ここから本文です

社務日誌

人形供養感謝祭を執り行いました。

平成30年7月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

今月も県内各地より人形が納められました。

人形供養感謝祭

納めた方々の参列のもと、厳粛に人形の御魂を慰めました。

人形供養感謝祭

参列された皆さんもそれぞれに人形との思い出に馳せながら丁寧に手を合わせて祈っていました。

人形供養感謝祭

 

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

ねぶた入魂祭並び安全祈願祭を執り行いました。

平成30年7月14日に青森消防第2分団・アサヒビールさんのねぶた入魂祭並び安全祈願祭を執り行いました。

今年の題材は、ねぶた師、立田龍宝:作「遊侠 石川五右衛門」だそうです。

ねぶた入魂祭並び安全祈願祭

昨年、ねぶた師の立田龍宝さんの消防第2分団アサヒビールで初陣に続き今年も製作となっていました。

ねぶた入魂祭並び安全祈願祭

昨年度からしばらく遠ざかっていた入賞を目標とするため、様々な改革を行ってきているそうで、皆さんとても真剣に参列されていました。

そのことによって団体内での結束が固くなったようで、昨年はとても良い雰囲気で終えることができたそうです。

ねぶた入魂祭並び安全祈願祭

今年もアサヒビールさんの商品にねぶたの図柄をデザインされたそうで、神事終了後の直会で特別に発売前の出来立ての限定ビールを皆さんで頂きました。

ねぶた入魂祭並び安全祈願祭

ねぶたは特定の宗教をともわないお祭りですが、その根本に眠る民俗性はその土地の宗教的観念が色濃く反映されることは世界のどこの地域においても間違いありません。

そのため、神事として行なわれる祭りではありませんが、ねぶたが製作されているラッセランドが建設された際には全団体の安全祈願祭が行われていますし、また、多くの団体でもそれぞれ入魂祭が行われるなど祭りに対する姿勢には日本人の精神性が深く残されています。

製作安全、運行安全を廣田大御神様に祈念申し上げます。

廣田神社限定 ハローキティねぶたお守り

当神社では全国で唯一ねぶたをモデルにしたハローキティのお守りを頒けています。

詳しくは→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/omamori/

廣田神社限定 ねぶた御朱印【庄兵衛ねぶた、ねぶた大賞、ねぶた提灯】

今年は御祭神ゆかりの「庄兵衛ねぶた御朱印」に加えて、昨年、ねぶた祭の最高賞であるねぶた大賞を珠しょすひたねぶたの「ねぶた大賞御朱印」、そして平成29年に神殿に奉納された提灯型のねぶた「ねぶた提灯御朱印」を頒布しています。

御朱印のご案内・・・http://hirotajinja.or.jp/page-23312/

蓬田村玉松海水浴場の海開きを執り行いました。

平成30年7月14日に蓬田村玉松海水浴場の海開き神事が執り行われました。

蓬田村玉松海水浴場の海開き

毎年この時期に蓬田村観光協会や商工会議所、警察関係者など関係団体各人が参集して、海の神様、地域の産土の神様に海水浴をさせて頂く報告と海難防止を祈願する海開き神事が行われています。

蓬田村玉松海水浴場の海開き

神事を始める頃にはすでに地域の人達が楽しそうに浜辺に集っていました。

蓬田村玉松海水浴場の海開き

若干、ヤマセが吹く風が強い日となりましたが、暑い天気に海に訪れている人たちはとても気持ちよさそうでした。

蓬田村玉松海水浴場の海開き

海岸に併設されている海の情報館にて神事を執り行い、海辺に移動して祓い清めました。

蓬田村玉松海水浴場の海開き

関係者の方々もお一人お一人、今年も楽しい海水浴となるよう真摯に祈りを捧げていました。

蓬田村玉松海水浴場の海開き

今年は37日間解放する予定だそうです。

蓬田村玉松海水浴場の海開き

村長さんからは、西日本豪雨のお見舞いから、自然の恐さをしっかりと認識し、徹底した管理と楽しく遊べるよう環境づくりに配慮して頂くよう挨拶を述べられていました。

蓬田村玉松海水浴場の海開き

 

 

暑くなれば多くの人で賑わうと思いますが、自然はいつ如何なる力を以て変容するかわかりません。

必ず海水浴場に掲げられているルール、節度を守り、大いに楽しんで良い夏を過ごして頂きたいと思います。

海水浴場に集う人々が怪我事故することがないよう祈念申し上げます。

舞姫会が行われました。

平成30年7月13日に舞姫会が行われました。

舞姫会 稽古

数日後にはいよいよ本番となる進藤庄兵衛正次翁頌徳祭神幸祭での奉納となります。

舞姫会 稽古

そのため本番通りに予行練習をする習礼(しゅらい)を行うために衣装も着付けました。

舞姫会 稽古

着装したのに併せて今期の舞姫名刺用の写真撮影もしました。

舞姫会 稽古

6月19日例大祭宵宮での奉納が万事滞りなく納められたので、頌徳祭ではより向上した舞が奉納できるように頑張ります。

舞姫会 稽古

舞そのものの上達はもちろんですが、それに望む態度や神様に向き合う姿勢もとても大事です。

舞姫会 稽古

はじめの会後に今一度正しい拝礼の作法、また姿勢などを復習しました。

舞姫会 稽古

早速、境内に出て稽古しました。

舞姫会 稽古

先ずはそれぞれどの位置に立つのかしっかりと確認します。

舞姫会 稽古

本番は人で溢れ、また実際に稽古と同じ位置で舞えるか保証はできないため、基準を確認しておくことで不測の事態があっても臨機応変に対応できるようになります。

舞姫会 稽古

参進がはじまる整列の段階から心を鎮め、神様に向き合うよう息を整えます。

舞姫会 稽古

そこからゆっくりと御神前に向かって歩き舞姫全体で呼吸を一つにします。

舞姫会 稽古

宵宮で実際に同じ場所で舞ってはいたものの、まだまだ慣れない広い場所であるため、若干縮こまった動きになっていました。

舞姫会 稽古

動きが小さいとどうしても消極的な舞になってしまうため、普段よりも大きく動くことを意識してもらいます。

舞姫会 稽古

もちろん、大きくするということは雑に舞うということではなく、体全体を使って優雅に舞うということです。

舞姫会 稽古

少しずつ感覚にも慣れてきたのか、先輩舞姫が新しい舞姫達を引っ張りながら上手になってきていました。

舞姫会 稽古

頌徳祭神幸祭では舞奉納後に一緒に渡御するため、注意事項なども伝達しました。

舞姫会 稽古

あっという間に暗くなってしまったため、会館へ戻り終わりの会をはじめました。

舞姫会 稽古

いつも驚くのですが、みんな大舞台では緊張しない子ばかりで、逆に待ち遠しく楽しんでいるようでした。

舞姫会 稽古

最後の終わりの会でも姿勢よく、巫女のように清廉な態度になるよう指導しました。

舞姫会 稽古

青森開拓の一大恩人の功績にこれまで青森で育まれてきた感謝を一所作毎に祈念してみんなで堂々と舞います。

舞姫会 稽古

当日はどなたでも参加できますのでぜひお参りください。

舞姫会 稽古

また、参加して下さった子供には、柳谷仕出し店さんから奉納頂いたお菓子セットを授与いたします。

書道稽古が行われました。

平成30年7月12日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「屯所」という字です。

書道稽古

屯という字が書き慣れなく左右のバランスが取りにくい字であったため苦戦しました。

2018-07-12 002k

新しい課題となりましたが、際立って難しい字がない分、今回も基本が大いに試される課題となりました。

 

Page 5 of 506123456789101112...»»