ここから本文です

社務日誌

ねぶた入魂祭並び安全祈願祭を執り行いました。

令和元年5月16日に青森市役所ねぶた実行委員会さんのねぶた入魂祭並び安全祈願祭を執り行いました。

題材は、ねぶた師、京野和鴻:作「奉祝 廣田神社 津軽神楽」だそうです。

青森市役所ねぶた実行委員会 入魂祭並び運行安全祈願祭

今年のねぶた祭りにおいて青森市役所ねぶた実行委員会さんが当神社を題材にしたご縁から安全祈願祭を執り行うことになりました。

青森市役所ねぶた実行委員会 入魂祭並び運行安全祈願祭

ねぶたは様々な古事の場面を題材にすることが多いのですが、その勇壮な姿を表現するのに戦っている場面というのが多く使われています。

しかし、今回新たな御代を迎えるにあたって平和で希望の持てる題材、尚且つ地域性があるものということで、青森市役所の氏神様でもあり、青森の一大開拓の恩人、進藤庄兵衛正次翁を祀る当神社で奉奏される津軽神楽を選んでくださったそうです。

青森市役所ねぶた実行委員会 入魂祭並び運行安全祈願祭

今回、原画と共に実行委員会の方々が参列してねぶたの入魂と併せて運行安全を祈願しました。

実行委員会さんでも初めての神事ということで、大変喜んで頂けました。

青森市役所ねぶた実行委員会 入魂祭並び運行安全祈願祭

 

ねぶたは特定の宗教をともわないお祭りですが、その根本に眠る民俗性はその土地の宗教的観念が色濃く反映されることは世界のどこの地域においても間違いありません。

そのため、神事として行なわれる祭りではありませんが、ねぶたが製作されているラッセランドが建設された際には全団体の安全祈願祭が行われていますし、また、多くの団体でもそれぞれ入魂祭が行われるなど祭りに対する姿勢には日本人の精神性が深く残されています。

制作安全、運行安全を廣田大御神様に祈念申し上げます。

廣田神社限定 ハローキティねぶたお守り

当神社では全国で唯一ねぶたをモデルにしたハローキティのお守りを頒けています。

詳しくは→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/omamori/

廣田神社限定 ねぶた御朱印

御祭神でもある青森開拓の一大恩人、進藤庄兵衛正次の生誕400年を迎え、平成27年の青森ねぶた祭りでは史上初めて庄兵衛を題材にしたねぶたが登場しました。

それを記念してその題材をもとにしたねぶた御朱印を奉製しました。

詳しくは→http://hirotajinja.or.jp/page-23312/

鶴澤美枝子さんが参拝されました。

令和元年5月15日に世界で国歌を奉唱する鶴澤美枝子さんが参拝されました。

鶴澤さんは世界各国でその国家と日本の国家である君が代を唱歌し、和の精神を以て世界と日本を繋いでいる方で全国の神社でも君が代を奉唱しています。

先日、畑のキッチンさんで行われた講演会にて青森県へ来られ、様々なご縁があり翌日早朝にお参りくださいました。

鶴澤美枝子 参拝

大病を患い辛いリハビリを続けていくうちにオペラに出会い、独学で勉強して50歳の時にニューヨークへストリートライブに行った経験から世界各国で国歌を歌い繋いでいるそうです。

驚く程、力強く元気な方で一時間ほどの短い時間でしたが様々お話しすることが出来ました。

千年に渡り平和の歌として受け継がれてきた君が代を国歌としてこれからも堂々と歌える活動を広めて頂ければと思います。

ライスセンターの建屋建築並びに生産設備設置の地鎮祭を執り行いました。

令和元年5月14日にの外ヶ浜町ライスセンターの建屋建築並びに生産設備設置の地鎮祭を執り行いました。

外ヶ浜町ライスセンター設備建屋生産設備地鎮祭

今回建築されるライスセンターはこれまで担ってきた地区の精米所よりも多く処理することが可能で、米の乾燥・調製及び貯蔵機能を配し、籾殻処理や精米、袋詰め作業のスペースまで確保される施設になる予定だそうでうす。

 

外ヶ浜町ライスセンター設備建屋生産設備地鎮祭

地区の精米所が老朽化のため新たな場所が必要に迫られていたそうですが、ライスセンターが建築されるとこれまで以上に効率よく生産できるそうです。

外ヶ浜町ライスセンター設備建屋生産設備地鎮祭

外ヶ浜町はヤマセの冷たい風の影響も強く、決して恵まれた稲作環境ではありませんが、常に農家等が協力しあい年毎に生産も増えてきた場所です。

外ヶ浜町ライスセンター設備建屋生産設備地鎮祭

より素晴らしい米が生産されるよう町長はじめ農家関係団体の皆さんが参列されて無事完成をお祈りしていました。

工事の無事安全をお祈り申し上げます。

敬神会の総会が行われました。

令和元年5月13日に廣田神社の崇敬団体である敬神会の総会が行われました。

敬神会 総会

先刻に役員会を執り行い、引き続き総会を開催しました。

先ずは神宮遥拝、国歌斉唱(二唱)、敬神生活の綱領唱和、宮司挨拶、敬神会会長挨拶の後、名誉顧問でもある衆津島淳議院議員(代理)、山崎力前参議院議員、山谷清文県議会議員、舘山善一市議会議員の方々から挨拶を頂きました。

敬神会 総会

また、今年度から奈良岡隆青森市議会議員も敬神会に入会してくださるということで、御挨拶頂きました。

敬神会 総会

議案では先の役員会で承認された平成30年度事業報告、平成30年度収支決算報告、監査報告、平成30年度注連縄奉納収支決算報告、監査報告、令和元年度事業計画(案)、令和元年度収支予算(案)、役員改選が審議され、いずれも満場一致で承認頂きました。

敬神会 総会

また、新しく入会された奈良岡隆青森市議会議員に名誉顧問として就任頂くことも満場一致で可決されました。

今年は念願のじゃんばら注連縄も奉納可能かもしれないということで、皆さんも大変喜んでいました。

敬神会 総会

毎年奉納頂いている奉納品も今年は祭事の際に使用する紋幕に決定にし、今年の例祭ではより華やかになる予定です。

敬神会 総会

昨年度は多くの会員の方が帰幽され会員が減少してしまいましたが、これからも崇敬頂ける方を積極的にご入会を勧めていきたいと思います。

敬神会 総会

それでも、今年度も調度品を神社へ奉納していただき、また各種祭典の奉仕もして頂けることになりました。

総会も滞りなく全て終了し懇親会となり、各々交流を深めながら楽しく過ごしました。

敬神会会員募集

年会費

一般会員 1,200円(個人)

賛助会員 5,000円(個人)

特別会員 10,000円(個人・団体・法人)

名誉会員 30,000円(個人・団体・法人)

会員には例大祭に特別に参列できる他、様々な催しの案内をさせて頂きます。

入会希望の方は廣田神社社務所までお越し下さい。

敬神会の役員会が行われました。

令和元年5月13日に廣田神社の崇敬団体である敬神会の役員会が行われました。

過去最大10連休のゴールデンウィーク明けてすぐの会議となりました。

敬神会 監査理事会

議案では平成30年度事業報告、平成30年度収支決算報告、監査報告、平成30年度注連縄奉納収支決算報告、監査報告、令和元年度事業計画(案)、令和元年度収支予算(案)、役員改選が審議され、いずれも満場一致で承認頂きました。

2019-05-13 003k

今年は念願のじゃんばら注連縄が奉納可能かもしれないとのことで、御代替わりの良き年に併せて事業も展開できそうです。

いずれの案件も上程通りで総会に諮ることとなりました。

敬神会会員募集

年会費

一般会員 1,200円(個人)

賛助会員 5,000円(個人)

特別会員 10,000円(個人・団体・法人)

名誉会員 30,000円(個人・団体・法人)

会員には例大祭に特別に参列できる他、様々な催しの案内をさせて頂きます。

入会希望の方は廣田神社社務所までお越し下さい。

Page 1 of 563123456789101112...»»