ここから本文です

社務日誌

第29回東北地区中堅神職研修会(乙)に参加しました。

令和元年9月17日より21日に掛けて宮司が第29回東北地区中堅神職研修会(乙)に参加しました。

中堅神職研修 乙

中堅神職研修とは神社界の中堅となるべき神職の教養を培ふとともに特に神社庁の基礎能力を養ふことを目的として実施される研修会です。

中堅神職研修 乙

全課程20日間のうち東北地区で年に「四泊五日」の研修を(甲・乙)二回実施し、後期の十日間は伊勢の神宮道場において(丙・丁)に分割して実施されます。

中堅神職研修 乙

東北地区では毎年各県が主管となり、今年は山形県での開催となったため出羽三山神社での研修となりました。

今回は東北各県から総勢30名ほど参加し、斎館にて衣食を共にして研鑽しました。

中堅神職研修 乙

前回6月に実施された甲課程に引き続いての参加となりました。

参加者の顔ぶれもほとんど同じで、また一緒に研鑽できる良い機会となりました。

中堅神職研修 乙

今回は出羽三山の奥宮とも称される湯殿山神社でも研修が実施され、座学だけではなく登頂、また滝行による禊も行われました。

滝行では冬直前の全国一冷たいともいわれる禊場で、実際に凍てつく寒さでしたが、出羽三山の大神の御神気を感じる良い経験となりました。

中堅神職研修 乙

これを以て東北での研修は終え、次からは本宗である伊勢の神宮での研修となっていきます。

一つ一つの経験を大切に奉仕に還元していきたいと思います。

中堅神職研修 乙

日々のご奉仕に追われてしまいがちですが、こうして次代を担うべく研修を重ね、しっかりと神職としての素養を高めるのはとても貴重な経験になりました。

これで終わりではなく、これから残りの課程も怠る事無く参加し、しっかりと身に付けていきたいと思います。

舞姫会の稽古が行われました。

令和元年9月20日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

無事に敬老会の演舞も終了し、残りイベント演舞一回と最も大事な大嘗祭奉祝祭での奉納となりました。

舞姫会 稽古

今日は少人数からの始めの会となりました。

舞姫会 稽古

ふと、日本の国旗、国歌を知ってるか舞姫達に聞いたところ、即答で知っていると返事がきました。

舞姫会 稽古

すると稽古場である大広間に飾られている国旗を指さして答えていました。

舞姫会 稽古

更に国歌を知っているか質問すると、もちろん、ということで舞姫達に歌ってもらいました。

舞姫会 稽古

すると、元気いっぱいに国歌である君が代を歌いました。

舞姫会 稽古

日本の国が日本の国たる根幹をなす国旗国歌をしっかりと教育していない昨今にもかかわらず、しっかりと覚えていたので大変立派でした。

舞姫会 稽古

オリンピックや様々な国際的な祭典を見ればわかる通り、自国の国旗国歌に敬意を払い、大切にすることは、国際化されている世の中だからこそ必要な意識です。

舞姫会 稽古

しっかりと国旗・国家を確認できたところで、早速先ずは唱歌の稽古から始めました。

舞姫会 稽古

舞の基本は唱歌になりますので、うたうことで拍をしっかりととれるようになり、そして歌詞の意味を理解することでより深い舞へとなっていきます。

舞姫会 稽古

先生の拍に合わせながら意識を揃えることに注意をしながら歌いました。

舞姫会 稽古

しっかりと耳で覚えたところで、実際の舞に入ります。

舞姫会 稽古

遅れてきた舞姫達も加わってきました。

舞姫会 稽古

基本動作を疎かにせず、一つ一つの動作を大切にしていきます。

舞姫会 稽古

そうした意識が舞姫達にも少しずつ芽生えてきたからか、少しの動作でも自分で考えてくるようになりました。

舞姫会 稽古

また、姿勢などもまわりと合わせる意識も高くなり、大分綺麗にそろってきました。

舞姫会 稽古

また、少しずつ遅れてきた舞姫達も更に加わってきました。

舞姫会 稽古

動画をチェックすることでも自分の舞う理想をきちんとイメージしてもらうのにとても大切なことです。

舞姫会 稽古

あっという間に舞の時間も過ぎていき休憩となりました。

舞姫会 稽古

あまり時間もなかったのですが、楽しくおしゃべりした分、お片付けも手際よくして終わりの時間を迎えました。

舞姫会 稽古

神様に稽古終了の挨拶をして本日の稽古も終了しました。

舞姫会 稽古

それぞれ一言感想で述べたことを次に活かしてよりよい舞に昇華してもらいたいと思います。

舞姫会 稽古

今年は新嘗祭ではなく、大嘗祭の奉祝祭という形で神事が行われますのでご理解ください。

第41回早朝交通安全祈願祭が執り行われました。

令和元年9月20日早朝6時半より一般社団法人青森自動車協会による恒例の第41回早朝交通安全祈願祭が執り行われました。

第41回早朝交通安全祈願祭

毎年この時期になると、一般社団法人青森自動車協会さんが主催となり、青森市長をはじめ青森警察署長ほか関係者多数参列のもと青森市民の交通安全が祈願されます。

第41回早朝交通安全祈願祭

神事に先立ち一般社団法人青森自動車協会会長より挨拶が述べられました。

第41回早朝交通安全祈願祭

この神事後から秋の交通安全週間になるため、早朝にもかかわらず、この先一年の無事故の祈りを皆さん真摯に捧げていました。

第41回早朝交通安全祈願祭

また、恒例として祝詞奏上後には会長宣読により関係者一同起立をして交通安全を願い誓う祭文が神前に奏上されました。

第41回早朝交通安全祈願祭

その後、会長、青森市長、青森警察署長が順に玉串拝礼をして市民の安全安心を祈願して拝みました。

第41回早朝交通安全祈願祭

運転は日常にあるが故に気を抜くとつい疎かになりがちですが、こうして一年に一度でも祈願をすることで初心に帰り慢心する心を律する良い機会となります。

第41回早朝交通安全祈願祭

安全週間が実施されているから安全になるのではなく、一人ひとりが日頃から常に安全を心掛けをしていれば傷ましい事故は必ず防げます。

第41回早朝交通安全祈願祭

一件でも事故が減りますよう皆さんの思いをお伝えいたしました。

第41回早朝交通安全祈願祭

市民の皆さんも焦らず、急がず、急がさせず、ゆとりを持った運転をして頂きたいと思います。

第41回早朝交通安全祈願祭

青森市民の交通安全並び会員皆様方の活動安全のことを廣田大御神様に祈念申し上げます。

新築住宅の地鎮祭が執り行われました。

令和元年9月16日に地鎮祭(じちんさい)が執り行われましたのでご紹介します。

地鎮祭

天気も良く、神事日和となりました。

地鎮祭

ご家族の皆さんも気持ちを込めて地鎮の儀を執り行いこれから無事完成を祈っておられました。

地鎮祭

地鎮祭とは住宅を建築する前に土地の神様へ場所をお借りする報告と工事の無事安全を祈願する大切なお祭りです。

その後、棟上(むねあげ)時に行う上棟祭(じょうとうさい)、家が完成してから神棚をお祀りする新宅祭(しんたくさい)を執り行うことで多くの神様にお守り頂きながら家が完成します。

最近は若いご家族でも一生に一度の大事な節目ということで全てのお祭をしっかりとされる方が殆んどです。

一生住む大事な家ですから心安らかに暮らせるよう神事をしっかりと行いましょう。

ご家族皆様の益々のご多幸と工事従事者皆様の工事安全を廣田大御神様に祈念申し上げます。

地鎮祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai-other/

人形供養感謝祭を執り行いました。

令和元年9月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

今月も多種多様な人形がたくさん納められました。

人形供養感謝祭

参列された方々もそれぞれの人形への想いを載せて玉串を捧げていました。

人形供養感謝祭

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

Page 10 of 597««...5678910111213141516...»»