ここから本文です

社務日誌

舞姫会の稽古が行われました

平成30年2月17日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

書初めから一か月ぶりの稽古となりました。

舞姫会 稽古

久し振りの再会にみんなとても喜んでいました。

舞姫会 稽古

始めの会の後には今月から長島地下駐車場のギャラリーに飾られている舞姫会の展示を皆で観に行きました。

舞姫会 稽古

展示されているのが不思議なようで熱心に見ていました。

舞姫会 稽古

特に中学生の舞姫はあっというまに成長した姿に驚いていました。

舞姫会 稽古

親御さんも一緒に観に行きましたが、感慨深そうに見ていました。

舞姫会 稽古

これからも一つ一つ歴史を重ねてもっと展示を増やしていければと思います。

舞姫会 稽古

観に行ったあとは早速舞の稽古にはいりました。

舞姫会 稽古

3月11日にプロバスケットボール青森ワッツの試合にて舞うことになりましたので、集中して稽古しました。

舞姫会 稽古

先ずは思い出してもらうために一人舞をしました。

舞姫会 稽古

一か月ぶりになると若干忘れている部分もありましたが最後まで舞い切りました。

舞姫会 稽古

これまで指導して舞っていたものから若干修正するため、その復習もしました。

舞姫会 稽古

青森ワッツでの舞では6人舞となるため、本番同様の形で稽古しました。

2018-02-16 060k

当日は非常に大きな会場と沢山の人が来るためいつも以上に大きく、優雅に舞えることが重要になります。

舞姫会 稽古

そういったことも含めながら意識して舞いました。

舞姫会 稽古

6人舞も曲が進むたびに上手になってきていました。

舞姫会 稽古

本番では緊張を楽しみながらいつも通り堂々と舞ってもらえればと思います。

舞姫会 稽古

あっという間に舞の稽古も終了しました。

舞姫会 稽古

その後は休憩ということで役割分担を決めて早速準備しました。

舞姫会 稽古

みんな自分のやりたい当番があるようで決めるのにも盛り上がっていました。

舞姫会 稽古

1か月ぶりの再会ということで話が尽きないのかとても楽しそうにお話ししていました。

舞姫会 稽古

休憩も早々に稽古終了の時間が迫っているので皆でお片付けしました。

舞姫会 稽古

洗い物はすっかりしゃべりながらでも綺麗に洗えるようになっています。

舞姫会 稽古

また昨年からは稽古場の整理もしています。

舞姫会 稽古

テーブルクロスもすっかり綺麗に敷くことが出来ました。

舞姫会 稽古

久し振りの稽古もあっという間に終了しました。

舞姫会 稽古

終わりの会の拝礼や姿勢も回を重ねるごとに綺麗になってきました。

舞姫会 稽古

最後は来年も募集する舞姫会のチラシを皆に配布しました。

舞姫会 稽古

また、宮司からのお土産も渡し、とても喜んでいました。

舞姫会 稽古

来月の青森ワッツ、ぜひぜひ応援がてら舞もご覧ください。

人形供養感謝祭を執り行いました。

平成30年2月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

今月はとても少なかったですが、一体一体丁寧に祓い清めました。

人形供養感謝祭

真冬の寒さに人形達も肩を寄せ合っているように見えました。

人形供養感謝祭

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

内真部大山祗神社の春祈祷が執り行われました。

平成30年2月11日に青森市内真部地区に鎮座する内真部大山祗神社の祈年祭並び春祈祷が執り行われました。

内真部大山祗神社 春祈祷

青森市の街中心部に比べると若干雪が少なく、ここ数日あまり雪も降らなかったそうです。

内真部大山祗神社 春祈祷

昨年の秋祭りでイスを用意され、皆さん非常にゆったりと座っていました。

内真部大山祗神社 春祈祷

また、社殿の天井を覆っていた大量の提灯も綺麗に整理されたため、拝殿が大変広く感じました。

内真部大山祗神社 春祈祷

一人一人真摯に祈りを捧げ今年一年の五穀豊穣を祈願していました。

内真部大山祗神社 春祈祷

終了後は境内地にて焼納祭が行われましたが、あまりにも強風となったため、火を点けるのは後日になりました。

内真部大山祗神社 春祈祷

神事終了後は直会となり、正月の話などを交わしながら楽しく懇親を深めました。

内真部大山祗神社 春祈祷

氏子皆さんが今年一年も佳き年となるよう祈念申し上げます。

紀元祭を執り行いました。

平成30年2月11日に紀元祭が早朝に執り行われました。

毎年2月11日は「建国をしのび、国を愛する心を養う日」と制定されている建国記念の日という祝日です。

この建国記念の日には全国の神社において建国の記念を奉祝し、皇室の弥栄、国の隆昌、人々の安寧を祈願する紀元祭というお祭りが執り行われています。

紀元祭は建国記念日となる前の紀元節(きげんせつ)を寿ぐお祭りで、世”紀”ではなく皇”紀”の始まりを祝うもので日本の悠久なる歴史を尊ぶ大事な日でありました。

初代天皇である神武天皇が葦原中津国(あしはらのなかつくに・日本)を平定し、橿原宮で御即位された日が現在の暦で示すと2月11日となることから今日が建国記念日として制定されました。

そして今年は御即位された日から数えて皇紀2678年を迎えます。

天皇陛下の大御恵のもと、国民一体となり世界で最も長い歴史を持つ日本の伝統を後世に紡ぎ、国旗である日の丸を家に掲げ皇室の弥栄と国の隆昌を祈り続けることが大切です。

紀元節奉祝の喜びのもと、皇室の弥栄、国の隆昌、氏子崇敬者の益々のご多幸ご健勝を祈念申し上げます。

以下に内閣総理大臣からのメッセージを紹介します。

「建国記念の日」を迎えるに当たっての内閣総理大臣メッセージ

「建国記念の日」は、「建国をしのび、国を愛する心を養う」という趣旨のもとに、国民一人一人が、今日の我が国に至るまでの古からの先人の努力に思いをはせ、さらなる国の発展を願う国民の祝日であります。

我が国は、四季折々の豊かな自然に恵まれ、長い歴史を経て、諸外国に誇れる日本固有の文化や伝統を育んできました。私たちは、五穀豊穣を祈り、田畑をともに耕し、水を分かち合い、乏しきは補い合い、共に手を携え助け合う、麗しい社会を築いてまいりました。知恵と創意工夫により、自然に向き合い、自然との調和を図りながら、科学技術の発展をはじめ、様々な分野において、人類の営みに大きく貢献してきました。

長い歴史の中で、我が国は、幾度となく、大きな困難や過酷な試練に直面してきましたが、その度に、先人たちは、勇気と希望をもって立ち上がり、一人一人のたゆまぬ努力により今日の平和で豊かな国を築き上げ、自由と民主主義を守り、人権を尊重し、法を貴ぶ国柄を育ててきました。そうした努力の礎の上に、今日の発展があります。

今を生きる私たちは、先人たちの足跡の重みをかみしめ、国際社会とも緊密に連携しながら、この尊い平和と繁栄を次の世代に引き継いでいくため、能う限りの力を尽してまいります。

伝統を守りながら、同時に、変化をおそれず、困難な課題に対しても果敢に挑み、乗り越えていく。そうした努力を積み重ね、より良い未来を切り拓いてまいります。「建国記念の日」を迎えるに当たり、私はその決意を新たにしております。

「建国記念の日」が、我が国のこれまでの歩みを振り返りつつ先人の努力に感謝し、さらなる日本の繁栄を希求する機会となることを切に希望いたします。

平成30年2月11日
内閣総理大臣 安倍 晋三

東青支部臨時総会並び新年会が行われました。

平成30年2月8日に東青支部臨時総会並び新年会が行われました。

先日の役員会に引き続き議案の検討事項を承認、報告するために新年会にあわせて行われました。

東青支部臨時総会並び新年会

何れも滞りなく承認されました。

終了後は新年会となりましたが、久しぶりの顔合わせにお互い笑顔がこぼれながら楽しく会食しました。

今回の臨時総会を経て次年度の役員改選では若い世代の運営になっていく予定となり、協力態勢もこれまで以上に強固になり活性化しそうです。

正月やお互いの話などに花を咲かせながら笑いの絶えない新年会となりました。

Page 12 of 484««...789101112131415161718...»»