ここから本文です

社務日誌

選挙事務所開き神事を執り行いました。

平成29年9月23日に蓬田村村長選挙事務所開きの神事が執り行われました。

今年、蓬田村長の任期満了に伴う村長選挙が行われます。

蓬田村村長選挙事務所開き

蓬田村は宮司の兼務神社が数多くあり、非常になじみの深い地域です。

選挙事務所開きが行われたのは現職で村議会議員を務めている久慈省悟さんで初めての出馬となります。

多くの支持者の方が参集して神事、その後決起集会と行われました。

蓬田村村長選挙事務所開き

有権者は蓬田村の未来を決めるこの選挙にしっかりと関心を持ち、清き一票を投じなければなりません。

誠心に努めて怪我事故することのないようお祈り申しげます。

舞姫会の稽古が行われました。

平成29年9月22日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

先週で今年の演舞が全て終了したということで装束を持ってきてもらい並べてもらいました。

舞姫会 稽古

集まってくると、なぜか始まるまで腕相撲対決をして盛り上がりました。

舞姫会 稽古

遅れている子もいますが、時間になったのではじめの会をしました。

舞姫会 稽古

玉串拝礼はお手の物で、今日もぴったりと合っていました。

舞姫会 稽古

舞を始めるまでに装束の確認をしました。

舞姫会 稽古

今日は奉納や演舞などのイベントも終わったということで、再び装束の畳み方を勉強します。

舞姫会 稽古

白衣の畳み方は以前勉強したため、先ずは襦袢の畳み方をやってみます。

舞姫会 稽古

装束自体に触れるのも機会が多くなってきたからか、説明しながらですが、すんなりと出来る子がほとんどでした。

舞姫会 稽古

苦手な舞姫も、出来る子から教わりながら綺麗に畳んでいました。

舞姫会 稽古

白衣よりは畳み方も単純なのであっという間に覚えたところで、一度復習してから綺麗に畳めるかの対決をしました。

舞姫会 稽古

えー、と言いながらも盛り上がり、各々簡単に確認してから早速半分に別れて対決しました。

舞姫会 稽古

一方は畳み、もう一方は畳み方をしっかりと見ながら審査しました。

舞姫会 稽古

それで終わった舞姫から監督と称して見ていた舞姫達のチェックをいれさせました。

舞姫会 稽古

その結果、しっかりと畳めていたら皆で拍手をして褒めてあげました。

舞姫会 稽古

全員が畳み終わったところで、審査した舞姫達と交代してはじめました。

舞姫会 稽古

同様に終わった舞姫から畳めているかしっかりと確認しました。

舞姫会 稽古

今回の対決では早く畳めるかということよりも、如何に丁寧に正しく畳めるかということに重きを置いて対決しました。

舞姫会 稽古

対決も盛り上がって出来たこともあってか、皆、しっかりと襦袢の畳み方を覚えてくれました。

舞姫会 稽古

畳み方を学んだあとは、間髪入れずに舞の稽古をしました。

舞姫会 稽古

次はいよいよ一年で一番大切な奉仕である新嘗祭があるので、少しでも上達させるために舞いました。

舞姫会 稽古

さっきまで騒いでいたのも嘘のように真剣な顔つきに変わって舞い始めました。

舞姫会 稽古

舞も一皮むけたように上手になっていました。

舞姫会 稽古

一度でも真剣に舞えたので時間の関係もあり、すぐ休憩に入りました。

舞姫会 稽古

今日は神前にお供えされたスイカを用意しました。

舞姫会 稽古

スイカが大好物だそうでみんなとっても喜んでいました。

舞姫会 稽古

食前、食後感謝を歌ってスイカを頂きました。

舞姫会 稽古

最年長の中学生が久しぶりに稽古に来てくれたので、舞姫達が盛り上がりとても喜んでいました。

舞姫会 稽古

残ったスイカもじゃんけんで勝った人に分けて、お片付けもしました。

舞姫会 稽古

中学生の舞姫が部活で足を痛めているということで、イスに座って立礼式で終わりの会をしました。

舞姫会 稽古

立ってのお辞儀も綺麗にそろえていました。

舞姫会 稽古

終了後は渡せなかった舞姫に名刺を授けました。

舞姫会 稽古

帰る準備をすると、再びなぜか腕相撲大会が始まりました。

舞姫会 稽古

中学生も加わりあちこちで対決していました。

舞姫会 稽古

先生も腕相撲に参加して対決していました。

舞姫会 稽古

これからは装束も自分達で畳めるようになりました。

書道の稽古が行われました。

平成29年9月21日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「杉山」という字です。

書道 稽古

ここ何度かの楷書よりも画数が少ない字だった分、空間の取り方が難しく中々納得のいくようには書けませんでした。

書道 稽古

課題は先週と同じですが、細い箇所と太い箇所の線の強弱の付け方ひとつで全体の印象が変わってしまうため、筆の持ち方や肘の角度などを気を付けながら臨みました。

今回は昇段審査ということで、次の段位へあがれるよう頑張りました。

国立療養所松丘保養園内鎮座の彌廣神社の例祭並を奉仕しました。

平成29年9月21日に国立療養所松丘保養園内鎮座の彌廣神社の例祭並を奉仕しました。

国立療養所松丘保養園内 彌廣神社 例祭

国立療養所松丘保養園は国立のハンセン病専用の療養所で創立してから100年以上の歴史があり、ハンセン病患者の医療と福祉を事業としている施設です。

松丘保養園内に鎮座している彌廣神社は昭和13年に当時の院長により患者の心のよりどころとして創建され、施設内療養患者の篤い崇敬を集めていました

しかし、戦後、GHQが国立医療施設内に神社を奉斎することを認めず、彌廣神社は解体されますが、昭和45年に全国敬神婦人連合会の呼び掛けにより再建されます。

以後、青森県敬神婦人会の演芸奉納、青森県女子神職協議会による神事奉仕により祭典が継続されています。

当日は雨が降ることなく日が差し、気持ちのいい天気で迎えることが出来ました。国立療養所松丘保養園内 彌廣神社 例祭

朝早くから県内の神職が集まり、境内地清掃や祭典の準備をしました。

国立療養所松丘保養園内 彌廣神社 例祭

国立療養所松丘保養園内 彌廣神社 例祭

今年も青森県神社庁長や敬神婦人会の皆様のご参列のもと、大変清々しい中で神事が執り行われました。国立療養所松丘保養園内 彌廣神社 例祭

国立療養所松丘保養園内 彌廣神社 例祭

そして、今年は「朝日舞」を奉奏しました。

国立療養所松丘保養園内 彌廣神社 例祭

神事終了後は青森県神社庁にて、祭典を奉仕した祭員や伶人他関係者と参列された皆様と共に直会を行いました。

国立療養所松丘保養園内 彌廣神社 例祭

皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

記:田川(育)権禰宜

第39回早朝交通安全祈願祭が執り行われました。

平成29年9月20日早朝6時半より一般社団法人青森自動車協会による恒例の第39回早朝交通安全祈願祭が執り行われました。

第39回 早朝交通安全祈願祭

毎年この時期になると、一般社団法人青森自動車協会さんが主催となり、青森市長をはじめ青森警察署長ほか関係者参列のもと青森市民の交通安全が祈願されます。

第39回 早朝交通安全祈願祭

先ずは一般社団法人青森自動車協会会長より挨拶が発せられ神事がはじまりました。

第39回 早朝交通安全祈願祭

早朝にもかかわらず、この先一年の無事故の祈りを真摯に捧げていました。

第39回 早朝交通安全祈願祭

祝詞奏上後には関係者一同起立のもと、会長宣読により交通安全を願い誓う祭文が神前に奏上されました。

第39回 早朝交通安全祈願祭

その後、会長、青森市長、青森警察署長が順に玉串拝礼をして市民の安全安心を祈願して拝みました。

第39回 早朝交通安全祈願祭

運転も慣れてくるとつい疎かになりがちですが、こうして一年に一度でも祈願をすることで、初心に返りそのよううな心を律する良い機会となります。

第39回 早朝交通安全祈願祭

青森市民の交通安全並び会員皆様方の活動安全のことを廣田大御神様に祈念申し上げます。

Page 11 of 456««...67891011121314151617...»»