ここから本文です

社務日誌

桂渕神社(龍神宮)の例祭を執り行いました。

平成30年4月19日に外ヶ浜町桂淵に鎮座する桂渕神社(龍神宮)の例祭を執り行いました。

桂渕神社 祈年祭

桂渕神社は中師地区の端に鎮座しており、地元では龍神宮とも呼称され、かつて蟹田川の氾濫を鎮めるために水神を祀ったことから由来しているといわれています。

桂渕神社 祈年祭

他の氏神神社とは性格が少し異なり、周辺地域の七ヵ村に鎮座する、上小国小国神社、中小国加茂神社、下小国住吉神社、山本稲荷神社、南澤神明宮、大平八幡宮、外黒山稲荷神社の役員総代が輪番制で管理運営をしてご奉仕しています。

桂渕神社 祈年祭

神社の近くにはひっそりと沼があり、桂淵の由来になった伝説が残されています。

桂渕神社 祈年祭

今年は南澤地区の担当となり、神事の前に総会を開催して年間の決算、来年度の計画が審議されて承認されました。

各地区の自治会長はじめ、当番の氏子、また崇敬されている方が参列して今年一年の祈りを捧げました。

桂渕神社 祈年祭

神事終了後は直会となり、各地区の農作物や神社のお話しをしながら楽しく過ごしました。

桂渕神社 祈年祭

 

こうして各村が集合して一つのお社を守ると共に、大神様のもと交流を深めるのは素晴らしいことと思います。

崇敬者皆さんの益々のご健勝ご多幸をお祈りします。

会社事務所の神棚奉鎮祭を執り行いました。

平成30年4月18日に富士清ほりうちの神棚奉鎮祭を執り行いました。

神棚奉鎮祭

以前から神棚を祀っていたものの、改めてしっかりと御祈祷をして手を合わせたいということで奉鎮祭を執り行いました。

大正時代から続く青森市の老舗菓子問屋さんで現在では独自にお菓子も提供していたりするそうです。

神棚奉鎮祭

社員の皆さんがとても礼儀よく、挨拶やお迎え、お手伝いも丁寧にしてくださいました。

御神前には通常の神饌のほかに、会社で提供しているお菓子も一緒にお供えして神様にお召し上がりいただきました。

神棚奉鎮祭

社長をはじめ社員皆さんで、会社の繁栄、健勝の祈りを玉串に込めて奉っていました。

神棚奉鎮祭

終了後には倉庫も祓い清めました。

益々のご繁栄とご健勝をお祈り申し上げます。

富士清ほりうち・・・http://www.fujiseinet.co.jp/

会社事務所にて商売繁昌祈願祭が執り行われました。

平成30年4月18日に藤聖工業、木聖建設の会社事務所にて商売繁昌並び工事安全祈願を執り行いました。

毎年、両会社の事務所にて社員揃って合同で祈願をしています。

商売繁昌祈願祭

今年も社長を始め社員の方が参列して商売繁昌、工事安全の願いをこめて玉串を奉りました。

年々、大過無く過ごせているとお話ししていました。

益々のご繁栄と工事の安全をお祈り申し上げます。

寒川神社東北嶽東会が開催されました。

平成30年4月16~18日に掛けて寒川神社東北嶽東会(がくとうかい)が山形県で開催されました。

東北嶽東会

嶽東会とは八方除総鎮護として全国より崇敬を集める、神奈川県の寒川神社の旧職員で構成される会で、その中でも東北出身の旧職員で結成された会が東北嶽東会になります。

東北嶽東会

5年程前に結成されてから東北各県を毎年まわり、会員同士の親睦を図るとともに各県神社の視察参拝や、情報の共有などによる斯界の発展を望むべく行われいてます。

東北嶽東会

昨年の秋田県に続き、今年は山形県となりました。

東北嶽東会

初日は天童市の温泉に宿泊して、久しぶりの再会に、会員同士いつまでも話が尽きないほど、楽しく懇親を深めました。

また、今年は寒川神社から新しく就任された権宮司さんもお越し頂き、より話に花が咲きました。

東北嶽東会

二日目は会員が奉職している谷地八幡宮へ参拝に向かいました。

谷地八幡宮の社家である林家は、1200年以上の歴史を持つ独自の舞楽を現代にも連綿と世襲している名家であり、そのこともあって境内地には石舞台があったり、社殿内にも立派な舞台があったりと歴史の重みを感じました。

東北嶽東会

朝早い時間にもかかわらず、正式参拝に加えて様々な案内を丁寧にして頂きました。

続いて林家で代々演舞している山形の古寺である慈恩寺にも参拝して、住職に案内頂きました。

東北嶽東会

国宝や重要文化財など沢山の仏像などを詳しく説明頂きました。

東北嶽東会

続いて隣接する寒河江市の寒河江八幡宮へ参拝しました。

自由参拝となりましたが女性の宮司さんがお迎えくださいました。

東北嶽東会

例祭で渡御される神幸祭のお神輿は2トンもあるそうで100人で担いでも重さを感じるそうです。

東北嶽東会

巡拝の後、名物の蕎麦屋にて昼食をいただき、仙台駅へ向かう途中だからということで、ニッカウィスキーの仙台工場へも立ち寄りました。

東北嶽東会

時間がありましたのでガイドに案内してもらいましたが、創業した竹鶴正孝のウィスキーつくりに対する精神が、正しく日本古来の神道的で勉強になりました。

東北嶽東会

あっという間の会でしたが、一年に一度、こうして同じ神社へ奉仕した繋がりだけでご縁を頂き、楽しく学ばせていただきながら懇親を深められるのはとても有意義な時間です。

また来年も楽しみにしております。

人形供養感謝祭を執り行いました。

平成30年4月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

今月は新年度を迎える人も多いからか人形が沢山納められました。

人形供養感謝祭

参列者の方々が懇ろに感謝の祈りを捧げていました。

人形供養感謝祭

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

人形供養感謝祭

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

Page 12 of 496««...789101112131415161718...»»