ここから本文です

社務日誌

舞姫会の稽古が行われました。

平成29年6月2日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

先生の権禰宜が1か月間の研修だったということで、2か月ぶりの再開となった稽古はみんな元気に集まってくれました。

舞姫会 稽古

久し振りの再開に舞姫達も嬉しそうでした。

舞姫会 稽古

はじまりの会を行った後、2週間後には例大祭前夜祭の本番を迎えるため、早速舞の稽古になりました。

舞姫会 稽古

先ずは一人舞を全員で行いました。

舞姫会 稽古

大きな神事も終わり、時間が空いたこともあってか、すっかり忘れてしまったようで動きが元に戻っていました。

舞姫会 稽古

今まで使っていた舞の用語などもすっかり忘れているようで、戸惑っていました。

舞姫会 稽古

それでも最初と最後の正座して行う部分は覚えているようで、比較的上手く出来ていました。

舞姫会 稽古

特に気になった点を重点的に指導して、すぐに舞を再開しました。

舞姫会 稽古

次は複数舞ということで、全員そろえて舞う稽古にしました。

舞姫会 稽古

なんとなくは思い出しているようですが、探り探りに動いているようで非常にぎこちない様子でした。

舞姫会 稽古

次の動作が体で覚えていないため、周りを確認したりしまっていました。

舞姫会 稽古

それでも同時に合わせる所作は比較的合すことが出来ていました。

舞姫会 稽古

すっかり忘れているものの、動く度に少しずつは思い出しはじめているようでした。

舞姫会 稽古

時間がないため、とにかく、なるべく回数を重ねて思い出す作業をしました。

舞姫会 稽古

今日、来られなかった舞姫達もいるため全員で合わせられませんが、お互いに教えられるようにしていきたいと思います。

舞姫会 稽古

本番は巫女の装束に千早を着装して舞うため、実践により近い形で行ないました。

舞姫会 稽古

先ずは千早の紐の締め方をみんなで覚えました。

舞姫会 稽古

続いて実際に舞ってみました。

舞姫会 稽古

千早一枚羽織るだけで全く違うようで、手にまとわりつく感覚やひらひらと揺れる袖などに意識が向いてしまっているようでした。

舞姫会 稽古

更に白衣や袴を着装すると動きが制限されるため、より実践の動きを意識させて行ないました。

舞姫会 稽古

それでも千早を羽織るだけで真剣さが増して最初よりは良い動きが出来ていました。

舞姫会 稽古

あっという間に時間が過ぎて終わりの会となりました。

舞姫会 稽古

玉串拝礼を全員しっかりと合わせて行いました。

舞姫会 稽古

最後に例大祭などの案内などをみんなに先生より渡しました。

舞姫会 稽古

そして、山口県の防府天満宮へ研修に行ってきたお土産のういろうを渡しました。

舞姫会 稽古

色んな味の種類があるため、みんなでジャンケンで決めました。

舞姫会 稽古

勝った舞姫は親御さんに相談しながら嬉しそうにお土産を貰っていました。

舞姫会 稽古

本番まで残りわずかですが、しっかりと調整して当日に臨みたいと思います。

6月(水無月 みなづき)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の水無月(みなづき)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

水無月 月次祭

どんよりとした雲が広がる天気でしたが、雨に降られることはありませんでした。

水無月 月次祭

先週頃まで暖かった気温でしたが暖房を点けるほど寒くなってきました。

6月の主な年中行事

水無月 月次祭

水無月 月次祭

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆舞姫会稽古 2日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆敬神会清掃奉仕 4日・・・廣田神社を崇敬する団体「敬神会」の会員等による清掃奉仕活動です。はじめに朝拝に参加し神職講話も行われます。

◆津軽神楽稽古 6日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財に指定されている津軽神楽の稽古です。

◆書道稽古 8日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古 9日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆広田町会清掃奉仕 11・・・氏子町会の広田町会の皆さんが例大祭を前に清掃奉仕をされます。

◆内真部大山祗神社 例祭・山ノ神 12日・・・青森市内真部に鎮座する内真部大山祗神社の1年で最も重要なお祭りの例祭と、山の恵みに感謝する山神祭が執り行われます。

◆津軽神楽稽古 13日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財に指定されている津軽神楽の稽古です。

 

◆人形供養感謝祭 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆奉納提灯設置奉仕 16日・・・役員、総代、世話人、町会長等のご奉仕で例大祭の奉納提灯が境内に掲げられます。

◆舞姫会習礼 16日・・・宵宮に奉納する舞を本番と同様に舞って稽古します。

◆例大祭 前夜祭 19日・・・例大祭が無事斎行されるよう祈願する前夜祭が執り行われ、夕方より多数の露店の出店、奉納演芸、各種イベントが境内で行われます。

◆例大祭 20日・・・1年で最も重要なお祭りで皇室の弥栄、国の隆昌、氏子の繁栄を祈願し、県無形民俗文化財である津軽神楽が奉納されます。

◆奉納提灯撤去奉仕 21日・・・役員、総代、世話人、町会長等のご奉仕で例大祭の奉納提灯の撤去が行われます。

◆東北地区婦人神職協議会総会並び研修会 21~22日・・・東北地区婦人神職協議会の総会並び研修会が行われます。

◆書道稽古 22日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために神職の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古 23日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆総合避難訓練 23日・・・年2回神社にて起こる災害を想定した避難訓練を神職、職員で行っています。

◆教養講座 24日・・・神社を通して日本や郷土の文化を知って体験する教養講座です。

◆茅取り奉仕 27日・・・夏越大祓式で使用される茅の輪の茅を清水天満宮へ採取に行きます。

◆夏越大祓式 30日・・・大祓詞を唱えて茅の輪をくぐることによって心身の半年分の罪穢れを祓い清めます。

2017-06-01 012k

水無月 月次祭

平成29年6月の九星術運勢です。

平成29年6月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成29年6月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

快い環境で気力を取り戻し、木が枝を伸ばすような生気に溢れそう。素直さが好感を呼ぶが、資金繰りは万全に。愛情運も上々、慶び到来の予感。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

平凡の中に幸福が感じられ、気分的にも楽しい月。目的に向かって勇往邁進すれば収穫もありそうだが、人の好意に甘えるようでは逆転を許すだけ。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

運勢は下降気味でやる気と実態が一致せず、急ぐと壁に突き当たりそう。思いつきや冒険は避け、責任が持てる事だけに専念を。持病再発注意。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

一筋縄ではいかぬ相で、思い惑ったり苦労の割に空回りしそうな低迷月。勇み過ぎは大けがのもとで、動き方を間違えると思わぬ落とし穴の懸念が。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

幸先よい上昇運にたゆまぬ研鑽が花開くとき、大同団結を図れば実力を発揮でき収穫も大きい。金運は順調といえども分不相応な使い方は控よう。。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

泣きたいような定めの乱気流模様。目先の損得だけを皮算用していると好機を逃しそう。金運は安定しているが、使い方次第で福にも禍にもなる。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

起伏に富んだ運気に地に足をつけた堅実さで過ごせば安泰。誘惑に負けたり、噂話に惑わされ横道に逸れると恥をさらす恐れも。時間・規則を厳守。

八白土星 平成22、13、4昭和58、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

常日頃の計らい次第で明暗が分かれそう。実直なら大過はないが、後ろ暗ければ支障を来す恐れ。配慮と気遣いを十分に大事なことは千思万考を。

九紫火星 平成21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

風向きが悪くなり手違いも生じやすく、勢いに任せた行動は危険。人の助言を傾聴し傷は浅いうちに塞ぐことが大切。ストレスが体調に影響しがち。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

御神饌田を作り御田植をしました。

平成29年5月30日に御神饌田(ごしんせんでん)を作り御田植(おたうえ)をしました。

御神饌田 御田植

先日、青森県神社庁教化委員として御田植祭を取材した猿賀神社より頂いた、早苗を育成するために御神饌田としてプランターを用意して御田植しました。

御神饌田 御田植

今回はJAグループで推奨されているバケツ稲の育て方を参考に作りました。

御神饌田 御田植

黒土と赤土と鹿沼土を6:3:1で配合したものをプランターに敷き詰めました。

御神饌田 御田植

そして水に浸して保存していた早苗を適量ずつに小分けをして、一つのプランターに3株ずつ植えました。

御神饌田 御田植

プランター9台とバケツ1杯で頂いた苗を全て植える事が出来ました。

御神饌田 御田植

まだまだ小さいですが、目標は11月23日に執り行われている新嘗祭への奉納と、早苗を頂いた猿賀神社への奉納となります。

御神饌田 御田植

これから約半年間、しっかりと育成させて見守っていきたいと思います。

是非、参拝がてら日々の成長をご覧ください。

絵馬掛けの金具を補強しました。

平成29年5月28日に願掛け用の絵馬掛けの金具を補強しました。

願掛け絵馬掛け 補強

感謝の絵馬掛けと一緒に元々あった願掛け絵馬の金具を長く大きくしました。

ここ数年、絵馬の奉納が大量になり、これまでのフックでは掛けきれなくなったため新しくしました。

願掛け絵馬掛け 補強

長くなったお蔭で、これまでいっぱいであった枚数でも余裕ができ、まだまだ掛けられるようになりました。

願掛け絵馬掛け 補強

これからも皆さんの願いの気持ちを奉納いただければと思います。

Page 11 of 433««...67891011121314151617...»»