ここから本文です

社務日誌

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭を執り行いました。

月平成30年10月1日にリレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭を執り行いました。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

リレー・フォー・ライフ・ジャパンとはアメリカがん協会が始めた活動で、がん患者やその家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指すチャリティ活動で、世界中の賛同した国や地域で行われているそうです。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

その活動は一年通して展開され、その集大成として今年は9月1日にリレーイベントを行い、物品販売や啓発活動、ミニコンサートを伴って青森県保健大学の多目的グランドで開催したそうです。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

リレー・フォーライフ・ジャパンでは、”SaveLives”という考え方があり、医療行為による救命だけではなく、イベントに参加したり、寄付をすることで医療が発展し、間接的にも人の命を救うことによって、「魂を救う」という意味がこの言葉に込められており使命の一つとしてその理念を大切にしているそうです。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

そのイベントのひとつとして、がんで亡くなられた方や、がんと向き合っている人に向けたメッセージを書いた白い袋に明かりをつけて夜空を灯すというルミナリエという催しが行われています。

そのみんなの願いが込められたルミナリエをしっかりと慰めたいということで、数年前から実行委員会の方々から申し出があり、全ての人々の病気平癒と併せてルミナリエ焼納祭が執り行われています。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

今年も沢山のメッセージが届き、多くの関係者参列のもと真摯に祈りを捧げられました。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

例年であれば夕方の神事後に焼納祭が執り行われますが、台風の影響で風が強くなっていたため数日後の風が収まった際に行わせていただきました。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

皆さんの思いが煙と共に天高く昇っていきました。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

最後の一枚が燃えていくまでしっかりと思いを込めてお焚き上げすることが出来ました。

リレーフォーライフジャパンルミナリエ焼納病気平癒祈願祭

一人でも多くのがん患者が救われ治癒されることをお祈り申し上げます。

リレー・フォー・ライフ・ジャパン青森・・・http://rflj-aomori.com/

兵庫県の小野八幡神社本殿新築竣工祭に参列しました。

平成30年9月30日に兵庫県神戸市に鎮座する小野八幡神社本殿新築竣工祭に参列しました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

こちらの神社の宮司さんは新渡戸稲造の祖父であり三本木開拓で有名な新渡戸傅のご子孫の方で、長らく青森県で神職をされていました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

その際に、当神社先代と親しくされたご縁もあり、今回の竣工祭にご招待いただきました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

神戸市の中心である三宮の街中に鎮座する神社ですが、近年、開発と裏腹に氏子減少など、神社の護持運営が困難となってきており、将来に渡って神社を守るために再開発を受けるそうにしたそうです。

その際に境内の一部分を年数を決めて貸す代わりに神社を新築していただいたそうです。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

大変立派な社殿にて宮司さんと、息子さん、娘さんと共に親子で厳粛に竣工祭が執り行われました。

神事の中では、神職でありながら神道感を歌うシンガーソングライターの娘さんの歌も奉納されました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

様々な困難を超えて実現した計画の竣工に、時折、神職さんが涙をにじませるとてもよい神事でした。

終了後は近くのホテルにて直会が行われました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

社殿は竣工したものの、今後社務所や鳥居等の建築もまだあるということで、宮司さんの夢の一つでもあった赤い鳥居の建築を目指して、特別なカクテルが振る舞われました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

宮司さんからの感謝と御礼、そしてこれまでの苦労話などを加えて挨拶が述べられました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

引き続いて感謝の表彰が行われ、乾杯、祝宴となりました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

大変にぎやかになったところで、小野八幡囃子の合奏や娘さんの歌が披露されました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

兵庫県内各地の神職さんをはじめ、近郊の神職さん等も沢山来ていました。

小野八幡神社本殿新築工事竣工祭

最後は今後宮司を継ぐ予定の息子さんの熱い思いの締めにて楽しく終了しました。

この度の竣工、誠におめでとうございました。

舞姫会にて巫女舞講習会を行いました。

平成30年9月28日に巫女舞舞姫会にて講習会を行いました。

巫女舞講習会

舞姫会も3期が終わり4期目となり、より一層活動が増えてきたため、改めてしっかりと舞を学ぶ機会を設けるために講習会を開催しました。

巫女舞講習会

今回、同じ東北、山形県の舞の講師を務めている鶴岡市鎮座、荘内神社の神職さんにご指導いただきました。

巫女舞講習会

日頃、女子神職での会議、研修での交流をはじめ、当神社宮司と同期生ということもあり、そのご縁から今回お願いすることになりました。

巫女舞講習会

先ずは権禰宜が日中、指導をしてもらいました。

巫女舞講習会

他の伝統武芸などと同様に、同じ舞であっても解釈の違いによる形や動きの変遷、また、細かい作法等は常に変わっていくため、常にしっかりと指導を受けた講師から習わないといつの間にか独自の動きになってしまうことも多くあります。

巫女舞講習会

そのため、そのような現在進行形で指導されている動きなどを教えてもらいながら習いました。

巫女舞講習会

夕方からはいよいよ舞姫会での講習会となりました。

巫女舞講習会

今回、青森県の舞講師でもある五所川原鎮座の飯詰八幡宮の宮司さんも自身の舞姫2人を連れて来てくださいました。

巫女舞講習会

先ずは全員で恒例のはじめの会を行い、それから講師より自己紹介をして頂きました。

巫女舞講習会

これまでも真面目に稽古はしていましたが、新しい講師の方々からの直接の指導ということで、より一層緊張した面持ちで稽古に臨んでいました。

巫女舞講習会

また、他の地域の舞姫会も来てくれたことで、良い意味でお互いを意識するのか、張り合いも出ているようでした。

巫女舞講習会

一通り、全員で舞ってみたとことろで、早速講師の指導が入りました。

巫女舞講習会

根本的に異なる箇所は僅かですが、手の動きや角度、また向きの捉え方などは、これまでやってきたもの以上に細かく丁寧に説明いただきました。

巫女舞講習会

また、意識する場面や体の使い方などもわかりやすく、熱心に目と耳を傾けていました。

巫女舞講習会

指導を受けたらすぐ動く、また、動きながらも指導を受けるいった風に考えながら繰り返しました。

巫女舞講習会

舞姫達もいわれたことをしっかりと体現しようと一生懸命頑張っていました。

巫女舞講習会

講師もわかりやすく教えてくださるので、舞姫達もしっかりと理解できているようでした。

巫女舞講習会

僅かなことなのですが、それが直せるのと直せないのとでは大きな違いがある所作というのが沢山あります。

巫女舞講習会

それらのほんの少しの違いをどれだけ、理解して繰り返し、そして動作に近づけていくかがとても重要なことです。

巫女舞講習会

舞姫達もいつもと違う雰囲気に集中力を切らさずに熱心に参加していました。

巫女舞講習会

一生懸命なのと同時に、新しいことを学んでいるということに嬉しそうに舞っていました。

巫女舞講習会

集中して稽古しているとあっという間の休憩時間になりました。

巫女舞講習会

舞姫達もお話しができるのが興味津々のようでとても喜んでいました。

巫女舞講習会

いつも通り食前感謝の歌をうたって少しですが休憩としました。

巫女舞講習会

すっかり打ち解けたようで色々とお話ししていました。

巫女舞講習会

今日は折角の機会ということで楽しい休憩も早々に、すぐ稽古を再開しました。

巫女舞講習会

講師も一緒に舞いながら各々に指導していきます。

巫女舞講習会

休憩前に舞っていたのとは全く違うほど、急激に成長していました。

巫女舞講習会

日々の稽古の積み重ねに加えて、より細かい指導が入り、とても美しくなってきました。

巫女舞講習会

新しい刺激がとても良かったようです。

巫女舞講習会

最後は先生と講師による二人舞を披露しました。

巫女舞講習会

自分達が今、稽古したことを習得している先生方の優雅な舞にみんな感心していました。

巫女舞講習会

こうして、自分たちの目指すべき姿をしっかりと脳裏に焼き付けて、そのてイメージに近づけるようにこれからも稽古を大切にしていければと思います。

巫女舞講習会

そして、最後も恒例の終わりの会を開きました。

巫女舞講習会

講師先生方からも沢山のお褒めの言葉をいただき、より一層稽古に励む自信がついたことと思います。

巫女舞講習会

自分達の一言感想もいつも以上に、それぞれ思うことがあるようで、しっかりと前向きな反省をしていました。

巫女舞講習会

また、五所川原からわざわざ来てくださった舞姫達とも交流ができ、新たな親交を深めることができました。

巫女舞講習会

これで終わりではなく、これをきっかけにより美しい舞を探求してもらえればと思います。

巫女舞講習会

最後は先生方より、とても素敵なお菓子のプレゼントをいただきました。

巫女舞講習会

お忙しい中、荘内神社の石原講師、飯詰八幡宮の松野講師、ご指導いただきまして誠にありがとうございました。

荘内神社・・・http://jinjahan.com/

来年度に向けての会議を行いました。

平成30年9月23日に来年度に向けての会議を行いました。

当神社ではあまり会議を行うことはありませんが、職員も増えてやれることも多くなってきたため、来年度に向けてより神社に親しみをもってお参りできるための会議を行いました。

職員会議

主に、ここ数年で好評を得ていた教養講座の年間計画などで、活発な意見が交わされました。

代表の宮司は敢えて立ち会わず、より皆さんに近い目線で自由に意見を交わしてもらいました。

楽しそうな企画案が出ていましたので、ぜひ来年も楽しみにしていてください。

若葉町会(氏子町会)の花見会にご招待いただきました。

平成30年9月23日に氏子町会である若葉町会で恒例のお花見会が行われ参加してきました。

若葉町会の町会長さんは当神社の責任役員でもあり、他にも様々な地域団体の代表も数多く務められ精力的に活動sされている方です。

若葉町お花見会

毎年、地元のニュースメディアにも取り上げられている操車場横の数百メートルに渡って咲く花壇は今年もとても綺麗に咲き、近くを通る人々を楽しませんていました。

例年、中秋の名月の日に行っていましたが、昨年は諸事情で開催できなかったため、今年はお花見会という形で、とにかく皆さんが集まれる日に行われました。

若葉町お花見会

小さい子供から若い方、また、地元や近隣町会の方々も沢山来てバーベキューや、持ち寄った食べ物で賑わっていました。

若葉町お花見会

ひまわりもすくすくと伸びて、夕暮れと共に眠たそうにしていました。

まだまだ、咲いている花がありますので、良ければぜひ、通った際にでも花を眺めてみてください。

Page 12 of 530««...789101112131415161718...»»