ここから本文です

社務日誌

廣田神社の秋の研修旅行が行われました。

平成29年9月26日に廣田神社の秋の研修旅行が行われました。

これまで崇敬会の神睦会という団体が春秋二回の研修旅行を行っていましたが、2年前に解散したため昨年は実施されませんでした。しかし、氏子崇敬者の皆さんから是非旅行を復活させてほしいというご要望があり、実施することになりました。今回は私、鈴木権禰宜が初めて企画運営した旅行ということで、ご参加下さいました皆様には深く御礼申し上げます。

朝から強い日差しで、少し汗ばむような陽気でした。天気にも恵まれて、大変良いお出かけ日よりとなりました。暑いためか、アイスを食べられる方もいらっしゃいました。9時に皆さんがお集まりになられまして、9時半より拝殿で旅行安全祈願祭を斎行しました。

廣田神社 秋の研修旅行

皆さん、久しぶりの再会とあって、嬉しそうな表情でした。先ず、宮司が斎主として旅行安全祈願祭を斎行しました。

廣田神社 秋の研修旅行

玉串拝礼の代表者は責任役員の今井敏昭さんです。

廣田神社 秋の研修旅行

神事終了後は、つがる地球村が手配したバスに乗車しました。その後、旅行安全の御守を参加者皆さんに授与して出発しました。到着まで世間話が絶えることなく、終始楽しんでいる様子でした。また、車窓からは、秋晴れの中で黄金色の稲穂の田んぼがみられ、秋を感じるような旅行でした。また藁ぶき屋根の古民家が点在するなど、古き良き農村風景を楽しむことも出来ました。

廣田神社 秋の研修旅行

廣田神社 秋の研修旅行

つがる地球村の寛ぎの国ゾーン内にある藤山邸で過ごしました。まず最初に記念撮影をしました。

廣田神社 秋の研修旅行

休憩室に移動し、各自入浴になります。お風呂は硫黄泉の黄色のお湯で、トロミのあるなめらかな泉質ということで、女性の方には好評なお湯です。男性の皆さんも気持ちよさそうでした。

廣田神社 秋の研修旅行

12時になり、皆さん待ちに待った昼食会です。鈴木権禰宜の挨拶後に責任役員の今井敏昭さんにご挨拶を頂戴しました。

廣田神社 秋の研修旅行

廣田神社 秋の研修旅行

皆さんお酒を呑んだり、お正月のことについて話したりとお喋りが絶えませんでした。

廣田神社 秋の研修旅行

廣田神社 秋の研修旅行

廣田神社 秋の研修旅行

廣田神社 秋の研修旅行

廣田神社 秋の研修旅行

14時に昼食会が終了しました。2時間は余りにも短く、楽しくリフレッシュ出来ました。

廣田神社 秋の研修旅行

つがる地球村の後に、お土産品購入のため、道の駅もりたに寄りました。ここでは、野菜や果物の農産物の販売が豊富で、皆さんたくさん購入していました。

廣田神社 秋の研修旅行

この道の駅もりたの中には、藁ぶきの古民家が保存されていました。今回時間がなかったので外観だけですが、古き良き農村を見ることが出来ました。

廣田神社 秋の研修旅行

皆さん思い思いの買い物をしていました。

最後に浪岡の道の駅アップルヒルに寄りました。こちらでは、林檎がたくさん販売されていました。また、様々な飲食店もあり、休憩時間として20分を取ったものの、時間が足りない感じでした。

廣田神社 秋の研修旅行

16時過ぎに神社に戻りました。今回は、鈴木権禰宜が初めて旅行の企画運営をしたということで不手際や、物足りなさというものがあったかと思いますが、参加者皆様の親睦、交流を深められたこと、温泉に入ってリフレッシュ出来たことは大変良かったと思いました。今後は、またより良い旅行を企画できればと思っております。ご参加下さいました皆さん、本当にご苦労様でした。ありがとうございました。

記:鈴木権禰宜

10月(神無月 かんなづき)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の神無月(かんなづき)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

月次祭 神無月

曇り空一つない見事な秋晴れでした。

2017-10-01 023k

日柄も良いということで神前結婚式の奉仕もあり、敬神会の清掃奉仕もあり、賑やかな一日となりました。

月次祭 神無月

10月の主な年中行事

月次祭 神無月

月次祭 神無月

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆敬神会定例清掃奉仕 1日・・・廣田神社を崇敬する団体「敬神会」の会員等による清掃奉仕活動です。はじめに朝拝に参加し神職講話も行われます。

◆舞姫会稽古 6日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の舞の稽古日です。

◆津軽神楽稽古 10日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財の津軽神楽の稽古です。

◆書道稽古 12日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆青森県神社庁例祭習礼・・・青森県神社庁の例祭に伴い奉仕確認の習礼が行われます。

◆舞姫会稽古 13日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の舞の稽古日です。

◆人形供養感謝祭 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆青森県神社庁例祭 16日・・・青森県神社庁の例祭が執り行われます。

◆津軽神楽稽古 17日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財の津軽神楽の稽古です。

◆書道稽古 19日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古 20日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の舞の稽古日です。

◆津軽神楽稽古 24日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財の津軽神楽の稽古です。

◆第七回東北地区婦人神職協議会祭式研修会 27~26日・・・東北地区の女子神職による祭式の研修会です。

◆舞姫会稽古 27日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の舞の稽古日です。

◆津軽神楽稽古 31日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財の津軽神楽の稽古です。

月次祭 神無月

月次祭にご奉納頂いた方にはお下がりをお頒け致しますので、名前の記載と共に必ず社務所までお持ち下さい。

月次祭 神無月

今月も皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の益々のご健勝、ご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

平成29年10月の九星術運勢です。

平成29年10月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成29年10月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

爽快な秋晴れの下を駆け出したくなる気分だが、変化の波も生じがち。諸事楽観し過ぎると状況は悪化しやすい。本文に専念し、実力養成に努める。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

奮迅の勢いでさらなる飛躍が期待できるはず。段取りよく早めの対応で快調に。年長者・専門家の助言を参考に、丹心を砕けば好結果に繋がりそう。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

好不調の波が交互に押し寄せてきそう。焦って盲進すればとかく不本意な結果になりがちで、無茶を避け逆風でも投げないこと。時には休養も必要。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

明暗入り乱れる月だけに、強引な手法では不成功。持ち前の社交性を自在に操り、人間関係を大切にすればしくじることなし。過労・怪我に注意を。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

運気は芳しくないだけに直言直行は控えること。不安を感じる相談の安請け合いは禁物。人間関係に配慮し、信用第一を旨とした品行を心がけよう。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

真面目さが交情を深め、共感を寄せられそう。労を厭わなければ援助の手が差しのべられる好運も。後先を考えて進めることが成果に繋がりそう。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

洋々たる希望を抱いてやり甲斐ある仕事に恵まれ、活発化に拍車もかかる。持ち前の社交性・誠実さが評価されそう。欲張らなければ財運もまずまず。

八白土星 平成22、13、4昭和58、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

確かな手応えを感じる福徳運で、熱心に手掛けて満足な反応が。誠実で優しい言動が幸をもたらし、細やかな気配りに一目おかれる。家庭愛情運吉。

九紫火星 平成21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

身上に一新を画しても下降運で軽率に動くと後悔するだけ。迷いや不満から力だけで押すとどんでん返しも。まずは足元を固めることを優先しよう。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

選挙事務所開き神事を執り行いました。

平成29年9月24日に蓬田村村長選挙事務所開きの神事が執り行われました。

今年、蓬田村長の任期満了に伴う村長選挙が行われます。

蓬田村村長選挙事務所開き

蓬田村は宮司の兼務神社が数多くあり、非常になじみの深い地域です。

選挙事務所開きが行われたのは現職の村長を務めている久慈修一さんで二期目の出馬となります。

多くの支持者の方が参集して神事、その後決起集会が別会場で行われました。

蓬田村村長選挙事務所開き

有権者は蓬田村の未来を決めるこの選挙にしっかりと関心を持ち、清き一票を投じなければなりません。

誠心に努めて怪我事故することのないようお祈り申しげます。

磯山稲荷神社の秋祭並び海上安全・大漁祈願祭が執り行われました。

平成29年9月24日に外ヶ浜町平舘磯山地区に鎮座する磯山稲荷神社の秋祭並び海上安全・大漁祈願祭が執り行われました。

磯山稲荷神社 秋祭並び海上安全豊漁祈願

早く到着したため祭典が始まるまで若干時間が合ったため、氏子さんに挨拶をしながら地区を歩いてみると海が南国のように透き通って綺麗でした。

磯山稲荷神社 秋祭並び海上安全豊漁祈願

色も浅黄色のような青い色で底まではっきりと見えていました。

磯山稲荷神社 秋祭並び海上安全豊漁祈願

思わず見とれてしまい、海岸線を歩きながら神社へ向かいました。

磯山稲荷神社 秋祭並び海上安全豊漁祈願

ここ最近では一番というほどに良い天気で秋にもかかわらず汗をかくくらいの暑さでした。

磯山稲荷神社 秋祭並び海上安全豊漁祈願

外ヶ浜村長はじめ、周辺の平舘地区町も参列され厳粛に斎行されました。

磯山稲荷神社 秋祭並び海上安全豊漁祈願

祭典終了後は末社の稲荷神社の秋祭も神事が行われました。

磯山稲荷神社 秋祭並び海上安全豊漁祈願

終了後は公民館のコミュニティーセンターに移動して直会となりました。

磯山稲荷神社 秋祭並び海上安全豊漁祈願

外ヶ浜町長と地区の自治会長から挨拶を頂き、隣地区の自治会長より乾杯の発声が行われました。

2017-09-24 050k

例年、この秋祭では様々な芸能を呼んで、地区一体となって楽しむのですが、今年は津軽の郷土芸能、金多豆蔵の人形劇が行われ沢山の笑顔で包まれました。

2017-09-24 051k

秋の稔りの感謝と共に、町の益々の繁栄、氏子皆様の更なるご健勝を祈念申し上げます。

Page 10 of 456««...5678910111213141516...»»