ここから本文です

社務日誌

舞姫会の稽古が行われました。

平成30年6月1日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

新しく入会した舞姫達もすっかり馴染んできていました。

舞姫会 稽古

何事も経験が大事ということで新しい舞姫達にもどんどん所役をやってもらっています。

舞姫会 稽古

今年初めての奉納となる宵宮が間もなくとなっているため、早速舞の稽古にはいりました。

舞姫会 稽古

はじめてにもかかわらず、新しい舞姫達が舞えているので、一度あまり回りが見えない配置で舞ってみました。

舞姫会 稽古

そのことで、自分自身でどこの部分が覚えていて、どこの部分があいまいなのか感じてもらいました。

舞姫会 稽古

不安そうな顔をしていましたが、まだ2、3回とは思えない程覚えていました。

舞姫会 稽古

先に入っている舞姫達と出来ることに差があるのは当たり前で、先ず、自分がどのように成長していかなければならないのか考えてもらいました。

舞姫会 稽古

それでもめげずにしっかりと最後までついてきてくれました。

舞姫会 稽古

一旦、全員で舞ってみたところで、新しい舞姫達には見学してもらいました。

舞姫会 稽古

また、当日は所定の位置についてからではなく、参進してからの舞になるため、どのような配置に移動していくのかも見てもらいました。

舞姫会 稽古

新しい舞姫達にしっかりとした姿を見せないといけないと思っているのか、いつもより堂々と、丁寧に相手にも教えるかのように舞っていました。

舞姫会 稽古

新しい風が吹いたことで、先に入っていた舞姫達にとっても良い刺激となっています。

舞姫会 稽古

次は実際に混ざって行ってみました。

舞姫会 稽古

また、当日演奏してくださる山口流篠笛奏者の山口汐花先生も合流され、演奏を付けてもらいました。

2018-05-31 114k

CDで流す音楽で舞うのと、実際の本物の笛で舞うのとは勝手が違うようでした。

舞姫会 稽古

それでも、周りが見える配置になるとしっかりと追い付いて舞っているため、当日は堂々としていれば問題なく舞えると思います。

舞姫会 稽古

もう一度新しい舞姫には見学してもらいました。

舞姫会 稽古

実際に本物の笛と合わせるとどのような感じになるのか見てもらいました。

舞姫会 稽古

CDとは違い、より緊張感が生まれて素晴らしい舞となりました。

舞姫会 稽古

そうこうしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。

舞姫会 稽古

待ちに待った休憩タイムでしたが、今日の本番が近いため、飲み物だけの休憩にしました。

舞姫会 稽古

それでも手際よく準備してくれるため、あっという間に完了しました。

舞姫会 稽古

しっかりと歌をうたい、楽しく懇談しました。

舞姫会 稽古

山口先生もこられたということで、舞姫達も久し振りの再会に嬉しそうでした。

舞姫会 稽古

喉を潤したところでお片付けを皆でしました。

舞姫会 稽古

そして、最後に一度みんなで舞いました。

舞姫会 稽古

今はとにかく、舞になれることが大事なので数をこなしていきます。

舞姫会 稽古

これまでの舞姫達も責任感がついて、間違ったところがあれば優しく指導していました。

舞姫会 稽古

はじめての参進にもかかわらず良く出来ていました。

舞姫会 稽古

時間が過ぎてしまったので、一度舞をして終了となりました。

舞姫会 稽古

山口先生にも御礼を述べて終わりの会へと準備しました。

舞姫会 稽古

舞姫会では自分の言葉で自分のことを話すことを大切にしています。

舞姫会 稽古

最後の一言感想も戸惑いながらも自分の言葉をきちんと発してくれていました。

舞姫会 稽古

いよいよ残り2週間ほどです。

皆で良い舞が奉納できるよう頑張っていきます。

6月(水無月 みなづき)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の水無月(みなづき)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

水無月 月次祭

雨が降ったお蔭で少しひんやりとした境内でした。

水無月 月次祭

暑い日が続いてきたので、境内の木々は雨の恵みに嬉しそうな美しい新緑を見せていました。

6月の主な年中行事

水無月 月次祭

水無月 月次祭

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆パラオ共和国慰霊参拝並び調査 27日~6月1日・・・パラオ共和国にて先の大戦で眠っている英霊の慰霊参拝並び戦跡の調査を行います。

◆舞姫会稽古 1日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆NHKカルチャーセンター講座 2日・・・NHKカルチャーセンターで宮司が講座を開設しています。

◆敬神会清掃奉仕 3日・・・廣田神社を崇敬する団体「敬神会」の会員等による清掃奉仕活動です。はじめに朝拝に参加し神職講話も行われます。

◆蟹田十三社総会 3日・・・宮司が兼務している外ヶ浜町蟹田方面の13社の責任役員から構成される組織の総会です。

◆津軽神楽稽古 5日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財に指定されている津軽神楽の稽古です。

◆神宮参与同評議員会並び伊勢神宮崇敬会代議員会 7~8日・・・伊勢の神宮で行われる評議員の会議に宮司が出席します。

◆舞姫会稽古 8日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆金生稲荷神社例祭 10日・・・末社の金生稲荷神社の例祭が数十年ぶりに斎行されます。

◆金沢小学校自主研修応対 11日・・・金沢小学校高学年の自主研修の応対をします。

◆内真部大山祗神社 例祭・山ノ神 12日・・・青森市内真部に鎮座する内真部大山祗神社の1年で最も重要なお祭りの例祭と、山の恵みに感謝する山神祭が執り行われます。

◆東北六県女子神職協議会総会並び研修会 13~14日・・・女性神職の東北六県の協議会並び研修会が行われます。

◆書道稽古 14日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆人形供養感謝祭 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆舞姫会習礼 15日・・・宵宮に奉納する舞を本番と同様に舞って稽古します。

◆奉納提灯設置奉仕 16日・・・役員、総代、世話人、町会長等のご奉仕で例大祭の奉納提灯が境内に掲げられます。

◆広田町会並び敬神会合同清掃奉仕 17日・・・氏子町会の広田町会の皆さんと敬神会の皆さんが例大祭を前に清掃奉仕をされます。

◆第三十五回東北六県神社庁関係者連絡協議会 18日・・・東北六県の神社庁関係者の連絡協議会が開催されます。

◆例大祭 前夜祭(宵宮) 19日・・・例大祭が無事斎行されるよう祈願する前夜祭が執り行われ、夕方より多数の露店の出店、奉納演芸、各種イベントが境内で行われます。

◆例大祭 20日・・・1年で最も重要なお祭りで皇室の弥栄、国の隆昌、氏子の繁栄を祈願し、県無形民俗文化財である津軽神楽が奉納されます。

◆奉納提灯撤去奉仕 21日・・・役員、総代、世話人、町会長等のご奉仕で例大祭の奉納提灯の撤去が行われます。

◆舞姫会稽古 22日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆総合避難訓練 23日・・・年2回神社にて起こる災害を想定した避難訓練を神職、職員で行っています。

◆茅取り奉仕 26日・・・夏越大祓式で使用される茅の輪の茅を清水天満宮へ採取に行きます。

◆書道稽古 28日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆夏越大祓式 30日・・・大祓詞を唱えて茅の輪をくぐることによって心身の半年分の罪穢れを祓い清めます。

水無月 月次祭

水無月 月次祭

月次祭にご奉納頂いた方にはお下がりをお頒け致しますので、名前の記載と共に必ず社務所までお持ち下さい。

今月も皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の益々のご健勝、ご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

平成30年6月の九星術運勢です。

平成30年6月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成30年6月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

誘惑に負けたり慢心し、粗雑な対応をとると本道から離れる恐れも。雑事に追われ気苦労も多いが、諸事順序よく進め難を防ぐこと。出費増加に留意。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

やる気満々でも吉凶入り乱れる混迷の相。興味本位に流されず、忍耐強く寛大なれば大禍なし。体調管理は万全に、愛情面は平穏に見え不協和音も。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

気力充実し、上向き気運に明るい兆しは感じられるもののまだ本調子ではない。周囲とのコミュニケーションを密に、単独よりグループで動いて好結果が。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

好事魔多しで思わぬ所で障害の恐れ。強気一本槍を抑え、譲って相手を立てることで難を逃れる。家庭第一を基礎とし、友人からの影響もよい弾みに。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

表面的には勢いづいているようで、内実は思うようにいかない相あり。連薬や確認は周到にし、情勢変化には鋭敏に反応を。健康管理も疎かにしない。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

不利な立場に立たされ挽回に悪戦苦闘しそう。己の弱さや欠点を知ってこそ、再起をかけることができると認識させられる。体調の変化には敏感に対処。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

曙光が差してくる兆候に、周囲の評価も高まる。実力が発揮され精彩を放ち、明るく元気が何より効果的。財運は安定しているが、投機・勝負運は弱い。

八白土星 平成22、13、4昭和5、8、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

日頃の精進が実り、生活や仕事の醍醐味を享受できそう。倹約すれば金運もあり、しっかり構想を練ってとりかかれば結果も上々。家族の和が活力に。

九紫火星 平成30、21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

これ迄の精進が開花する兆しがあり、信念を持ってゴールへと向かえる良運月。現状に甘えず新境地を開く努力は吉だが、多方面の意見を聞くことも大切。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦 戌年

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

第45回東北地区婦人神職協議会総会並び研修会の準備委員会が行われました。

平成30年5月30日に第45回東北地区婦人神職協議会総会並び研修会の準備委員会が行われました。

女性神職で構成される女子神職協議会の東北六県の総会が今年は青森県で行われるため、その準備委員会に権禰宜が参加しました。

東北六県女子神職協議会準備委員会

青森県の女性神職は特に活動が活発で、各県からこられる方々をおもてなしし、有意義な総会へとするために様々な提案のもと会議が行われました。

6月13日に向けて迫ってきていますので大詰めのやり取りとなりました。

参道に枝垂れ桜が奉納されました。

平成30年5月28日に参道に枝垂れ桜が奉納されました。

枝垂れ桜 奉納

氏子であり日頃より親しく祭典に参列、ご奉仕してくださっている田中正義さんから枝垂れ桜を奉納頂きました。

枝垂れ桜 奉納

樹木に詳しく、神事後の直会などで宮司とよくお話をしていたのですが、その時の話を覚えていたそうで、苗木が手に入ったということですぐ持ってきてくださいました。

枝垂れ桜 奉納

美しい枝垂れ桜がそよぐ風景を国道からも眺められるようにと参道に植えることにしました。

枝垂れ桜 奉納

まだ、数年は花が咲くには時間がかかると思いますが、少しずつ成長する姿を参拝がてらぜひご覧ください。

この度の奉納、誠にありがとうございました。

Page 4 of 496123456789101112...»»