ここから本文です

社務日誌

人形供養感謝祭を執り行いました。

令和2年7月16日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

今月も多くの人形が納められました。

人形供養感謝祭

感謝の気持ちを持って慰霊されたいと参列される方もいらっしゃいました。

人形供養感謝祭

玉串に祈りを込めて奉り、ご拝礼いただきました。

人形供養感謝祭

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

清水天満宮の例祭並び山神祭が執り行われました。

令和2年7月12日に青森市地水地区に鎮座する清水天満宮の例祭並び山神祭が執り行われました。

清水天満宮 例祭並び山神祭

毎年、例祭前に周辺の山に鎮座している神社にて山神祭が執り行われますが、昨夜からの土砂降りのため、参道がぬかるみが酷く危険な状況のため、里のお宮で併せて行うことになりました。

清水天満宮 例祭並び山神祭

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、斎行するか否か直前まで協議されましたが、自己予防に努めながらしっかりとお祈りしようといことで、例年通り斎行することになりました。

清水天満宮 例祭並び山神祭

山神祭を現地で行えなくなってしまいましたが、山の麓まで行き遥拝の形式でも拝みました。

清水天満宮 例祭並び山神祭

その後、里宮に戻り、山神祭用の神饌も併設してお供えしました。

清水天満宮 例祭並び山神祭

例祭ではこのような状況でも多くの方が参列してくださいました。

清水天満宮 例祭並び山神祭

直会も行うか協議されましたが、何もかも中止になってしまい、交流がなくなってしまうということで、細心の注意を払いながら行うことにしました。

清水天満宮 例祭並び山神祭

久し振りのこうした会食に、皆さんとても楽しく過ごしていました。

清水天満宮 例祭並び山神祭

皇室の弥栄と国の隆昌、地域の発展、氏子のご多幸をお祈り申し上げます。

舞姫会の稽古を行いました。

令和2年7月10日に舞姫会の稽古を行いました。

舞姫会 稽古

今日も元気にみんな集まってくれました。

舞姫会 稽古

先ずは玉串拝礼をして稽古の始まりを神様に奉告しました。

舞姫会 稽古

二週間後にはいよいよ金魚ねぶた献灯祭の本番となるため、装束の畳み方を皆で確認しました。

舞姫会 稽古

舞姫会は何事も自分で考え、自分のことは自分でなるべく行うことを大切にしています。

舞姫会 稽古

ですから、自分の衣装も自分自身でしっかりと畳めるようにします。

舞姫会 稽古

また、自分でも白衣袴を着られるようにも指導していまします。

舞姫会 稽古

新しく入会した舞姫もみんなに教えてもらいながら一生懸命頑張っていました。

舞姫会 稽古

本番の着付けの際に髪飾りに使用する水引も皆で好きなものを選びました。

舞姫会 稽古

衣装を合わせることで、徐々に本番の雰囲気にもなってきました。

舞姫会 稽古

一通り衣装合わせをしたところで、少ない時間ですが稽古もしました。

舞姫会 稽古

一挙手一投足、集中しながら稽古に臨んでくれました。

舞姫会 稽古

当日は一人舞で舞いますが、しっかりと息を合わせられるように気を付けました。

舞姫会 稽古

コロナ禍の影響で稽古も短縮しているため、あっという間に終わりの会になりました。

舞姫会 稽古

習った作法をしっかりと身に付けて拝礼しました。

舞姫会 稽古

舞を通して礼儀作法も教えていますので、今日は最後に立ち方、座り方を指導しました。

舞姫会 稽古

流石若いだけあってとてもスムーズに動けていました。

舞姫会 稽古

こういった普段の作法も大切にしていきたいと思います。

水みくじのお花を新しくしました。

令和2年7月10日に水みくじのお花を新しくしました。

今回は前回とはまた違った雰囲気の夏らしい花をあしらってみました。

水みくじ 花鉢

今回はバラが多めのため、綺麗な状態を保つのは短くなるかとは思いますが、可愛らしい花が並べられました。

水みくじ 花鉢

 

ぜひ、参拝がてらご覧ください。

また、こちらも優しく扱っていただければ水みくじを浸すのも可能です。

書道稽古が行われました。

令和2年7月9日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「限定」という字です。

書道稽古

大分、太い字を書くのに感覚も取り戻し始めてきました。

書道稽古

課題は新しいものになりましたが、今回も楷書中心で基本に則った運筆が重視されました。

 

Page 3 of 650123456789101112...»»