ここから本文です

社務日誌

結婚奉告祭が執り行われました。

平成30年5月27日に結婚奉告祭が執り行われましたので一組ご紹介します。

結婚奉告祭

結婚奉告祭とは、ご両家の親族紹介や親族固めの盃などをして正式に執り行われる神前結婚式と違い、通常の安産祈願や厄除け祈願のように”おふたり”のみで結婚の奉告を神様に申し上げる神事です。

結婚奉告祭

神事を始める前に境内でロケーション撮影をしていましたが、天気もよく花々もちょうど咲き誇り、お二人を祝福しているようでした。

結婚奉告祭

神事になると境内で撮影していた時とはまた違った幸せそうな表情をしていました。

結婚奉告祭

 

 

おふたりの幾久しいご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

誠におめでとうございました。

神前式・結婚奉告祭について→http://hirotajinja.or.jp/kekkonshiki/

神前結婚式が執り行われました。

平成30年5月26日に神前結婚式が執り行われました。

神前結婚式

雨の心配がありましたが、絶好の結婚式日和となり青空のもと執り行われました。

神前結婚式

新緑の木漏れ日を受けながら歩く姿はとても綺麗でした。

神前結婚式

自座から見える新婦の横顔は終始幸せな表情をしていました。

神前結婚式

新郎も素晴らしい声で誓いを立てて想いをしっかりと神様にお伝えしていました。

神前結婚式

新郎新婦の永き幸せと、ご両家の益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

神前結婚式案内のページへ→http://hirotajinja.or.jp/kekkonshiki/

舞姫会の稽古が行われました。

平成30年5月25日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

舞姫体験に来てくれた4名が正式に入会してくれて新しい舞姫の誕生となりました。

舞姫会 稽古

新しく増えた仲間にみんなとても喜んでいました。

 

舞姫会 稽古

早速、新しく入会した舞姫にはじめの会の玉串拝礼をしてもらいました。

 

舞姫会 稽古

教えながらでしでたが、飲み込みが早く上手に出来ていました。

舞姫会 稽古

先輩舞姫から舞用の玉串をもらい喜んでいました。

舞姫会 稽古

例大祭宵宮での奉納まで一ヶ月を切っているため、早速稽古にはいりました。

舞姫会 稽古

先ずは年長者となる中学生の舞姫を先頭にして全員で一人舞を行いました。

舞姫会 稽古

新しい舞姫達は先週、先々週と僅かしか稽古していないにもかかわらず、流れは大分つかめているようでした。

舞姫会 稽古

その分、これからは本当に難しい細かいところをしっかりと指導していくことになります。

舞姫会 稽古

今回、特別に小学校一年生で入会した舞姫もお姉さん舞姫に混じって一生懸命についてきていました。

舞姫会 稽古

それに刺激されてから他の舞姫達もいつも以上に神経を使いながら舞っているようでした。

舞姫会 稽古

一回舞ったら先輩舞姫に教えてもらっていました。

舞姫会 稽古

これまで一番下だった舞姫も後輩ができて嬉しそうでした。

舞姫会 稽古

続けて何回か舞を行いました。

舞姫会 稽古

あっという間に時間も経ち、お楽しみの休憩時間になりました。

舞姫会 稽古

役割を決めてみんなで手分けした行いました。

舞姫会 稽古

新しい子達も積極的にお手伝いしてくれました。

舞姫会 稽古

そして恒例の食前食後感謝のうたを歌いました。

舞姫会 稽古

とっても元気な声で立派に歌い上げました。

舞姫会 稽古

すっかり、新しい子達も溶け込んでとても楽しそうでした。

舞姫会 稽古

片付けも皆で協力しながら行いました。

舞姫会 稽古

テーブルクロスの片付けやお茶碗も綺麗に洗いました。

舞姫会 稽古

片付けも早く終わらせてもう一度舞をしました。

舞姫会 稽古

一旦休憩してスッキリしたのか舞も最初よりスムーズに出来ていました。

舞姫会 稽古

最後の最後まで上手に舞っていました。

舞姫会 稽古

新しい舞姫もよくついてきてくれました。

舞姫会 稽古

時間もあっという間に経ったところで終わりの会になりました。

舞姫会 稽古

終わりの会の玉串拝礼も新しい舞姫にしてもらいました。

舞姫会 稽古

みんなで心を一つにして神様にご挨拶しました。

舞姫会 稽古

今日は全員集まったということで、自己紹介をしました。

舞姫会 稽古

舞を習得することも大事ですが、自分のことを自分でしたり、自分自身の言葉で人に対して発したりと、そういった人間としての教育も大事にしたいと思います。

舞姫会 稽古

帰る時もみんな仲良く話が尽きないようでした。

舞姫会 稽古

新しい子達も上手く馴染めているようで何よりでした。

舞姫会 稽古

今期はじめての奉納は6月19日(火)19時15分頃です。

氏子定例報告会が行われました。

平成30年5月24日に氏子定例報告会が行われました。

氏子定例報告会

氏子定例報告会とは責任役員会、総代会総会で承認された昨年度の事業並び決算、今年度の事業計画、予算を神社世話人や氏子31町会長に報告する定例会です。

氏子定例報告会

本来であれば規則上、責任役員会と総代会総会を以て終了するのですが、先代の意向で普段奉仕頂いている氏子方にも決定した事項を報告することで、より一層崇敬の念を以て奉仕いただきたいとのことで毎年開催されています。

氏子定例報告会

責任役員会、総代会同様に先ずは神宮遥拝、国歌斉唱、敬神生活の綱領唱和、宮司挨拶、総代長挨拶の後に各種案件の報告となりました。

いずれの報告も皆さんに納得いただけ、今年度においても一致団結してご奉仕していきます。

氏子定例報告会

終了後は懇親会となりましたが、4月から助勤として月に何度かご奉仕頂いている飯詰八幡宮の松野禰宜に挨拶をしてもらいました。

昨年度も滞りなく終了し、今年度も希望に向かって歩んでいける喜びで大変盛り上がりました。

氏子定例報告会

 

 

今年も氏子崇敬者ともに廣田大神様に奉仕していきたいと思います。

ねぶた入魂祭並び安全祈願祭を執り行いました。

平成30年5月22日に日立連合ねぶた委員会さんのねぶた入魂祭並び安全祈願祭を執り行いました。

今年の題材は、ねぶた師、北村蓮明:作「九尾の狐「玉藻前」」だそうです。

ねぶた入魂並び安全祈願祭

今年も青森の夏がやってきました。

まだ骨組みの段階ですが、毎年一番に祈願祭が執り行われます。

今回のねぶたも題材がとても楽しみな構成で表現されていました。

ねぶた入魂並び安全祈願祭

ねぶたは特定の宗教をともわないお祭りですが、その根本に眠る民俗性はその土地の宗教的観念が色濃く反映されることは世界のどこの地域においても間違いありません。

ねぶた入魂並び安全祈願祭

そのため、神事として行なわれる祭りではありませんが、ねぶたが製作されているラッセランドが建設された際には全団体の安全祈願祭が行われていますし、また、多くの団体でもそれぞれ入魂祭が行われるなど祭りに対する姿勢には日本人の精神性が深く残されています。

製作安全、運行安全を廣田大御神様に祈念申し上げます。

廣田神社限定 ハローキティねぶたお守り

当神社では全国で唯一ねぶたをモデルにしたハローキティのお守りを頒けています。

詳しくは→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/omamori/

廣田神社限定 ねぶた御朱印

御祭神でもある青森開拓の一大恩人、進藤庄兵衛正次の生誕400年を迎え、平成27年の青森ねぶた祭りでは史上初めて庄兵衛を題材にしたねぶたが登場しました。

それを記念してその題材をもとにしたねぶた御朱印を奉製しました。

詳しくは→http://hirotajinja.or.jp/page-23312/

Page 5 of 496123456789101112...»»