ここから本文です

社務日誌

人形供養感謝祭を執り行いました。

平成30年12月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

今年最後の人形供養感謝祭ということで、沢山の人形が納められました。

人形供養感謝祭

一つ一つ丁寧に祓い清めてしっかりと慰めました。

人形供養感謝祭

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

宮司さんのお正月のお話と世界でひとつだけのしめ飾り講座を開催しました。

平成30年12月13日に宮司さんのお正月のお話と世界でひとつだけのしめ飾り講座を開催しました。

教養講座 しめ飾りつくり

教養講座とは神社を通して日本文化や郷土文化に触れて楽しんでもらおうと2年前から企画している講座です。

教養講座 しめ飾りつくり

今月は毎年大好評のお正月のお話しとしめ飾りの講座です。

教養講座 しめ飾りつくり

はじめに宮司からお正月の行事や過ごし方などお話しをしました。

教養講座 しめ飾りつくり

忙しい時代だからこそ、正月ぐらいはゆったりと行事を楽しみながら過ごしてみてはと提案してみました。

教養講座 しめ飾りつくり

続いて世界でひとつだけのしめ飾りつくりにはいりました。

教養講座 しめ飾りつくり

講師は、something blue(サムシングブルー)主宰のフラワーデザイナー、太田コウさんが講師となり制作しました。

教養講座 しめ飾りつくり

昨年は紅白の水引の束を使用しましたが、今年はまた趣きを変えてごぼうしめの注連縄を大胆に用いたしめ飾りとなりました。

教養講座 しめ飾りつくり

最初の綺麗なハチの字をつくる土台に苦戦していましが、形が出来上がっていくにつれて、皆さんとても楽しそうに作っていました。

教養講座 しめ飾りつくり

ついつい、皆さん真剣になって少しでも素敵なしめ飾りにしようと、とても丁寧に上手に作業していました。

教養講座 しめ飾りつくり

しめ飾りが出来上がったところで神前にお供えしてお祓いをして祓い清めました。

教養講座 しめ飾りつくり

また、正式参拝をして無事、楽しく完成した奉告を皆さんでしました。

教養講座 しめ飾りつくり

最後は宮司より少しお話しをして終了しました。

教養講座 しめ飾りつくり

今もはお手製のしめ飾りで歳神さまをお迎えして正月をお過ごし頂ければと思います。

ご参加いただきまして誠にありがとうございました。

にこにこ給食会で講話しました。

平成30年12月13日に青森市県庁南地区社会福祉協議会主催の、にこにこ給食会12月例会にて講話をしました。

にこにこ給食会 講話

毎月一回、地域の民生委員の方々などがお世話して一人暮らしの食事会をおこなっているそうで、その際に様々な方からお話しをしてもらっているそうです。

今回、こちらに携わっている総代さんから依頼を受けてパラオ共和国での慰霊祭のお話しをしました。

にこにこ給食会 講話

途中、涙を流してくださる方もいて、皆さんとても熱心に聴いて下さいました。

講話後には昼食もわざわざ用意して下さり、一緒にお昼ごはんを頂いて楽しく過ごしました。

にこにこ給食会 講話

神社についてお話しだけではなく、こういったパラオ共和国などのお話しもしておりますので、興味のある方は是非、気軽に神社までお問合せください。

山神祭が執り行われました。

平成30年12月11日に齋藤木材株式会社さんにて毎年恒例の山神祭(さんじんさい)が執り行われました。

山神祭

山神祭とは木魂大神と称えられる大山祇大神(おおやまづみのおおかみ)や五十猛大神(いそたけしのおおかみ)をお祀りし、木々から戴く恵みに対して感謝を捧げるお祭りです。

齋藤木材さんは創業100年以上を誇る青森市では大変由緒ある会社で、現在の場所に事務所を移転する前は廣田神社周辺に構えていたことから、当時より信仰され毎年欠かさずに山神祭を執り行っています。

山神祭

神事では必ず山の神の掛け軸が据えられ、事前に新しく奉製した事務所や各工場の御幣も一緒に祓い清めます。

山神祭

また、各部署の責任者が代表して玉串拝礼を奉り今年一年の感謝と来年事故怪我のない、佳き年となるよう祈りが捧げられました。

山神祭

年々、良質な材木の入手や扱いが難しくなってきているそうですが、それでもお客様に喜んでもらえる材木をしっかりと製材して提供できるように頑張っているそうです。

 

山神祭

 

 

 

 

 

一年に一度、山神祭を執り行うことで自然に畏敬の念を持ち、その恵みによって従事させていただいていることを再認識する大切な神事です。

工事安全と益々のご繁栄をお祈り申し上げます。

小学生職業体験ワラッシに舞姫会で参加しました。

平成30年12月9日に小学生職業体験ワラッシに舞姫会で参加しました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

ワラッシは青森市教育委員会の事業として色々なお仕事をその道のプロが教えながら体験し、仮のお給料をもらって遊ぶ体験会です。

舞姫会 職業体験ワラッシ

昨年頂いたご縁で、今年も参加させて頂けることになりました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

今年は浪岡での開催でしたが、沢山の方が来場されていました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

前回同様に神社のお仕事体験ということで舞姫会による巫女体験にしました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

装束の着装から礼儀作法、また、神社のお話しや巫女舞などふんだんに体験してもらいました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

昨年の参加もあったからか、全三回の体験には大勢の子供達が参加してくれました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

参加してくれた子供達も普段接することの少ない巫女の体験にとても目を輝かせていました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

また、大変ありがたいことに会場のステージを使用させて頂いたため、巫女舞の練習をすると他のブースの沢山の方にも見てもらい注目してくださいました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

舞姫達も参加してくれた子供達にとても上手に教えていました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

朝早くからのイベントにもかかわらず、疲れた顔もみせずに、毎回楽しく参加者と接していた姿は本当に巫女さんのようでした。

舞姫会 職業体験ワラッシ

人に教えることで、教えている側も学ぶように、参加者に指導する度に舞姫達も上手に教えられるようになっていました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

あっという間に二回が終わりました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

最後の回に向けて、主催者から頂いたお弁当をしっかりと食べて最後の最後まで頑張りました。

舞姫会 職業体験ワラッシ

他のブースも大賑わいでとても楽しそうでした。

舞姫会 職業体験ワラッシ

これを機会に神社の奉仕にも興味を持ってくれる子が増えてくれれば嬉しく思います。

舞姫会 職業体験ワラッシ

主催者の皆さま、貴重な機会ありがとうござました。

Page 10 of 541««...5678910111213141516...»»