ここから本文です

社務日誌

舞姫会の稽古が行われました。

平成30年7月6日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

みんな諸活動が忙しく3人ではじまりました。

舞姫会 稽古

今では新しく今年はいった最年少の舞姫も立派にはじめの会の進行をしています。

舞姫会 稽古

前回に引き続き先ずは歌から行います。

舞姫会 稽古

歌詞はもちろん、拍の取り方まで間違わないように気を付けます。

舞姫会 稽古

何度か繰り返すうちに他の舞姫も合流しました。

舞姫会 稽古

一緒に歌う人が増えると、拍を正確にとることがより大切になってきます。

舞姫会 稽古

人数が揃ったところで、二期生の舞姫にしっかり歌えているか、正確な拍がとれているか見てもらいました。

舞姫会 稽古

繰り返し歌ったところで、すぐに舞いに取り掛かります。

舞姫会 稽古

先程までの唱歌を頭の中で歌いながら、また、拍を感じながら待ってもらいました。

舞姫会 稽古

これまでは自分の感覚、また周りを見ての感覚で舞っていましたが、そうするとどうしても時間差が出てきてしまいます。

舞姫会 稽古

それを解消するためには、全員でしっかりと拍をとれることによって、周りを見ずとも同じタイミングで動作を続けていくことができます。

舞姫会 稽古

拍を意識して頭の中で歌うだけで、見違えるように上手になってきました。

舞姫会 稽古

10日後にはすぐ神事本番となるため、参進から稽古しました。

舞姫会 稽古

参進も進む前のお辞儀から合わせるに指導していきます。

舞姫会 稽古

最初の挙動で合わないと、どうしても動きがずれやすく、また形が崩れやすくなってしまいます。

舞姫会 稽古

そのため、はじめの動きというのはとても重要になってきます。

舞姫会 稽古

少しずつその意味が体の動きと共にわかってきたようです。

舞姫会 稽古

たっぷりと歌も舞もできました。

舞姫会 稽古

汗ばんできたところで楽しみの休憩にはいりました。

舞姫会 稽古

例大祭で奉納された方にお配りしている神社特製の昔ながらの落雁です。

舞姫会 稽古

今のお菓子とは全く違うのがかえって新鮮だったのか、美味しそうに食べていました。

舞姫会 稽古

恒例の食前、食後感謝も新しい舞姫達もすっかり覚えていました。

舞姫会 稽古

時間があまりないので、一斉にお片付けをします。

舞姫会 稽古

今期の舞姫募集は終わっていたのですが、チラシを見て興味がるという連絡があったので見学をしてもらいました。

舞姫会 稽古

他の習い事とは全く違う雰囲気に戸惑いながらも楽しそうに見てくれていました。

舞姫会 稽古

舞姫のみんなもそれを意識してなのか、いつも以上に張り切っていました。

舞姫会 稽古

最後の最後まで暑い中、気を抜かずに舞えました。

舞姫会 稽古

終わりの会の準備でもまだまだ元気であっという間にイスを運んでいました。

舞姫会 稽古

いよいよ再来週に奉納が迫っていますが、仕上がりは順調となっています。

舞姫会 稽古

新しく入った舞姫達も宵宮での舞で自信がついたようでした。

舞姫会 稽古

今年も心一つに併せて平安な世を祈ります。

舞姫会 稽古

進藤庄兵衛正次翁前夜祭の神幸祭にて舞いますので、ぜひ奮ってご参列ください。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭・・・http://hirotajinja.or.jp/page-24300/

夏越大祓式の茅の輪を撤去しました。

平成30年7月6日に夏越大祓式の茅の輪を撤去しました。

茅の輪撤去

夏越大祓式に参列できなかった方のために一週間程設置していた茅の輪も枯れてきたため撤去しました。

茅の輪撤去

雨が降りそうな曇天でしたが、最後まで降られることなく片付けることができました。

茅の輪撤去

奉製する時も早かったですが。片付けるのはもっと早くて一時間程度で全て終わってしまいました。

茅の輪撤去

瑞々しかった茅もすっかり枯れて乾燥し、皆さんの罪穢れを全て祓った役目が終わったかのようでした。

茅の輪撤去

次の進藤庄兵衛正次翁頌徳祭で廣田神社の夏のお祭りも終了します。

体調を万全に期しながら最後までしっかりと皆さんと一緒にご奉仕したいと思います。

東青支部一日神社庁が行われました。

平成30年7月6日に東青支部において一日神社庁が行われました。

青森県にも神社本庁の地方機関として神社に関する事務をとるほか、市や郡に支部を置いて地域の振興をはかるための業務を行う青森県神社庁があります。

東青支部一日神社庁

その青森県神社庁と日頃地域の神社で組織される支部とのより良い関係を築き、諸問題を共有、解決していくために一日神社庁として交流会が開催されています。

東青支部一日神社庁

今回は青森県神社庁からの事業計画の報告や支部からの意見、質問が活発に交わされました。

会議終了後は懇親会を開き、斯界発展のために様々なことを話しながら交流を深めました。

樹木等の奉納による造園工事が行われました。

平成30年7月3日~5日に掛けて樹木等の奉納による造園工事が行われました。

樹木等奉納

先月、家を解体にするにあたり神事を行った際、自宅の庭園の樹木や石などを奉納してくださることになりました。

樹木等奉納

元々神社の近くに住んでいたそうで、そこから現在の場所へ移り住んだ際に、庭園を京都の造園屋さんに手掛けてもらったそうで大変立派なお庭でした。

樹木等奉納

ただ、老朽化に伴い全て解体するにあたって立派な庭がなくなってしまうのは勿体ないということで、廣田神社で必要であればぜひ奉納させてくださいとお話しを頂きました。

樹木等奉納

当神社でも年々境内地への植樹をはじめ整備を行ってまいりましたので、お受けすることにしました。

樹木等奉納

今回は風雪に寂びた良い雰囲気の大きな石を大量に頂いたため、今まで老朽化で荒れてしまっていた国道沿いの記念碑周辺と由緒碑周辺を整備することにしました。

樹木等奉納

記念碑の周りを囲んでいた寂びて朽ちてい洋風の柵を撤去して石を並べました。

樹木等奉納

また伸びきっていた木々を撤去して、奉納頂いた綺麗に刈られた木に植え替えました。

樹木等奉納

また、記念碑の説明版もより見えやすい場所に立て替えました。

由緒碑の周りにも地面がむき出しになっていましたが、そこを囲むようにして石を置き、更にこちらのも綺麗に剪定された木々を配置しました。

樹木等奉納

樹木等奉納

樹木等奉納

樹木等奉納

樹木等奉納

記念碑

樹木等奉納

樹木等奉納

樹木等奉納

樹木等奉納

どちらの場所も国道から神社へ入る通り道ということでこれまで以上に御神威増す良い雰囲気になりました。

樹木等奉納

また、廣田苑の庭園にも新しく植樹をして、より立派な庭園となりました。

ご奉納、誠にありがとうございました。

事務所移転に伴う神棚奉鎮祭を執り行いました。

平成30年7月2日にSANKYOの事務所移転に伴う神棚奉鎮祭を執り行いました。

事務所移転に伴う神棚奉鎮祭

SANKYOさんは新年の特別団体祈祷も毎年受けに来られている崇敬の篤い会社です。

事務所移転に伴う神棚奉鎮祭

広々としたとても綺麗なオフィスで、社員の皆さんも快適に過ごしながら仕事が出来ると喜んでいました。

事務所移転に伴う神棚奉鎮祭

社員全員が見渡せる場所へ神棚を奉鎮して玉串に祈りを込めて拝礼しました。

事務所移転に伴う神棚奉鎮祭

会社の隅々を祓い清めて、社員皆さんで会社のまわりの散供もして祓い清めて頂きました。

事務所移転に伴う神棚奉鎮祭

更なる会社の隆昌と社員皆さんのご健勝をお祈りいたします。

SANKYO・・・https://www.sankyo-fever.co.jp/

Page 1 of 500123456789101112...»»