも、みんな難なくしっかりと挨拶できていました。

舞姫会 稽古

続いて舞になります。

舞姫会 稽古

明後日に迫ってきているからか、いつもの稽古よりも真剣な顔つきになっていました。

舞姫会 稽古

これまでの稽古で注意されてきたことを思い出しながら、顔の向き、手の角度、体の移動など気を付けていました。

舞姫会 稽古

全員で舞う機会が少なかったため、心配していましたが、普段から人数が毎回違う中で稽古をこなしているため、思った程ばらばらになることはありませんでした。

舞姫会 稽古

より良い舞にするため、皆の動きを合わせることをいつも以上に意識してもらいました。

舞姫会 稽古

当日は大勢の方が来られるということで、学校の体育館という広い場所で行うため、舞がお互いずれていると目立ってしまいます。

舞姫会 稽古

ですからいつも以上にお互いの呼吸やタイミング、立ち位置などに気を付けてもらいました。

舞姫会 稽古

あまり稽古の時間がないため、すぐにもう一度挨拶から本番同様に始めました。

舞姫会 稽古

二回目ともなるとハキハキと上手に挨拶していました。

舞姫会 稽古

そこからすぐ舞の態勢にはいりました。

舞姫会 稽古

みんなの動きに合わせる指示とともに、ゆったりと舞うようにも指導しました。

舞姫会 稽古

巫女舞は動作が少なくゆったりとしたものが多いため、慣れてくるとどうしても拍を取るのが早くなってしまいます。

舞姫会 稽古

そうすると一見舞えているように感じますが、巫女舞本来の美しさが損なわれてしまいます。

舞姫会 稽古

しかも、ゆっくりでいて簡単な所作なのですが、きつい態勢が多いため、どうしても楽をして早く動いていしまいます。

舞姫会 稽古

ですから、ゆったりと舞うというのはとても難しいのですが、より良い舞を披露するため意識してもらいました。

舞姫会 稽古

そのためには一つ一つの所作を”だいだい”ではなく、”正確に”行えることが大事になってきます。

舞姫会 稽古

そして拍をしっかりと取り、それに合わせて体を動かすことも重要になります。

舞姫会 稽古

また、ただゆっくりと動けばいいだけではなく、その中にも緩急や流れるような一連した動作、など、優雅でなければなりません。

舞姫会 稽古

そこで、今日来ていた最年長の中学生の舞姫にお手本として舞ってもらいました。

舞姫会 稽古

拍の取り方や流れるようなゆったりとした動きなどとても上手にできており、下の舞姫たちも凝視していました。

舞姫会 稽古

今日は稽古に時間を割くためにジュースのみの休憩でしたが、舞姫の一人がお出かけしたお土産のお菓子を持ってきてくれて皆で美味しく食べました。

舞姫会 稽古

いつもより早めに休憩を切り上げましたが、片付けはしっかりと自分たちで行います。

舞姫会 稽古

用意したジュースにたまたま付属のシールがあり、数が限られていたのでジャンケンゲームをしてプレゼントしました。

舞姫会 稽古

ちょっと変わったジャンケンを提案したら大盛り上がりとなりました。

舞姫会 稽古

集中したあとの遊びだったからか、とても楽しそうにやっていました。

 

舞姫会 稽古

勝った順からシールを選んでプレゼントしました。

舞姫会 稽古

あっという間に時間も経ってしまい、そのまま終わりの会になりました。

舞姫会 稽古

それぞれ今日の感想をしっかりと述べ、明後日の演武に向けて張り切っていました。

舞姫会 稽古

旭町地区の敬老会の皆さま、ぜひ、お越しくださいませ。

人形供養感謝祭を執り行いました。

平成29年9月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

今月も県内だけではなく、全国からも沢山納められました。

人形供養感謝祭

一体一体に納められた方の感謝の気持ちが伝わり、神事終了後には人形達も安らかな表情になっているように見えました。

人形供養感謝祭

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

大平八幡宮の秋祭が執り行われました。

平成29年9月15日に外ヶ浜町大平地区に鎮座する大平八幡宮の秋祭が執り行われました。

大平八幡宮 秋祭

日本列島に台風が上陸しているということでしたが、その前兆か青空広がる晴天となっていました。

大平八幡宮 秋祭

神事の時間まで多少時間があったため、地区で法人化している大平ファームの田んぼを見に行きました。

大平八幡宮 秋祭

植えた場所や植えた時期が、ほんの僅か違うだけで実り方が全く異なり、色々なことを教えてくださいました。

大平八幡宮 秋祭

50世帯ない程ですが、この小国方面では大きな集落で女性を中心として沢山の方が参列してくださいました。

大平八幡宮 秋祭

神事終了後は直会となり区長さんが作っているケーキ用のイチゴやご婦人方の手料理なども頂きながら楽しく過ごしました。

来年も佳き年となるよう氏子総代皆様の益々のご健勝、ご多幸を祈念申し上げます。

Page 1 of 445123456789101112...»»