ここから本文です

社務日誌

境内草木の開花の取材を受けました。

令和2年6月16日に境内草木の開花の取材を受けました。

今月も季節の訪れを告げる花を紹介する読売新聞の取材を受けました。

境内草木 取材

今回は水面に咲く、睡蓮の取材でした。

境内草木 取材

6月に入り次々と先はじめ、主にピンク色したものが多いですが、タイミングが良ければ真っ白な睡蓮も楽しめます。

 

お花の見どころなどをお話しさせていただきました。

後日新聞に掲載されますので、ぜひご覧ください。

人形供養感謝祭を執り行いました。

令和2年5月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

先月に引き続きコロナ禍による自粛で掃除などをされる方が多いのか、今月も沢山の人形が納められました。

2020-06-15 032k

また、県内あちこちよりお持ちになられ、人形を大切に扱う皆さんの優しい心も伝わりました。

2020-06-15 056k

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

神さまの使い創作コンテストを開催募集します。

令和2年6月14日より神さまの使い創作コンテストを開催募集します。

御祭神の天照大御神荒御魂の霊験あらたかな御神威を以て、新型コロナウィルス疫病退散の鎮めの祈りを日々捧げています。

その広大無辺な御神徳を日本はもとより世界中へと開くべく、疫病退散の神さまの使いを皆さんより募集いたします。

尚、大賞作品はお守りや御朱印のデザインに採用し、その初穂料の一部を日本赤十字社の新型コロナウィルス対策に付随する事業に寄付します。

神さまの使い創作コンテスト

審査協力/青森県内グラフィックデザイナー有志

募集要項

募集内容

病厄除守護神である廣田神社にお祀りされている神様と共に疫病を退散する神様の使い(神使)を募集します。

大賞作品はお守りや御朱印のデザインなどに使用し、一定期間その初穂料の一部を日本赤十字社の新型コロナウィルス対策に付随する事業に寄付いたします。

寄付終了後も廣田神社の神使として様々な用途、場面において使用いたします。

募集期間

令和2年7月21日(火)まで

選考/結果発表

選考は青森県内複数のグラフィックデザイナーが厳正な審査をした候補より廣田神社宮司が最終決定します。

結果発表 令和2年8月7日(金) 廣田神社WebサイトやSNS等で発表します。

応募方法

1人につき1作品のみの応募といたします。(プロ・アマ不問)

応募者本人が創作した未発表のもので、第三者の著作権、肖像権、その他の権利を侵害しない作品に限ります。

作品は手描きかデジタルデータといたします。(応募した作品の返却はしませんので必要な方はコピーをお取りください。)

〔手描き〕A4用紙にカラー
※消えたり滲んだりしないものを使用して描いてください。
〔デジタルデータ〕10MB以内のjpg/gif/pngファイル
※CMYKプロセスカラーで作成し加工できるものとしてください。

(受賞した作品は、ai、epsいずれかの形式で改めてご提出いただきます。)

以上の作品を、下記の申込書と一緒に郵送もしくは下記アドレスに送信ください。

賞品

大 賞 1名 青森県名産品セット
(三万円相当)
優秀賞 2名 青森県名産品セット
(一万円相当)
入 選 10名 青森県名産品セット
(五千円相当)

著作権等について(必ずお読みください)

当コンテストに関し、万が一、著作権等の権利に関する問題が生じた場合、全て応募者の責任とし、当社は一切責任を負いません。

入賞並びに入選作品発表後、入賞・入選作品の著作権(著作権法27条 及び28条に基づく権利を除きます)および知的財産権は廣田神社に帰属いたします。

入賞並びに入選作品を除く応募作品の著作権(著作権法27条 及び28条に基づく権利を含みます)および知的財産権は応募者に帰属いたします。

入賞並びに入選者は、廣田神社と協議の上、入賞・入選作品の補作、修正、加工等に協力するものといたします。

入賞並びに入選者は、主催者である廣田神社が入賞並び入選作品を使用し、授与品の頒布、商品の制作、販売することを認めるものといたします。

応募先

〒030-0861 青森県青森市長島2-13-5  廣田神社神さまの使いコンテスト 宛

tel/017-776-7848  fax/017-777-5244

メールアドレス/info@hirotajinja.or.jp

申込書

疫病退散フライヤー

疫病退散ポフライヤー

申込書

申込書

舞姫会の稽古を行いました。

令和2年6月12日に舞姫会の稽古を行いました。

舞姫会 稽古

先週に引き続き今年度2回目の稽古となりました。

舞姫会 稽古

欠席も数名いましたが、皆元気よく集まってくれました。

舞姫会 稽古

先ずは、はじめの会で全員で稽古をさせていただくご挨拶を玉串を捧げてお祈りいたしました。

舞姫会 稽古

原則マスクを着用して行いますが、ここ数日、夜でも暑さが引かなくなってきているので、無理せずに調整しながらつけてもらいました。

舞姫会 稽古

舞いに入る前に先ずは唱歌の稽古をしました。

舞姫会 稽古

新しい舞姫達も一緒に見様見真似で手で拍を取りながら、先輩方の歌を聞いて一緒に参加してもらいました。

舞姫会 稽古

何度か繰り返した後、歌や拍が残っているうちに舞の稽古へと移りました。

舞姫会 稽古

久し振りの舞ということで、動きを確認しながら一人舞を行いました。

舞姫会 稽古

新しい舞姫も唱歌の時と同様に、先輩方の動きを見ながら混ざってもらいました。

舞姫会 稽古

舞も足の使い方や手の動きなど、舞の先生方の解釈によって微妙に変化していくので、新しくなった動きで指導しました。

舞姫会 稽古

これまで舞っていたのとは違う動きもあるので、苦戦していましたが、徐々に修正していきました。

舞姫会 稽古

新しい舞姫達もまだ二回目とは思えない程、先輩方の舞によくついていってました。

舞姫会 稽古

今年は新型コロナウィルスの影響により、現時点で舞を奉納する予定が新嘗祭しか決まっていないため、目標に舞うかってという気持ちが難しいですが、とてもよく集中して稽古に臨んでくれています。

舞姫会 稽古

コロナ禍がおさまり、祭事やイベントなどもこれまで通りに行われるようになれば、他にも奉演、出演できる機会があるかもしれませんので、いつでも万全の状態にしておきます。

舞姫会 稽古

何度か舞った後は、新しい舞姫も入会したということで、お辞儀等の拝礼のお作法を皆で学びました。

舞姫会 稽古

油断すると気付かないうちに自己流になってしまうのがお作法ですので、他の舞姫もしっかりと復習してもらいました。

舞姫会 稽古

この拝礼の動きも舞の基礎的な動きに大いにかかわっていきますのでしっかりと覚えてもらいます。

舞姫会 稽古

こうしたお作法は相手に嫌な思いをさせないための一つの方法であり、自分自身を律することもできる大事なものです。

舞姫会 稽古

現在、お稽古時間も短縮して行っているため、あっという間に終了してました。

舞姫会 稽古

終わりの会ではさっき習ったことをしっかりと復習しながら玉串拝礼をして終了しました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭が執り行われました。

令和2年6月12日に青森市内真部に鎮座する内真部大山祗神社の例祭並び山神祭が執り行われました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

風が非常に強く吹いていましたが、夏祭りらしい青空一面に広がる良い天気となりました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、春祭りが軒並み中止になりましたが、自粛と集会等の段階的解除が宣言されたため、夏祭りは執り行うことになりました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

久し振りとなったお祭りに皆さんとても嬉しそうでした。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

里宮で祈願した後は少し離れた山に鎮座する奥宮に移動して山神祭を執り行いました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

夏盛りとなり新緑が映え、木漏れ日が燦々と降り注ぐとても御神気に溢れた清々しい境内となっていました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

先日の大雨でぬかるんでいるかと思いましたが、それ以上にここ最近の夏場が影響あったようで、乾燥した大地に吸い込まれ、快適に歩くことが出来ました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

奥宮の新築と共に木々の整備も進められた際に植樹された青森ヒバも見違えるほどに成長していました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

前日に綺麗に掃除していただき、今年も山の恵みに感謝してお祈りいたしました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

木々の間を通る風の音や鳥や虫の鳴き声などが心地よく、山の中らしい涼しい中で気持ちを落ち着かせることが出来ました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

鳥居を新しく建て替えてから凡そ10年も経ち、叙情にカビも生えてきたということで、役員さんが鳥居の上部にトタンを敷いて柱の根元も腐りずらいように補修をご奉仕くださいました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

大変な時節にも関わらず、こうして誠の心でご奉仕いただきお守りくださり大変有難く思います。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

直会の中止も検討されましたが、一年に一度の大事な大祭ということで、それぞれ自己予防をしっかりとして行うことなりました。

内真部大山祗神社の例祭並び山神祭

昨年の雪の少なさから来る影響か、今年は雨が少なく田んぼでは水不足となっていましたが、昨日の大雨でそれが大幅に解消されたということで、神様の恵みをいただいたと皆さん安堵して喜んでおりました。

氏子の皆様の益々のご多幸ご健勝を内真部大山祗神社の大神に祈念申し上げます。

Page 10 of 650««...5678910111213141516...»»