ここから本文です

社務日誌

ライスセンターの建屋建築並びに生産設備設置の地鎮祭を執り行いました。

令和元年5月14日にの外ヶ浜町ライスセンターの建屋建築並びに生産設備設置の地鎮祭を執り行いました。

外ヶ浜町ライスセンター設備建屋生産設備地鎮祭

今回建築されるライスセンターはこれまで担ってきた地区の精米所よりも多く処理することが可能で、米の乾燥・調製及び貯蔵機能を配し、籾殻処理や精米、袋詰め作業のスペースまで確保される施設になる予定だそうでうす。

 

外ヶ浜町ライスセンター設備建屋生産設備地鎮祭

地区の精米所が老朽化のため新たな場所が必要に迫られていたそうですが、ライスセンターが建築されるとこれまで以上に効率よく生産できるそうです。

外ヶ浜町ライスセンター設備建屋生産設備地鎮祭

外ヶ浜町はヤマセの冷たい風の影響も強く、決して恵まれた稲作環境ではありませんが、常に農家等が協力しあい年毎に生産も増えてきた場所です。

外ヶ浜町ライスセンター設備建屋生産設備地鎮祭

より素晴らしい米が生産されるよう町長はじめ農家関係団体の皆さんが参列されて無事完成をお祈りしていました。

工事の無事安全をお祈り申し上げます。

敬神会の総会が行われました。

令和元年5月13日に廣田神社の崇敬団体である敬神会の総会が行われました。

敬神会 総会

先刻に役員会を執り行い、引き続き総会を開催しました。

先ずは神宮遥拝、国歌斉唱(二唱)、敬神生活の綱領唱和、宮司挨拶、敬神会会長挨拶の後、名誉顧問でもある衆津島淳議院議員(代理)、山崎力前参議院議員、山谷清文県議会議員、舘山善一市議会議員の方々から挨拶を頂きました。

敬神会 総会

また、今年度から奈良岡隆青森市議会議員も敬神会に入会してくださるということで、御挨拶頂きました。

敬神会 総会

議案では先の役員会で承認された平成30年度事業報告、平成30年度収支決算報告、監査報告、平成30年度注連縄奉納収支決算報告、監査報告、令和元年度事業計画(案)、令和元年度収支予算(案)、役員改選が審議され、いずれも満場一致で承認頂きました。

敬神会 総会

また、新しく入会された奈良岡隆青森市議会議員に名誉顧問として就任頂くことも満場一致で可決されました。

今年は念願のじゃんばら注連縄も奉納可能かもしれないということで、皆さんも大変喜んでいました。

敬神会 総会

毎年奉納頂いている奉納品も今年は祭事の際に使用する紋幕に決定にし、今年の例祭ではより華やかになる予定です。

敬神会 総会

昨年度は多くの会員の方が帰幽され会員が減少してしまいましたが、これからも崇敬頂ける方を積極的にご入会を勧めていきたいと思います。

敬神会 総会

それでも、今年度も調度品を神社へ奉納していただき、また各種祭典の奉仕もして頂けることになりました。

総会も滞りなく全て終了し懇親会となり、各々交流を深めながら楽しく過ごしました。

敬神会会員募集

年会費

一般会員 1,200円(個人)

賛助会員 5,000円(個人)

特別会員 10,000円(個人・団体・法人)

名誉会員 30,000円(個人・団体・法人)

会員には例大祭に特別に参列できる他、様々な催しの案内をさせて頂きます。

入会希望の方は廣田神社社務所までお越し下さい。

敬神会の役員会が行われました。

令和元年5月13日に廣田神社の崇敬団体である敬神会の役員会が行われました。

過去最大10連休のゴールデンウィーク明けてすぐの会議となりました。

敬神会 監査理事会

議案では平成30年度事業報告、平成30年度収支決算報告、監査報告、平成30年度注連縄奉納収支決算報告、監査報告、令和元年度事業計画(案)、令和元年度収支予算(案)、役員改選が審議され、いずれも満場一致で承認頂きました。

2019-05-13 003k

今年は念願のじゃんばら注連縄が奉納可能かもしれないとのことで、御代替わりの良き年に併せて事業も展開できそうです。

いずれの案件も上程通りで総会に諮ることとなりました。

敬神会会員募集

年会費

一般会員 1,200円(個人)

賛助会員 5,000円(個人)

特別会員 10,000円(個人・団体・法人)

名誉会員 30,000円(個人・団体・法人)

会員には例大祭に特別に参列できる他、様々な催しの案内をさせて頂きます。

入会希望の方は廣田神社社務所までお越し下さい。

春季祭典委員会が行われました。

令和元年年5月11日に春季祭典委員会が行わました。

祭典委員会とは廣田神社における祭事の奉仕役割や担当決め、祭事の神事以外の案件などについて審議、運営する責任役員や総代、氏子町会長等で構成される組織です。

春季祭典委員会

春と冬に開催され、春季の祭典委員会ではこれからはじまる6月の例大祭と夏越大祓式、7月の進藤庄兵衛正次翁頌徳祭・神幸祭について協議されます。

昨年は頌徳祭の神幸祭が雨天中止となりましたが、今年度も引き続き執り行うことで決定されました。

春季祭典委員会

また、来年度には頌徳祭神幸祭にて庄兵衛の像を題材にしたねぶた製作も案が出され、それに伴って奉仕者の確保も議題となりました。

正月が終わりあっという間に夏の祭事となりますが、滞りなく斎行できますよう協力してご奉仕に尽くしたいと思います。

春季祭典委員会

ぜひ、氏子崇敬者の皆さんも神事にご参列、ご参加ください。

舞姫会の稽古が行われました。

令和元年5月11日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

過去最大のゴールデンウィークを明けてからの初稽古でした。

舞姫会 稽古

長い休みで体調など心配していましたが、みんな一層元気に集まってくれました。

舞姫会 稽古

昨月稽古した作法も忘れずにしっかりと出来ていました。

舞姫会 稽古

始めの会をして早速、唱歌の稽古にはいりました。

舞姫会 稽古

今年は新規の舞姫は取らなかったことこから、全員が基礎的な舞ができるためより基本的な動きを高めるための稽古にしています。

舞姫会 稽古

唱歌を積極的に稽古するようになってから確実に呼吸が合ってくるようになってきました。

舞姫会 稽古

唱歌のあとは、全員で一緒に舞いの稽古をしました。

舞姫会 稽古

前回に続いて最新の講習会で指導されている動きでの修正稽古をしました。

舞姫会 稽古

少しずつ慣れてきてはいるものの、まだまだ身に沁みついた動きになってしまう場面もあります。

舞姫会 稽古

それでも逐一先生の指導を受けながら少しずつ体に覚えさせていきます。

舞姫会 稽古

お稽古は何事も回数をこなすということはとても大事です。

舞姫会 稽古

もちろん、その一回一回をただ機械的に動くのではなく、集中して考えながら意識しながらというのが更に重要になってきます。

舞姫会 稽古

それを舞姫自身もみんなわかっているようで、回を重ねる毎に上手になっていきます。

舞姫会 稽古

何度か舞ったところで次は二人舞の稽古に入りました。

舞姫会 稽古

昨年は一人舞を全員で奉納しましたが、今年は更に難易度をあげて二人舞を全員で行うことにしました。

舞姫会 稽古

先ずは先生と一期生の舞姫とで見本を皆の前で披露しました。

舞姫会 稽古

二人舞は実は初めての体験であるため、熱心に見稽古していました。

舞姫会 稽古

一人舞と動きが違う上に、なによりも二人の意思疎通ができなければ綺麗な舞とならないためとても難しくなります。

舞姫会 稽古

手本の舞を思い出しながら動いていました。

舞姫会 稽古

一人舞と違う個所はもちろんしっかりと出来ていますし、二人舞の動きの部分も思っている以上に出来ていました。

舞姫会 稽古

それでもまだ頭で考えながら動いているので、それが意識されなくても自然と体が動くようにしていきます。

舞姫会 稽古

また、細かく先生の指導を受けながらより美しい舞を目指していきます。

舞姫会 稽古

二人舞も人が変わるとまた微妙に合わせるタイミングが違ったりするので、誰でも合わせられるようにしていきます。

舞姫会 稽古

あっという間に時間も過ぎ、休憩時間となりました。

舞姫会 稽古

自分たちでしっかり用意して恒例の食前感謝で頂きました。

舞姫会 稽古

ゴールデンウィーク明けということで、お互い喋りたい事がいっぱいあるようでとても楽しそうにお話ししていました。

舞姫会 稽古

お土産も沢山いただき、みんなで美味しく頂きました。

舞姫会 稽古

食後感謝もしっかりと歌ってみんなでお片付けです。

舞姫会 稽古

手慣れたもんで、遊びながら大人顔負けなくらい綺麗に整理整頓していました。

舞姫会 稽古

最後に終わりの会となりました。

舞姫会 稽古

今日一日の感謝の念を込めて手を合わせます。

舞姫会 稽古

あと、本番まで一ヶ月ですが、どこまで素晴らしい舞に出来るか今から楽しみです。

舞姫会 稽古

是非、6月19日宵宮での奉奏にお越し下さい。

Page 11 of 572««...67891011121314151617...»»