ここから本文です

社務日誌

エルタス東北安全協力会で講話しました。

令和元年5月10日にエルタス東北安全協力会青森さんの定時総会における勉強会で講話しました。

エルタス東北さんは東北電力グループ企業として社宅や寮の管理をはじめ東北電力社員の福利厚生に資する企業を活動している会社で、安全協力会とは主に工事関係者で構成して工事の安全を確保している組織だそうです。

エルタス東北安全協力会 講話

今回、協力会さんの定時総会における勉強会でお招きいただきました。

例年であれば工事に関する勉強会を行うそうなのですが、今年は御代替りとなり新たな元号になったということ、また、会社が創立30年の佳節を迎えるということで違った内容にしたいとのことで依頼がありました。

エルタス東北安全協力会 講話

 

 

 

そのようなこともあり、今回は「御代替り」と「建築の神事」についてお話しさせて頂きました。

毎日、テレビや新聞で盛んに報道されているが、そもそも御代替りとはなにか、また、実際、何が行われてどんな意味を持っているのかなど素朴な疑問にお答えしました。

また、普段仕事柄、建築の神事に触れるのが多い反面いざ振り返ってみると、建築といってもどんな神事があってどんな意味があるのか、更に正しい拝礼作法等についてもお話ししました。

あっという間の一時間でしたが、質問も頂き皆さんよく聞いて下さりありがとうございました。

気軽に神社までお問合せください。

エルタス東北・・・http://www.eltas.info/

書道稽古が行われました。

令和元年5月9日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「身体」という字です。

以前も練習した字にはなりますが、書き慣れていそうに見える反面、意外とバランスを取るのが非常に難しい字となりました。

書道稽古

課題は新しいものになり、今回も楷書に加えてひらがなも混ざるという誤魔化しが効かない課題となりました。

結婚奉告祭が執り行われました。

結婚奉告祭が執り行われましたので一組ご紹介します。

結婚奉告祭

結婚奉告祭とは、ご両家の親族紹介や親族固めの盃などをして正式に執り行われる神前結婚式と違い、通常の安産祈願や厄除け祈願のように”おふたり”のみで結婚の奉告を神様に申し上げる神事です。

結婚奉告祭

令和になりはじめての結婚式は青空広がるとても清々しい日和となりました。

結婚奉告祭

今の時期だからこそ可能な令和、平成の額を持って撮影もしていました。

結婚奉告祭

新しい御代と共に、新しいお二人の生活が営まれる幸せに笑顔で溢れていました。

 

お二人の幾久しいご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

誠におめでとうございました。

神前式・結婚奉告祭について→http://hirotajinja.or.jp/kekkonshiki/

境内の桜が満開となっています。

令和元年4月末から5月境内の桜が満開となっています。

桜 満開

今年は例年より6日早咲きの予報となりましたが、天候や日当たりの関係もあってかちょうどゴールデンウィークに重なるようにして満開を迎えました。

桜 満開

今年の金生稲荷神社のソメイヨシノも花の付きがよく、一斉に咲いたため非常にきれいな形で咲いていました。

桜 満開

また、風も例年より弱い日が多かったため、散るのも例年より少なく長い間満開となっていました。

桜 満開

廣田神社側の実方桜も例年であらばソメイヨシノと少しずれて咲き始めますが、今年はあまり間をおかずに咲いたため境内中が桜に包まれました。

桜 満開

今年も見事な桜に道行く人々が立ち止まって眺めていました。

桜 満開

本数はすくないですが、見事な桜が境内に咲き誇りますので、ぜひ参拝がてらご覧ください。

『令和』御大典奉祝行事で境内が賑わいました。

令和元年5月1日の『令和』御大典奉祝行事で境内が賑わいました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

新元号となり新しい御代へとなった5月1日は朝日が昇る頃よりお参りの鐘が境内に響いていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

社務所を開く頃には境内にたくさんの参拝者がすで溢れていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

新しい元号へとなることが、国民にとっての新たな時代の始まりという希望に溢れた節目となっていることがひしひしと感じました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

本年は早咲きとなる予定の桜も見事に満開からの桜吹雪となり、末社の金生稲荷神社参道は桜の道が出来ていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

お参りされた方もひっきりなしに写真に納めていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

授与所も令和限定の御朱印を受けられる方で長い時には一時間以上お待ちいただく混雑ぶりで、正月のような忙しさとなりました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

平成から令和の御代は多くの笑顔の国民と共に歩み始める良い時代となりそうです。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

天皇陛下御即位奉祝 記帳

5月10日まで社殿前に「天皇陛下御即位奉祝」の記帳を設けていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

多くの方がお参りした後に記帳され、拝見してみると地元はもちろん、全国各地の方々が記されていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

『令和』限定御朱印

令和の典拠になった梅をあしらった令和限定の御朱印も御歴代天皇陛下図が載っているファイルと共に頒布しました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

関係者へのチラシとSNS上でしか告知はしていませんでしたが、御朱印史上最高の件数の頒布となり、早朝より社務所閉まるまで列をなしていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

その光景を取材しようと青森県の民放三社も取材に訪れ、参拝者にインタビューしていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

奉祝元号額

元号に親しんでもらおうと宮司謹書による歴代元号の書かれた額も用意しました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

明治、大正、昭和、平成、そして令和とどなたでも記念撮影できるように揃えました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

こちらも新元号の良い思い出となると、老若男女、家族連れからカップル、友人、様々な方が撮影していました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

どの方々も一様に笑顔に溢れ新し御代を寿ぎ迎えていました。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

驚いたのは小さな子供達が令和の額をみて新しい元号、令和だ、と話している場面をたくさん見掛けたことでした。

『令和』践祚改元 御大礼奉祝行事

新帝が国民に寄り添い、共に新たな御代を歩んでいきます。

Page 12 of 572««...789101112131415161718...»»