ここから本文です

社務日誌

天皇陛下御即位三十年奉祝奉告祭を執り行いました。

平成31年2月24日に天皇陛下御即位三十年奉祝奉告祭を執り行いました。

天皇陛下に於かせられましては御即位三十年をお迎えになられました。

天皇陛下御即位三十年奉祝奉告祭

平成の御代と共に国の隆昌、世界の平和、人々の安寧を祈られてきた姿に多くの人々が感銘を受けてきました。

天皇陛下御即位三十年奉祝奉告祭

いよいよ今年、御譲位なされます。

弥益々に皇室の弥栄を祈念申し上げます。

天皇陛下勅語(お言葉)天皇陛下御在位三十年記念式典 平成31年2月24日(日)於 国立劇場

在位三十年に当たり,政府並びに国の内外から寄せられた祝意に対し,深く感謝いたします。

即位から30年,こと多く過ぎた日々を振り返り,今日こんにちこうして国の内外の祝意に包まれ,このような日を迎えることを誠に感慨深く思います。

平成の30年間,日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ,近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが,それはまた,決して平坦な時代ではなく,多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました。世界は気候変動の周期に入り,我が国も多くの自然災害に襲われ,また高齢化,少子化による人口構造の変化から,過去に経験のない多くの社会現象にも直面しました。島国として比較的恵まれた形で独自の文化を育ててきた我が国も,今,グローバル化する世界の中で,更に外に向かって開かれ,その中で叡智えいちを持って自らの立場を確立し,誠意を持って他国との関係を構築していくことが求められているのではないかと思います。

天皇として即位して以来今日こんにちまで,日々国の安寧と人々の幸せを祈り,象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました。しかし憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く,これから先,私を継いでいく人たちが,次の時代,更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め,先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています。

天皇としてのこれまでの務めを,人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした。これまでの私の全ての仕事は,国の組織の同意と支持のもと,初めて行い得たものであり,私がこれまで果たすべき務めを果たしてこられたのは,その統合の象徴であることに,誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と,過去から今に至る長い年月に,日本人がつくり上げてきた,この国の持つ民度のお陰でした。災害の相次いだこの30年を通し,不幸にも被災の地で多くの悲しみに遭遇しながらも,健気けなげに耐え抜いてきた人々,そして被災地のかなしみを我が事とし,様々な形で寄り添い続けてきた全国の人々の姿は,私の在位中の忘れ難い記憶の一つです。

今日この機会に,日本が苦しみと悲しみのさ中にあった時,少なからぬ関心を寄せられた諸外国の方々にも,お礼の気持ちを述べたく思います。数知れぬ多くの国や国際機関,また地域が,心のこもった援助を与えてくださいました。心より深く感謝いたします。

平成が始まって間もなく,皇后は感慨のこもった一首の歌を記しています。

 ともどもにたひらけきを築かむと諸人もろひとのことば国うちに

平成は昭和天皇の崩御と共に,深い悲しみに沈む諒闇りょうあんの中に歩みを始めました。そのような時でしたから,この歌にある「言葉」は,決して声高に語られたものではありませんでした。

しかしこの頃,全国各地より寄せられた「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」という静かな中にも決意に満ちた言葉を,私どもは今も大切に心にとどめています。

在位三十年に当たり,今日こんにちこのような式典を催してくださった皆様に厚く感謝の意を表し,ここに改めて,我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

安全祈願祭を執り行いました。

平成31年2月22日に毎年恒例の青森県採石事業協同組合連合会さんの安全祈願祭を執り行いました。

春の兆しを感じさせる晴れ晴れとした天気のもと、青森県内各地より採石事業者の代表者が集まり一年の安全祈願し、安全確認の講習会が行われました。

青森県採石事業協同組合連合会 安全祈願祭

今年も採石事業関係者が一堂に会し、それぞれ真摯に念を込めて玉串を奉り拝礼をしていました。

青森県採石事業協同組合連合会 安全祈願祭

時代が進んで科学技術が向上しても危険な作業になることが多い採石事業だからこそ、神事を執り行い初心に帰り安全第一を誓い、そして祈ることが大切です。

ここ9年近く大きな事故も発生していないようで、これからも安全に作業していきましょうとの話がされていました。

青森県採石事業協同組合連合会 安全祈願祭

安全に作業するという誓いを立て、毎年欠かさず執り行う姿勢は仕事に対する信頼できるものであり大変立派なことです。

今年も怪我なく事故無く、青森県採石事業協同組合連合会皆様の事業安全を祈念申し上げます。

青森大学硬式野球部の必勝祈願が執り行われました。

平成31年2月21日に青森大学硬式野球部の必勝祈願祭が執り行われました。

青森大学硬式野球部 必勝祈願

青森大学硬式野球部は、これまでプロ野球や社会人へ進む選手を輩出しており、東北でも名の知れた強豪です。

昨年度より当神社で新しい年度が始まる前に関係者揃い必勝祈願と怪我防止の安全を祈願しています。

青森大学硬式野球部 必勝祈願

今年のチームスローガンは、【新時代 ~王者復活への道~】と決定し、全日本大学野球選手権大会出場権獲得を目標に日々練習に励んでいるそうです。

青森大学硬式野球部 必勝祈願

今年も169名ぼ部員の内、120名近くの監督、コーチ、部員等が集合し、監督に合わせて一心に玉串に祈念して拝礼されました。

青森大学硬式野球部 必勝祈願

今年度も怪我なく事故無く心を一つにして目標を達成できるようお祈り申し上げます。

青森大学硬式野球部・・・http://kitatohoku-u.umineco.jp/team/?t=3

献花されたお花を紹介します。

平成31年1月に池坊・横嶋梨峰先生から献花されたお花をご紹介します。

これまで長年に渡って神社へ献花頂いていた池坊・葛西栄峰先生が平成30年8月30日に95歳で帰幽されました。

献花

そのこともあり、暫く社務所での飾りは控えていましたが、50日を過ぎてからお弟子さんであった池坊・横嶋梨峰先生の跡を継いでこれから献花して頂けることになりました。

紹介は遅れてしまいましたが、年末から社務所に定期的に飾ってくださり、また正月には廣田神社並び金生稲荷神社へのお花も活けてくださいました。

献花

先々代宮司の頃より長年に渡って神社へ奉仕尽くしてくださった池坊・葛西栄峰先生は残念ながら永眠なされてしまいましたが、その跡を継いだお弟子さんが活けられる花は正しく栄峰先生が活けていたお花を彷彿させるほど似ていました。

身は朽ちたとしても守り伝えてきた思いはしっかりと後世に息づき、いつまでも変わらずにその姿を現しています。

花も同じように寿命尽きて散ったとしても、その美しかった姿は見た人の心にいつまでも宿り続けます。

 

 

お花をご覧になりたい方は気軽に廣田会館までお越し下さい。

新築住宅の新宅祭(竣工祭)が執り行われました。

平成31年2月15日に新築住宅の新宅祭(竣工祭)が執り行われましたのでご紹介します。

長閑な天気のもと気持ちよく斎行することが出来ました。

そのこともあってか、赤ちゃんも神事中すやすやと寝ていましたが、ご家族一緒にこれからの安寧を祈っていました。

新宅祭

 

新しく家を建る際には、地鎮祭上棟祭(棟上げ)新宅(竣工)と神事を執り行い、地鎮祭では土地の神様、上棟祭では建築の神様、新宅祭では氏神様など多くの神様へのご奉仕を経て幾久しく見守っていただけるよう祈念いたします。

日々神棚へ向かいご家族揃って手を合わせて、家を大切にしながら暮らせば必ずやご加護賜ることと思います。

事故怪我無く無事完成し、神様が家へお鎮まりになりましたこと誠におめでとう御座いました。

住宅に関するお祓い・・・http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai-other/#syucho

 

Page 12 of 557««...789101112131415161718...»»