ここから本文です

社務日誌

5月(皐月さつき)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の皐月(さつき)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

廣田神社 月次祭

昨日まで満開だった桜もほとんど散り緑映える葉が出てきました。

八大龍神宮 月次祭

とても気持ちの良い春空のなか滞りなく斎行することが出来ました。

金生稲荷神社 月次祭

5月の主な年中行事

2017-05-01 008k

乃木神社 月次祭

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆津軽神楽総会 9日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財の津軽神楽の東青支部による総会が行われます。

◆書道稽古 11日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆春季祭典委員会 14日・・・例大祭、夏越大祓式、進藤庄兵衛正次翁頌徳祭までの神事に関わる奉仕内容を決めるための委員会です。

◆人形供養感謝祭 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆津軽神楽稽古 16日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財に指定されている津軽神楽の稽古です。

◆書道稽古 18日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆津軽神楽稽古 23日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財に指定されている津軽神楽の稽古です。

◆東青支部祭式研修会 23日・・・東青支部管内神社の神職による祭式の研修会です。

◆女子神職協議会総会 18日・・・県内女子神職による協議会の総会が行われます。

◆氏子報告会 24日・・・氏子町会長や世話人等に役員会並び総代会で承認された内容の報告をします。

◆東青支部総代会総会並び神政連支部総会 25日・・・東青支部の総代会並び神政連の総会が行われます。

◆津軽神楽稽古 30日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財に指定されている津軽神楽の稽古です。

八大龍神宮 月次祭

二十三夜大神 月次祭

月次祭にご奉納頂いた方にはお下がりをお頒け致しますので、名前の記載と共に必ず社務所までお持ち下さい。

今月も皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の益々のご健勝、ご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

平成29年5月の九星術運勢です。

平成29年5月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成29年5月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

諸事甘く見て苦戦の恐れ、事を急いでも思うように展開しない。独断や争いを避け、方針転換や拡張計画は延期を。信頼関係が壊れないよう奮励を。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

風向きが変わり能力相応の展開あり。好機をうまく利用し積極的に出てみよう。真面目に努力を重ねれば成果に結びつくし、思わぬ協力者の加勢も。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

起伏に富んだ相で背伸びは禁物だが、得意なことを強かにやればそれなりの成果が。首尾一貫した筋を固守すれば多少の無理も通る。浪費の抑制を。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

発展性のある好調運に恵まれ、諸事前向きな対応と周囲の応援もあり運気低下は避けられそう。一気に事を運ぶより段階を踏み達成感につなげよう。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

不安定要素に事欠かないが、慎重さで評価を高め難を防ごう。謙虚さを守って変事に対応を。楽しみは仲間と分かち合いたい。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

準備万端に手順を踏まえなければ成果は上がるが、力の限界を弁えること。立ち止まって現状を把握することが必要で、不安を感じたら深追いは禁物。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

努力が報われて前途明るくなり、実践力がものをいう月。忙しさの中にも充実感を味わえ、損得抜きの柔軟な気配りが将来に繋がる。愛情運も好調。。

八白土星 平成22、13、4昭和58、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

腰が低いと信頼感も高まり、奔走すればねぎらいの言葉と評価も。的確な判断力が要求されるものの、実力を発揮し地位や信用が向上する兆しあり。

九紫火星 平成21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

中途半端な対応が不測の事態を招いたり、悪因縁に悩まされたりと筋書き通りにいかない恐れ。無分別な変更・改革は控え、実直に正道を歩むこと。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

パラオ共和国戦没者慰霊祭の講演をしました。

平成29年4月24日にパラオ共和国戦没者慰霊祭の講演をしました。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

今回、主催してくださったのは、青森から笑顔の輪を広めよう!という目標のもと、『みなさんが笑顔になれること』を真剣に考え、様々なイベントを企画し活動している団体です。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

その団体の主催者の方とお話しする機会があり、雑談の中でパラオ共和国での慰霊祭のお話をしたら、とても興味を示してくださり、開催してくださることになりました。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

その代表の方は3月に全国で講演活動をされている中村文昭さんという方の青森講演も主催されていたのですが、その中村文昭さんのお話の中でパラオ共和国、とりわけペリリュー島での出来事をよく話していたそうで気になっていたそうです。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

当日は有料ということだけではなく、普段親しみのないお話にも関わらず30名を超す方に集まって頂きました。

しかも、2時間という長丁場の内容にも関わらずほとんどの方が真剣に最後まで聴いて下さっていました。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

実は遠い南洋の国、パラオ共和国と世界の雪国である青森とは深い関係があったこと、そしてその歴史の中でどのようなことが起きていったのか、どうして廣田神社宮司が慰霊をすることになったのかなどを、人との繋がりを中心にお話しさせていただきました。

廣田神社宮司から聴くペリリュー島のお話

最後の30分は慰霊祭にて撮影した写真一枚一枚、簡単に説明しながら紹介しました。

あまりにも様々な出来事があったため、話すうちにあれもこれもと話題が飛び、取り留めない話になってしまいましたが、終了後には多くの方から嬉しい言葉を掛けて頂きました。

今を生きる私達が、先人の想いをしっかりと知ることがなによりも大事だと思います。

虹色きららさん、ありがとうございました。

宮司による講演はいつでも受付けていますので気軽に神社までご相談ください。

虹色きらら・・・https://www.facebook.com/nijiirokirara/

境内の桜が満開です。

平成29年4月24日から現在に掛けて境内の桜が満開です。

金生稲荷神社

境内の桜が見頃を迎えています。

金生稲荷神社

当神社には廣田神社側には御神木の実方桜である大島桜と金生稲荷神社側のソメイヨシノの二本だけが大きな桜となっていますが、どちらも存在感が強く非常にきれいに咲き誇ります。

金生稲荷神社

特に金生稲荷神社の桜は赤い鳥居に覆いかぶさるように咲いているためコントラストが際立ちとても綺麗です。

金生稲荷神社

ついつい道行く方々も立ち止まったり、ふらっと境内に入って眺めたりしてしまいます。

金生稲荷神社

廣田神社側の実方桜もは葉も同時に生えはじめるためソメイヨシノとは違った風合いがあります。

実方桜

今年は花の付もよく、とても綺麗に咲いていました。

実方桜

ソメイヨシノに比べ、1週間くらい遅く満開になりますが今年は花があまり散らないためどちらも満開で楽しめています。

実方桜

ゴールデンウィークはじめくらいまではまだ花が若干残っていると思います。

是非、参拝がてらご覧ください。

廣田東苑倶楽部並び広田町会合同の観桜会が行われました。

平成29年4月22日に廣田東苑倶楽部並び広田町会合同の観桜会が行われました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

廣田東苑倶楽部は旧表参道の道路を挟んで東側に鎮座する末社を信仰する有志の会で、定期的に清掃奉仕のあと正式参拝をして直会をして交流を深めている団体です。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

廣田東苑倶楽部の代表が廣田神社が鎮座する広田町会の会長さんということもあり、今年は合同で観桜会が開催されました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

雨の予報だったため天気が心配されましたが、風が冷たく強いものの、降られることはなく太陽も顔を出す天気に恵まれました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

まずは金生稲荷神社にて正式参拝をしてから観桜会となりました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

天気は良かったものの風が強かったため今回は桜の下ではなく、金生稲荷神社内で行いました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

町会の方々も大きな鍋に豚汁を作って持ってきて下さったり、入れ代わり立ち代わり沢山の町会の方がお出で下さったりと賑やかでした。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

当初、一週間後に予定をしていたのですが開花予想よりも早く蕾が膨らみ始めたので、急きょ前倒しをしたところ、満開の良き時に合いました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

総代さんの子供や孫さんなども集まり、いつも以上に話が盛り上がりました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

小さな子供達にとっては東苑へ入るのは初めてだったようで見るもの全てが不思議なのか境内中を駆け回っていました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

桜だけではなく神社から眺める廣田苑の景色も、年々木々が落ち着いてきたこともあり、前回との微妙な違いなどを見つけては皆さん楽しんでいました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

いつもの東苑倶楽部とは違い、様々な方や小さい子供達がいることで皆さんとても喜んでいました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

呑みながらお話ししながらも、時折桜を眺めて春の陽気に誘われていました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

途切れなく参拝する中、函館から参拝に来ていた女の子が、地元で巫女さんを助勤していたということで、一緒に加わってくれました。

東苑倶楽部並び広田町会合同観桜会

何度見ても飽きない桜の美しさに皆さん酔いしれていました。

まだまだ咲いていますので是非、参拝がてらご覧ください。

Page 5 of 421123456789101112...»»