ここから本文です

社務日誌

人形供養感謝祭を執り行いました。

令和元年10月15日に恒例の人形供養感謝祭が執り行われました。

人形供養感謝祭

今月も県内各地からたくさん納められました。

人形供養感謝祭

参列された方もその想いを涙に落としていました。

人形供養感謝祭

大切にしているものには古くから魂が宿るとされています。

特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは、持ち主の愛着心も強く、魂が宿りやすいと云われ、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱いむやみに処分することは不敬にあたります。

そこで、様々な事情で処分しなくてはならない方の為に廣田神社では魂を慰めて昇魂し、障りや祟りが起こらないよう祈願する人形供養感謝祭を執り行っています。

大切な人形やぬいぐるみに感謝を伝え、納めた い方は神社までお持ち下さい。

人形供養感謝祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-5283/

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭を執り行いました。

令和元年10月14日にリレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭を執り行いました。

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭

リレー・フォー・ライフ・ジャパンとはアメリカがん協会が始めた活動で、がん患者やその家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指すチャリティ活動で、世界中の賛同した国や地域で行われているそうです。

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭

その活動は一年通して展開され、その集大成として今年は9月7日~8日にかけて行い、物品販売や啓発活動、ミニコンサートを伴って青森県保健大学の多目的グランドで開催したそうです。

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭

リレー・フォーライフ・ジャパンでは、”SaveLives”という考え方があり、医療行為による救命だけではなく、イベントに参加したり、寄付をすることで医療が発展し、間接的にも人の命を救うことによって、「魂を救う」という意味がこの言葉に込められており使命の一つとしてその理念を大切にしているそうです。

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭

そのイベントのひとつとして、がんで亡くなられた方や、がんと向き合っている人に向けたメッセージを書いた白い袋に明かりをつけて夜空を灯すというルミナリエという催しが行われています。

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭

その願いが込められたルミナリエをしっかりと慰めたいということで、数年前から実行委員会の方々から申し出があり、全ての人々の病気平癒と併せてルミナリエ焼納祭が毎年執り行われています。

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの病気平癒並びルミナリエ焼納祭

沢山の関係者の方々が参列されルミナリエに託した思いをしっかりと大神様にお祈りしていました。

今年は風も弱く立ち昇る煙も天高く翔けていました。

一人でも多くのがん患者が救われ治癒されることをお祈り申し上げます。

リレー・フォー・ライフ・ジャパン青森・・・http://rflj-aomori.com/

ねぶた御面【津軽神楽】をご奉納頂きました。

令和元年3月18日に青森市役所ねぶた実行委員会様よりねぶた御面【津軽神楽】を奉納頂きました。

ねぶた御面 奉納

今年の青森ねぶた祭にて青森市役所ねぶた実行委員会様が、当神社を題材にした「奉祝 廣田神社 津軽神楽」作:京野和鴻を出陣してくださいました。

ねぶた御面 奉納

その出陣の記念を受けて実際のねぶたで使用された御面部分を奉納頂くことになり、ねぶた師さん方に取り付けて頂きました。

ねぶた御面 奉納

今回奉納頂いた面は「磯浪(いそら)緑色」と「千歳(せんざい)白色」です。

ねぶた御面 奉納

「磯浪」は火遠理命(山幸彦)が釣り針を海中に失った時、矛で藻を掻き分けて探し出し、海神宮へ案内した綿津見神の舞で面を着けた一人舞です。

「千歳」は別名「翁の舞」とも言われ、初期の天皇五代に仕えた武内宿禰が君(天皇)の千歳を寿ぎ祝い奉った古事に由来する舞で、天下泰平の祝意を祈念しています。

ねぶた御面 奉納

この二つが見合う形で廣田大神様をこれからお守りしていきます。

ねぶた御面 奉納

短い時間の中でとても丁寧に取り付けてくださいました。

この度の奉納、誠にありがとうございました。

青森ねぶた祭公式サイト・・・https://www.nebuta.jp/archive/nebuta/2019shiyakusho.html

舞姫会が第4回あおもり民俗フェスで演舞しました。

令和元年10月14日に第4回あおもり民俗フェスで演舞しました。

あおもり北のまほろば歴史館で開催されました。

舞姫会 演舞

このイベントでの演舞は元舞姫の親御さんから声を掛けていただいたご縁からで、昨年に引き続き今年も演舞させていただきました。

舞姫会 演舞

とても良い天気で館内に光が降り注ぎ、とても神々しい雰囲気の中で舞うことができました。

舞姫会 演舞

今回はほぼ全員で舞うこともできたので迫力もありました。

舞姫会 演舞

また、ここ数か月特に稽古してきた細かい点なども上手に舞えていてともて綺麗な舞でした。

舞姫会 演舞

違う時間に演舞される学生さん達にもとても誉めてもらいました。

舞姫会 演舞

沢山の方にご覧いただき拍手も頂きました。

舞姫会 演舞

最後は主催者の方からインタビューもありました。

舞姫会 演舞

突然のインタビューだったので戸惑ってしましましたが、頑張って答えることが出来ました。

舞姫会 演舞

そして、イベントに出演した際には恒例のお遊びタイムで、歴史館を見学したり、クイズラリーなど参加してとても楽しんでいました。

舞姫会 演舞

御覧いただいた方、関係者の皆様、ありがとうございました。

七五三詣のご紹介です。

令和元年10月13日の七五三詣のご紹介です。

仲の良い2人でとてもお行儀よくしっかりと参列していました。

七五三

写真を撮影させて頂く時は緊張していましたが、ご家族みなさんとても楽しそうにしておりました。

七五三

お子様の健やかな成長をお祈りします。

フォトメッセージの投稿だけではなく、社務日誌に掲載いただいた方にも特別に福くじをお頒けしています。

ぜひ気軽に神職までお声かけ下さい。

七五三詣のご案内・・・http://hirotajinja.or.jp/page-19790/

Page 5 of 597123456789101112...»»