ここから本文です

社務日誌

舞姫会の稽古が行われました。

平成29年6月23日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

6月19日の宵宮での奉納が終了してから初めての稽古となりました。

舞姫会 稽古

ということで、今回の稽古では名刺用の写真と集合写真の撮影を主にしました。

舞姫会 稽古

宵宮での奉納を終えたからか、一同リラックスした表情で集まりました。

舞姫会 稽古

先に装束に着替えてから舞姫のみ、舞姫と神職のみ、そして舞姫、神職、保護者全員とで、撮影しました。

舞姫会 稽古

撮影が無事終了したところではじめの会を行いました。

舞姫会 稽古

宵宮奉納直後の稽古ということで、早めに終了するため一度だけ舞の稽古をしました。

 舞姫会 稽古

装束を着ての動きにも慣れてきたようでこれまでに比べると格段に動きが良くなっていました。

 舞姫会 稽古

宵宮では一緒に舞えなかった中学生も、ほとんど稽古が出来なかったのにも関わらずとても上手に舞えていました。

 舞姫会 稽古

あっという間の舞でしたがとても良く綺麗に舞えていました。

 舞姫会 稽古

休憩もなしで今回は終わりの会となりました。

 舞姫会 稽古

一度の舞でしたが、ひとりひとりの感想もしっかりと良い点、悪い点が見えていました。

 舞姫会 稽古

来週からはまた、通常通りの稽古になり、次は進藤庄兵衛正次翁頌徳祭の神幸祭での舞になります。

 舞姫会 稽古

最後に宵宮に来られなかった舞姫に、篠笛奏者の山口先生と阿佐ヶ谷神明宮巫女の齋藤さんから頂戴したお土産を渡しました。

 舞姫会 稽古

進藤庄兵衛正次翁頌徳祭の神幸祭はどなたでも参加できますので、ぜひお待ちしております。

総合消防訓練を実施しました。

平成29年6月23日に恒例の総合消防訓練を実施しました。

当神社では年に2回行っていますが、訓練ごとに災害の想定を変えて行っています。

総合消防訓練

今回は授与所から火災が発生したため、初期消火と避難誘導を行って通報するという想定のもと訓練を実施しました。

総合消防訓練

その想定のために大きく分けて3点の訓練を行いました。

総合消防訓練

1、消火訓練  廣田会館2階の台所から火災発生を想定し、消火器を噴射する動作を行う。

2、通報訓練  館内放送をかけ、実際に訓練用119当番の電話を消防へかける。

3、避難訓練  館内放送により玄関へ避難誘導をする。

総合消防訓練

訓練といえども実際の現場を想定して声を出したり、現場へ確認に行ったり、消防署へも訓練用に電話をかけます。

総合消防訓練

訓練で声を出したり、通報をして消防員の方々と実際にお話しなければ、いざ有事が起きてしまった場合に慌ててしまい避難が遅れてしまいます。

総合消防訓練

ですので、年2回とはいえ常日頃から様々な想定のもと訓練をしていることが、万が一があった際の大きな力になると思います。

不特定多数の人が出入りするからこそ、しっかりとこれからも続けていきたいと思います。

総合消防訓練

 

 

 

神社内で災害が起きた際は、救助隊が来るまでは神職が誘導しますので、必ずルールをお守りください。

7月(文月 ふみづき)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の文月(ふみづき)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

文月 月次祭

曇り空に覆われていましたがここ最近では一番の蒸し暑さとなりました。

文月 月次祭

昨日の夏越大祓式へ出来なかった方のために茅の輪を残していますが、皆さんお参りする前にくぐっていました。

7月の主な年中行事

文月 月次祭
文月 月次祭

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆敬神会清掃奉仕 2日・・・廣田神社を崇敬する団体「敬神会」の会員等による清掃奉仕活動です。はじめに朝拝に参加し神職講話も行われます。

◆神職教養研修会 4~5日・・・県内神職が集い神職としての教養を高めるための研修会を行います。

◆書道稽古 6日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために神職の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古 7日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆久須志神社 助勤奉仕 7日・・・久須志神社の例大祭にて津軽神楽の助勤奉仕を行います。

◆茅の輪撤去 8日・・・夏越大祓式で使用した茅の輪を総代世話人さんのご奉仕で撤去します。

◆郷沢稲荷神社 例祭 10日・・・蓬田村郷沢地区に鎮座する郷沢稲荷神社の例祭で、あらゆる繁栄と多幸を願う一年で一番重要なお祭りです。

◆舞姫会稽古 8日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆清水天満宮 例祭・山ノ神 12日・・・青森市清水地区に鎮座する清水天満宮の例祭と山ノ神祭で、あらゆる繁栄と多幸を願う一年で一番重要なお祭りです。

◆書道稽古 14日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために神職の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古 14日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆人形供養感謝祭 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆油川熊野宮 助勤奉仕 16日・・・油川熊野宮の例大祭にて津軽神楽の助勤奉仕を行います。

◆進藤庄兵衛正次翁頌徳祭 前夜祭・神幸祭 17日・・・頌徳祭前夜に翁の神霊を御神輿に遷し、その分霊をねぶたに招いて氏子区域を渡御して御神徳を授ける神幸祭を執り行います。

◆ 進藤庄兵衛正次翁頌徳祭 頌徳祭 18日・・・青森開拓の一大恩人である進藤庄兵衛正次翁の遺功を頌徳するために行われる祭りで、毎年青森ゆかりの方の奉納講演が行われています。

◆書道稽古 20日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために神職の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古 21日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆瀬辺地天満宮 例祭 22日・・・蓬田村瀬辺地地区に鎮座する瀬辺地天満宮の例祭で、あらゆる繁栄と多幸を願う一年で一番重要なお祭りです。

◆諏訪神社 助勤奉仕 27日・・・諏訪神社の例大祭にて津軽神楽の助勤奉仕を行います。

文月 月次祭

文月 月次祭

月次祭にご奉納頂いた方にはお下がりをお頒け致しますので、名前の記載と共に必ず社務所までお持ち下さい。

今月も皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の益々のご健勝、ご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

平成29年7月の九星術運勢です。

平成29年7月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成29年7月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

野心や我が儘の通らない月で、侮っていると痛い目に遭うかも。新企画や方針変更は、少し様子を見てからのほうがよい。旧友との交流スムーズに。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

運気は益々加速し、熱心に打ち込めば善因善果をもたらしそう。世間の評判もよく、誠心誠意尽くすことで一歩も二歩も前進できる。愛情運も良好。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

明るく前向きにとらえれば幸福感に満たされそう。今後の基盤作りのためにベストを尽くすことが運を開く鍵。仕事は楽しく家庭内にも慶事の相が。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

気負い立ち多忙を極めるが、足が地に着かない傾向も。あくまで理性的かつ合理的に判断すれば、相応な結果が望めそう。先ずは家庭平穏が基盤。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

円滑自在な流れを肌で感じても、我を忘れたり羽目を外さないこと。振る舞いには常に分別が求められる。家族への思いやりと優しさで果報あり。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

今一つ波に乗りきれず、意に適わず神経をすり減らすことが多い。動静に振り回されないよう留意し、堅実さを守れば平穏無事。心して体調維持を。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

疑心暗鬼に陥り、順調だったものが沈滞し試案に暮れそう。欲求不満が募り、感情的になったり原則を無視しないよう自戒のこと。健康管理徹底を。

八白土星 平成22、13、4昭和58、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

運気停滞し不測の事態から混乱を招きがち。反省すべき点は真摯に受け止め、焦らず精一杯向き合えば今後に報われそう。投資・儲け話は要警戒。

九紫火星 平成21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

信頼され活躍の場が広がり、精一杯取り組んで展望が開けてきそう。受けた恩を忘れない誠実さが人望を集めることに。浪費や書類の不備に注意を。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

社屋新築の竣工祭が執り行われました。

平成29年6月23日に青森米穀卸社屋の新築竣工祭が執り行われました。

社屋新築竣工祭

地鎮祭が執り行われてからあっという間の竣工祭となりました。

社屋新築竣工祭

社長さんは氏子町会の町会長さんでもあり、いつも町会で協力頂いております。

社屋新築竣工祭

今回も地鎮祭同様に役員や社員も揃って真摯に参列されていました。

社屋新築竣工祭

事務所の各所も隅々まで祓い清め、真新しくなった事務所で今まで以上に勤しむことを皆さんと大神様にお伝えしました。

社屋新築竣工祭

益々の会社の繁栄と社員皆様の健勝をお祈りします。

Page 5 of 433123456789101112...»»