ここから本文です

社務日誌

書道の稽古が行われました。

平成29年7月6日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「唐牛」という字です。

書道 稽古

牛という字が画数が少ないため簡単なように見えますが、真ん中の線と横の線が違和感なく揃えるのが大変難しい字でした。

書道 稽古

今月から新しい課題になりましたが、今回も楷書に近い字でまたまた基本的な筆遣いが見られる作品となりました。

 

歯固め石の御神木を植樹しました。

平成29年7月5日~6日に歯固め石の御神木を植樹しました。

歯固め石御神木

氏神様から命を賜ると、初宮詣(はつみやもうで)といって男の子は生後31日目、女の子は生後32日目(青森市は男の子120日目、女の子110日目)に氏神神社にお参りしてご祈祷を受け、無事出産した感謝と健やかに成長するよう祈願します。

歯固め石御神木

初宮詣が終わると、お食い初めといって家族が集まり、御膳を用意して赤ちゃんに食べさせる作法をすることで、これから先食べ物に困らないようにと縁起を担ぐ儀式が行われます。

お食い初めの儀式を行う際に、神社の境内から借りた小石に御膳の箸を付けてから始めることで、丈夫な歯が生えるようにと願いを掛けますが、その際に使用する石を歯固め石といいます。

歯固め石御神木

これまで廣田神社では専用の石を用意していなかったため、基本的にお渡ししていませんでしたが、赤ちゃんの将来を大切にするご家族が多く、要望が多く寄せられていたことから、この度、歯固め石をつくることにしました。

そこで歯固め専用の石を用意して、更に出世に縁起の良い木とされるイチイの木を一緒に添えることで、皆さんの願いを受けながら何百年に渡り育まれて御神木となっていくようにと植えました。

歯固め石御神木

所説ありますが、イチイの木を使用した笏(しゃく/古来官位ある人物が持つ細長い木の板)を朝廷に献上したところ、正一位の位を賜ったことからその名がつけられ、現在でも神職が持つ笏の中でも最も高尚な素材の一つと言われています。

そのことから今回、イチイの木を選定しました。

歯固め石御神木

場所は完成しましたがまだ準備中となります。

今月中には初宮詣のご祈祷を受けられた方にはお渡しできるように準備しますので、それまで今しばらくお待ち下さい。

青森県神職教養研修会に参加しました。

平成29年7月4日に青森県神職教養研修会に参加しました。

青森県神職教養研修会

青森県神職教養研修会は神職としての教養を高めるために一年に一度開催され、3年を一つの区分にしてテーマを決めて研修が行われています。

今年は神道の葬式である神葬祭について勉強する3年目の最後の年ということで五所川原サンルートホテルを会場にして開催されました。

青森県神職教養研修会

初日は開会式を行い、始めに出羽三山神社権宮司の安部良一先生より「出羽三山のよみ甦り信仰」と題してお話し頂きました。

東日本屈指の由緒ある古社ですが山伏の思想が色濃く残されている中で、死に対する思想を一年の神事、行事を通してわかりやすく説明してくださいました。

青森県神職教養研修会

続いて國學院大學神道文化学部専任講師の星野光樹先生より「明治以降の神葬祭と霊魂観」と題してお話し頂きました。

国学者等から見る神葬祭のお話しを、それぞれの関係性や時代の背景などを踏まえながら説明されました。

講義終了後は夕拝の神拝行事で一日目は終了しました。

青森県神職教養研修会

二日目は朝拝後、猿賀神社宮司の山谷敬先生より「平成の御代替わり奉祝行事回顧」、神道政治連盟青森県本部長の桑原一夫先生より「神道政治連盟時局報告」についてお話し頂き研修会を閉会しました。

私たち神職も常に勉強を通して教養、知性を高め、日々の神明奉仕と氏子崇敬者の教化に努めていかなければなりません。

これからより関わることが多くなるであろう神葬祭について充実して勉強することが出来ました。

着物サークルの参拝がありました。

平成29年7月4日に着物に親しみ楽しむサークルの参拝があり境内を案内しました。

着物サークル 参拝案内

半年ほど前に着物に親しみもっと気軽に楽しめるようにと、友人同士で会を作られたそうです。

着物サークル 参拝案内

今回は神社の歴史や参拝作法を知りたいということで、境内を安心しながら様々なお話しをしました。

着物サークル 参拝案内

皆さん神社にお参りしたことはあるそうなのですが、いざ作法や神社の歴史というと全く知らないということで声を掛けられたそうです。

着物サークル 参拝案内

折角の機会ということで、普段は中々入ることのない社殿の中にも案内して参拝説明しました。

着物サークル 参拝案内

着物を楽しむ会ということで、皆さんそれぞれ素敵なお召し物に神社の雰囲気にぴったりでした。

着物サークル 参拝案内

「今まで敷居が高くてなかなか来れなかったけど、気軽に参拝にきてもいいんですね。」とお話されてました。

ぜひぜひ、いつでも神社にご参拝ください。

神職もご祈祷などがなければ、お声掛けいただければいつでも神社のお話しをいたします。

またお待ちしております。

敬神会による定例清掃奉仕が行われました。

平成29年7月2日に敬神会(廣田神社を崇敬する団体)会員による定例清掃奉仕が行われました。

敬神会 清掃奉仕

今月は色々な地域の行事も重なったようで、いつも来て下さる親子での奉仕となりました。

敬神会 清掃奉仕

先月の例大祭前に刈った草も一ヶ月も経たずに伸び始めていましたので廣田苑の草刈りをお願いしました。

敬神会 清掃奉仕

所定の時間になり朝拝に参列頂き、恒例の神職講話を行いました。

敬神会 清掃奉仕

朝拝後再び廣田苑の草刈りをしましたが、一生懸命に奉仕して下さいました。

敬神会 清掃奉仕

お蔭様で大変綺麗になりました。

敬神会 清掃奉仕

終了後は冷たいお茶とお菓子で暑さを和らいでもらいました。

敬神会 清掃奉仕

ご奉仕ありがとうございました。

来月も第一日曜日の8月6日(日)に開催いたします。

会員外でも参加できますので気軽にお越し下さい。お待ちしております。

敬神会会員募集

年会費

一般会員 1,200円(個人)

賛助会員 5,000円(個人)

特別会員 10,000円(個人・団体・法人)

名誉会員 30,000円(個人・団体・法人)

会員には例大祭に特別に参列できる他、様々な催しの案内をさせて頂きます。

入会希望の方は廣田神社社務所までお越し下さい。

Page 3 of 433123456789101112...»»