ここから本文です

社務日誌

例大祭に向けて奉納提灯が掲げられました。

平成30年6月16日に例大祭に向けて氏子崇敬者等によって奉納提灯が掲げられました。

提灯掲揚奉仕

良い天気となり祭礼の奉仕日和となりました。

提灯掲揚奉仕

6月20日の例大祭、19日の前夜祭宵宮に向けて提灯の設置をはじめ、権現様の社づくりなどに責任役員、総代、氏子崇敬者、町会等の氏子さんが奉仕してくださいました。

提灯掲揚奉仕

今年も沢山の提灯が奉納されて境内が彩られました。

提灯掲揚奉仕

あっという間に権現様の社小屋も建てられました。

提灯掲揚奉仕

汗もたっぷり流し、休憩しました。

提灯掲揚奉仕

新しい巫女さんも助勤で奉仕しているので、皆さんに紹介しました。

提灯掲揚奉仕

このまま、良い天気で迎えられればと思います。

暑い中、ご奉仕ありがとうございました。

舞姫会の稽古が行われました。

平成30年6月15日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

今期、最初の舞奉納となる宵宮へ向けた最後の稽古となりました。

舞姫会 稽古

ということで、当日と同じように装束に着装しました。

舞姫会 稽古

白衣や袴を自分達で着装して、髪飾りなどを親御さんに整えて頂きながら準備しました。

舞姫会 稽古

先輩舞姫達はすっかり着慣れていましたが、新しい舞姫達もとてもよく似合っていました。

舞姫会 稽古

巫女の装束に着替えると、やはり気持ちも昂揚するようで、いつも以上に笑顔に溢れていました。

舞姫会 稽古

稽古の時間が限られていますが、それでも先ずはじめは神様にお参りしてから取り掛かります。

舞姫会 稽古

お参りした後は、装束を身にまとったということで集合写真も撮影しました。

舞姫会 稽古

稽古は本番同様に待機する位置から実際と同じ流れで行いました。

舞姫会 稽古

装束を着ていざ稽古に入ると身が引き締まるのか、緊張した面持ちになっていました。

舞姫会 稽古

いつも稽古している大広間との稽古とは違って広さ目いっぱいに舞うため、感覚を掴むのが非常に難しいです。

舞姫会 稽古

前回同様に、その感覚を先ずつかむのに少し戸惑っていました。

舞姫会 稽古

それでも曲が進むにつれて順応していました。

舞姫会 稽古

新しい舞姫達も上手に先輩舞姫の動きを追いながら合わせていました。

舞姫会 稽古

一通り舞って感覚を養ったところで、細かい所を直していきました。

舞姫会 稽古

ちょっとした動きの違いでも10人もいれば非常に目立つため、なるべく統一した形になるようにしていきます。

舞姫会 稽古

先生に指導されたこともしっかり反芻しながら、直していました。

舞姫会 稽古

また、当日演奏してくださる山口流の山口汐花先生の笛に合わせて舞いますが、しっかりとその音を聴くことも意識してもらいました。

舞姫会 稽古

当日は相当な賑わいが予想されるので、音響があるとはいえ戸惑わないようにお話ししました。

舞姫会 稽古

真剣に舞っているうちにあっという間に暗くなってしまいました。

舞姫会 稽古

また、外で稽古をしていると近くを通りかかった人も気になるのか、若い学生さんや仕事帰りにの人達が観覧していました。

舞姫会 稽古

時間が限られているので、水分補給だけですが、しっかりと食前感謝の歌を詠います。

舞姫会 稽古

衣装を着て舞うのは見た目以上に大変で、気温も若干あたたかくなってきているので、美味しそうにお茶を飲み干していました。

舞姫会 稽古

舞姫会 稽古

休憩も束の間、すぐに稽古に入ります。

舞姫会 稽古

もう一度、外で舞った感覚を思い出しながら参進から始めます。

舞姫会 稽古

一息ついたのが良かったか、綺麗に舞えていました。

舞姫会 稽古

最後まで集中力を切らさずに舞い終えました。

舞姫会 稽古

本番最後の稽古となりましたが、思ったよりも緊張はしていなく、程よい気持ちで迎えられそうでした。

舞姫会 稽古

終わりの会にて宮司からも一つお話しをして、当日神様へ奉納する心構えを再認識してもらいました。

舞姫会 稽古

新しく入会した舞姫にとってははじめてとなる大舞台になりますが、精一杯自分の出来る限りの舞で頑張ってもらいたいと思います。

舞姫会 稽古

奉納は6月19日例大祭前夜祭の宵宮となります。

例大祭に向けて奉納提灯の木枠が設置されました。

平成30年6月15日に例大祭に向けた奉納提灯の木枠が設置されました。

奉納提灯木枠 設置

6月20日の例大祭、19日の宵宮祭に向けて奉納提灯の木枠が業者によって設置されました。

奉納提灯木枠 設置

肌寒いものの、青空広がる良い天気で、作業も順調に進んでいました。

奉納提灯木枠 設置

参拝に来られた方にも、もうすぐですね。などと声を掛けて頂きました。

奉納提灯木枠 設置

今年一年の平安を祈り捧げるため、準備万端で例大祭に臨みたいと思います。

人形供養感謝祭を執り行いました。

平成30年6月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

先月に比べるとあまり多くはありませんでしたが、県内中から納められました。

人形供養感謝祭

今月も、ひとつひとつ丁寧に祓い清め、安らかに慰められるよう祝詞を奏上しました。

人形供養感謝祭

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

書道稽古が行われました。

平成30年6月14日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「郵便」という字です。

書道稽古

部首とのバランスが取りづらい字同士で、中心を上手くとって書くのに苦労しました。

書道稽古

新しい課題となりましたが、今月も全て楷書であったため、点や跳ね、払いなどを復習するつもりで稽古を重ねまました。

Page 11 of 506««...67891011121314151617...»»