ここから本文です

社務日誌

若葉町会(氏子地域)の新年会にご招待いただきました。

平成31年1月26日に廣田神社の氏子町会である若葉町会の新年会にご招待いただきました。

若葉町会は当神社の責任役員が町会長をつとめている町会で、花壇づくりや町内活動が評価されて毎年様々な賞を受けています。

若葉町新年会

青森市内でも人口や地域範囲も小さい上に高齢者が多い町会ですが、町会長さんをはじめ皆さんが積極的に活動しているため、行事はいつも沢山の人が参加しています。

毎年、来賓として招待頂いていますが、今年は用事が重なり遅れての出席となりましたが、まだまだ盛り上がっていました。

若葉町新年会

今年も毎年恒例の抱腹絶倒の金多舞次郎による芸も披露され、会場全体が笑いで包まれました。

その後はカラオケ大会になり、全員で合唱して楽しんでいました。

若葉町新年会

とても元気な町会で、毎年楽しく過ごさせてもらっています。

これからも町会皆様のご健勝ご多幸をお祈りいたします。

抜刀術の奉納演武が執り行われました。

平成31年1月26日に災厄を祓い長久平和を祈願して抜刀術の奉納演武が行われました。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

昨年に引き続き、抜刀術演武を奉納されたのは関口流抜刀術(いあい)範士八段位の早川尚彦氏さんでした。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

早川さんは肥後熊本細川藩十七代師範並び、松平和泉守西尾藩十二代宗家だそうで、現在は青森市内に神心舘道場を開かれて指導しているそうです。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

県内外の様々な場所で奉納、演武されてきたそうで、青森市内ではこれまで善知鳥神社で奉納されていましたが、3年程前から当神社でも奉納されるようになりました。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

今年はまず境内にて四方に座す神々を奉り口上を述べた後に天地を清める「射礼の儀」を執り行う予定だったそうですが、奉仕者の方が体調不良のため、社殿での抜刀術での居合演武のみとなりました。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

拝殿ではまず、昨年同様に青森大学忍者部の演舞が行われました。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

続いて奉納奉告祭を執り行い玉串を奉り、しっかりと神様に奉納する旨を報告いただきました。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

演武では先ず奉納する旨の祭文が読み上げられました。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

その後、九事真言と呼ばれる剣の気によって魔を退散させ災厄を除く抜刀術が披露され、四方に太刀を下ろして浄め祓い安寧を祈願されました。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

そして、最後に法螺貝で吹奏していました。

関口流抜刀術奉納奉告祭並び青森大学忍者部演武

真剣な演武に、参列された多数の方々も緊張した面持ちで見ていました。

来年も奉納頂けるそうですので、予定が分かればご紹介したいと思います。

誠にありがとうありがとうございました。

ラインメール青森FCの必勝祈願祭が執り行われました。

平成31年1月25日にラインメール青森FCの必勝祈願祭が執り行われました。

ラインメール青森FC 必勝祈願

Jリーグ参画を目指している、青森市のサッカーチームである株式会社ラインメール青森FCの必勝祈願が昨年に続き行われました。

ラインメール青森FC 必勝祈願

今期はJFL(日本フットボールリーグ)年間10位という成績でしたが、昨年より「チャレンジ2020」と称して東京オリンピックに併せてJリーグ昇格の数ヵ年計画を掲げているそうです。

ラインメール青森FC 必勝祈願

また、一般社団法人から株式会社へと変更になり、一層充実した運営を目指していくそうです。

ラインメール青森FC 必勝祈願

昨年から全く新しいチームとなりましたが、着実に成長しているそうですので、このまま今年は更に飛躍することを期待しています。

ラインメール青森FC 必勝祈願

関係者はじめ、監督、選手みな真剣な面持ちで玉串に必勝の願いを込めて奉っていました。

ラインメール青森FC 必勝祈願

神事終了後は監督、キャプテン共に多くの取材を受けて、来年の抱負をしっかりと語っていました。

ラインメール青森FC 必勝祈願

J3へと昇格するためには成績だけではなく、多くの市民による応援の力も必要不可欠です。

ぜひ、今シーズン皆で応援に行きましょう。

ラインメール青森FC・・・http://reinmeer-aomori.jp/

青森県神道青年会の役員会並び新年会に参加しました。

平成31年1月21日に青森県神道青年会の役員会並び新年会に参加しました。

青森県の青年神職で構成される青森県神道青年会の役員会がアートホテル弘前シティにて開催されました。

全国で活動する青年会の事業状況や、東北での開催事業、また、本県での事業などを確認、また、審議しました。

また、28日に開催する県内神職合同の新年会になる新年会互礼会の下見も兼ねました。

終了後は、新年初の顔合わせということで、新年会を開催して楽しく将来の会について語り合いました。

節分祭の福豆を奉製しました。

平成31年1月21日に節分祭で撒く福豆を奉製しました。

青森市では節分祭で撒く豆は落花生が一般的なため、当神社も落花生をしようしています。

節分祭 福豆奉製

その撒かれた落花生は持ち帰る際に、綺麗な状態で拾って欲しいため、透明なビニールに詰めて、まとめたものを大量に奉製して撒いてもらっています。

節分祭 福豆奉製

毎年、神職や助勤で奉製していましたが、より氏子地域の方々に親しみをもってもらいたく、今年から福豆の奉製を氏子の方々に奉仕してもらうようお願いしてみました。

節分祭 福豆奉製

ひとえに節分祭が盛大になっているのも、地域の会社や団体の素晴らしい奉納協賛が寄与するところで、お祓いされたその物品を縁起物として頂きたいという氏子さんとの地域に根差した取り組みからです。

節分祭 福豆奉製

そうしたところ、広田町会や若葉町町会から10人近い氏子さんが参集してご奉仕下さいました。

節分祭 福豆奉製

はじめての人同士もたくさんいましたが、福豆をつくっていると、自分たちも福をもらっているのか、とても楽しそうに和やかにお話ししながら皆さん作っていました。

節分祭 福豆奉製

一袋ずつ真心こめて奉製された福豆ですので、ぜひ、ご家族、ご友人揃ってお越し下さい。

節分祭のご案内・・・http://hirotajinja.or.jp/page-4666/

Page 2 of 541123456789101112...»»