ここから本文です

社務日誌

平成29年8月の九星術運勢です

平成29年8月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成29年8月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

上向きの兆しを実感し、気分も落ち着き安心して寛げそう。積極的に運命を切り開いていく気概を示すとよい。信頼を得るための立ち振る舞いを。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

行く手に邪魔が入り不安が募りそう。タイミングを掴み損ね、措置が遅れると失態につながる恐れ。自信のあることだけを確実にこなす方針が無難。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

実力を発揮できれば福を呼び込めるとはいえ、状況判断を見誤ると頓挫を来すだけ。財運も順調とはいえず、儲け話は話半分程度に聞き流すこと。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

雲行きが怪しくなり、運気に陰りが生じがち。自己主張を控え辛抱強く過ごそう。親しき仲にも礼儀正しくを肝に銘じ、思慮に欠ける言動は無用。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

微妙な様相を呈し気持ちにそぐわない結果となりやすい。冒険や転換を避け現状路線を継続するのが賢明。持病の再発、余病の併発や怪我に注意を。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

表面的には良好でも充実感に欠ける月。しかし、将来の飛躍に備えて基礎固めに励むのは無駄ではなく、迂闊に動くと信用失墜も。浪費の抑制を。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

安定気運だが、予定外の衝動が支障を来す原因となる。冷静に型通りを心がけ難を防ごう。過去の問題の蒸し返しや資金繰りの悪化には注意を要す。

八白土星 平成22、13、4昭和58、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

好機は未だ来らず予定も狂いがち、安易に手を広げないこと。善し悪しは別として、独自のペースを貫き真面目に対処を。計画的な出費を目指そう。

九紫火星 平成21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

自信を持って全力投球すれば能率倍増も。親交や友情も深まり協力者に恵まれるが、強引過ぎると反発が。即断即決は避け、吟味しながら漸進を。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

諏訪神社例祭の津軽神楽奉仕を助勤しました。

平成29年7月27日に諏訪神社例祭の津軽神楽奉仕を助勤しました。

青森市や津軽地方の神社では、最も大切な神事である例祭において津軽神楽と呼ばれる神楽が奉納されるのが習わしになっています。

津軽神楽助勤 諏訪神社

この津軽神楽は神職の家柄である社家のみで伝承していく格式高い神楽であるため、各神社の神職さん方がそれぞれ社務忙しい中、大神様に奉納するために集まり奉仕をします。

津軽神楽助勤 諏訪神社

諏訪神社の例祭は招魂祭とも続いて大祭が行われるため、青森市でも有数の人出の宵宮となっています。

天気も良く、今年は多くの人で賑わったそうです。

今年は諏訪神社の宮司さんが不慮の怪我をされていましたが、無事間に合わせ滞りなく斎行されました。

津軽神楽助勤 諏訪神社

地域の繁栄と氏子皆様の御多幸をお祈り申し上げます。

青森ねぶた御朱印の紹介です。

ねぶた御朱印

御祭神でもある青森開拓の一大恩人、進藤庄兵衛正次の生誕400年を迎え、平成27年の青森ねぶた祭りでは史上初めて庄兵衛を題材にした、ねぶたの人形が登場しました。

それを記念してねぶたの御朱印を奉製しました。

ねぶたを印した御朱印は全国で廣田神社のみの頒布となっております。

ぜひ、参拝と共に御朱印を御受けになり、ねぶた祭をお楽しみください。

ねぶた御朱印

期間限定 7月17日~8月7日迄

初穂料  1,000円

授与所 8時30分~17時00分(毎日)

ハッシュタグ #廣田神社 #ねぶた御朱印 #ご当地御朱印

お願い

御朱印は参拝した証として授けるものですので、恐れ入りますが郵送等での対応はしておりません。

ぜひ、青森までお越しの上お受けください。

御朱印のご案内

リンゴや青森県、雪の結晶などを印した御朱印なども頒布しております。

詳しくは→http://hirotajinja.or.jp/page-23312/

廣田神社限定 ハローキティねぶたお守り

当神社では全国で唯一ねぶたをモデルにしたハローキティのお守りを頒けています。

詳しくは→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/omamori/

正覚寺の第五回仏教講座にて講話をしました。

平成29年7月25日に本町の正覚寺さん主催による第五回仏教講座にて講師として講話をしました。

正覚寺 第五回仏教講座

正覚寺さんは日頃より檀家さんをはじめ、一般の方々もお寺に気軽に足を運べるよう色々な取り組みや活動をされています。

その中の一つで様々なお話を聴いて学ぶ、公開講座を開催しています。

正覚寺 第五回仏教講座

今回、楠美住職さんとご縁があり有り難いことにその講座にてお話しをさせて頂く機会を設けてもらいました。

お寺で神職がお話しするという、あまり前例のない大変面白い企画でした。

正覚寺 第五回仏教講座

檀家さんにも、また、一般の方にも楽しく聴けるようにと、今回は「幸せをいただく神社のお作法」という題目でお話しさせていただきました。

先ずは御本堂で手を合わせて仏様に挨拶をさせて頂きました。

正覚寺 第五回仏教講座

講座には6、70名もの沢山の方にお集まりいただき会場はほぼ満員でした。

少しでも楽しく学んでもらい、神社だけではなくお寺さんにも親しんでもらえるよう様々な接点や日常の中の神道のお話しをしました。

正覚寺 第五回仏教講座

お陰様で皆さん楽しく聴いてくださり滞りなく終えることが出来ました。

また、何か機会があればまた正覚寺さんと企画したいと思っていますので、その際にはぜひまたご参加ください。

楠美住職さん、貴重な機会を頂きまして誠にありがとうございました。

浄土宗 正覚寺

詳しくは→http://shogakuji.com/

瀬辺地天満宮の例祭が執り行われました。

平成29年7月22日に蓬田村瀬辺地地区に鎮座する瀬辺地天満宮の例祭が執り行われました。

青森市同様に早朝の土砂降りが降っていたそうで長い参道に小さな雨水の川が出来ていました。

瀬辺地天満宮 例祭

それでも神社へ着いた頃には小雨となり境内の雰囲気も雨の恵みを受けて緑を増していました。

瀬辺地天満宮 例祭

空も薄っすらとした雲になり目を凝らすと時折北海道も見ることが出来ました。

瀬辺地天満宮 例祭

そのような大雨であったにも関わらずしっかりとお祭の準備をして下さり、またが御参集いただきました。

瀬辺地天満宮 例祭

また、これまで拝殿の都合上、大祭時に直接開扉が出来なかったため間接的に略拝詞のようなものを奏上して行っていましたが、本殿まで行けるようになったため、本来の形である本殿にて開扉、閉扉を行いました。

瀬辺地天満宮 例祭

直接本殿の開扉が出来たことで皆さんもとても喜んでいました。

瀬辺地天満宮 例祭

終了後は公民館に移動して特製の鳥汁を頂きながら楽しく過ごしました。

皇室の弥栄と国の隆昌、地域の発展、氏子のご多幸をお祈り申し上げます。

Page 11 of 445««...67891011121314151617...»»