ここから本文です

社務日誌

山本稲荷神社の社殿欄干並び倉庫解体と馬頭観音改修工事安全祈願祭を執り行いました。

平成29年4月2日に山本稲荷神社の社殿欄干並び倉庫解体と馬頭観音改修工事安全祈願祭を執り行いました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

外ヶ浜町山本地区に鎮座する山本稲荷神社の欄干の基礎部分の腐食が激しく、このままにしてしまうと建物にも被害が及ぶということで、解体することになりました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

また、地域で使用していた食器などを保管していた倉庫の老朽化と保管物の処分のため解体することにしたそうです。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

役員方皆さんが参列して祈願祭を執り行いました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

社殿での神事後、各所をお祓いしました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

今回、境内に建立している馬頭観音のお堂が隣接している木の根っこで傾いているため、それを水平に直すため改修の安全祈願祭も併せて執り行いました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

世帯数が非常に少ない地区ながら、こうして一生懸命にお守りいただいています。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

一通り神職が祓い清めた後は神殿にお供えしたものを皆で散供しました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

雨が時折あられに変わる天気でしたが、神事中は穏やかなまま斎行できました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

皆さんもこれまで大切にしてきた思い出を懐かしむように丁寧に散供していました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

神事終了後は社殿にて直会を行いました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

沢山の御馳走を用意してくださり、楽しく過ごしました。

山本稲荷神社欄干並び倉庫解体並び馬頭観音改修工事安全祈願祭

工事安全をお祈り申し上げます。

舞姫会の第二期終了奉告祭を執り行いました。

平成29年4月1日に舞姫会の第二期終了奉告祭を執り行いました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

一昨年に発足した舞姫会もいよいよ二期目が終わり最後の稽古日となりました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

残念ながら全員集合することは出来ませんでしたが、みんな元気よく集まってくれました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

最後の稽古日でもはじめの会はしっかりと行いました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

終了奉告祭を執り行う前に最後にもう一度全員で舞いました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

最後の稽古日という意識もあってか、いつも以上に丁寧に、とても綺麗に舞っていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

ふと第二期がはじまった頃のことを思い出すと第一期に負けず劣らずの個性は揃いで、どうなるかと思いましたが、最後までついてきてくれました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

また、舞も途中からの習得にもかかわらず、今日の稽古を見ると人の動きの真似ではなく自分自身の舞をしっかりと舞っていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

2組に分かれての舞でしたが、どちらの組も乱れることなく舞えていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

また、第一期生、第二期生ともに隔てなく仲良く出来ていたのが舞にも表れているようでした。

舞姫会 第二期終了奉告祭

舞終了のお辞儀も舞にぴったりと合っていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

舞の稽古のあとは稽古終了を神様にお伝えする終了奉告祭を執り行いました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

これまではご神前に奉仕する側とでしたが、参列する立場といことでそわそわしていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

白い小忌衣を羽織ると嬉しそうにしながらも緊張した面持ちになりました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

お行儀よくお祓いも受けていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

祝詞奏上中もよそ見することなく祝詞の言葉を聞いているように静かに座っていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

玉串拝礼では卒業する舞姫から奉ってもらいました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

すっかり玉串拝礼も神職のように上手にできるようになっていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

奉告祭終了後、先生が製作した一年間のアルバムを一人一人に一年間の労いの言葉を掛けながら渡しました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

舞姫会 第二期終了奉告祭

舞姫会 第二期終了奉告祭

舞姫会 第二期終了奉告祭

舞姫会 第二期終了奉告祭

舞姫会 第二期終了奉告祭

舞姫会 第二期終了奉告祭

先生のお話に真剣に耳を傾けながら大事に受け取ってくれました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

受け取ったあとは、廣田会館に戻り一斉にみんなで開きました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

みんなで見回しながら騒ぐと思いきや、食い入るように見ていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

一通り見終わった後はそれぞれのアルバムにメッセージを書きます。

舞姫会 第二期終了奉告祭

一年間分の思いもあり、書ききれないくらい濃密にメッセージを書いていました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

今日、来られなかった舞姫達の分にもしっかり書きました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

一年間、活動に理解を示して、忙しい中にも関わらず支えてくださった保護者の方々にもメッセージを書いてもらいました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

あっという間に時間が過ぎ、全員が書き終わったところで終わりの会を行いました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

今期最後の玉串拝礼は中学生にお願いしました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

一糸乱れず揃った拝礼でした。

舞姫会 第二期終了奉告祭

宮司、先生から最後にお話しをしました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

これで終わりかと思いきや、卒業する舞姫から皆に向けた手紙を書いてくれました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

一人一人に向けられたメッセージについ涙が溢れそうになりました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

ただ、卒業といってもこれで関係が絶たれるのではなく、これからも暇が出来れば遊びに来てほしいと思います。

舞姫会 第二期終了奉告祭

恒例の集合写真で無事今期も終了しました。

舞姫会 第二期終了奉告祭

一年間お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

来期の新規募集は未定ですが、募集の際には奮ってご相談ください。

新年度の団体・法人特別祈祷が執り行われました。

団体や法人の特別祈祷が続いています。

新年度 会社団体祈祷

4月1日から新年度となる会社や法人が多いため、上旬は商売繁盛や安全祈願が続きます。

新年度 会社団体祈祷

 

新年を迎える正月だけに限らず、新たな年度を迎える際にも社員、職員揃ってご祈祷を受け、日々の感謝と変わらないご加護を賜るようお祈りすることは仕事の意識向上にもつながると思います。

また、創業日や新たな事業の達成祈願など様々な形でもご祈祷を受付しております。

皆様の益々のご繁栄とご健勝をお祈り申し上げます。

4月(卯月うづき)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の卯月(うづき)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

月次祭 金生稲荷神社

一面青空の春の陽気が感じられるとても良い天気でした。

月次祭 二十三夜大神

天候にも恵まれ、多くの会社が年度初めということもあってかいつも以上に多くの方がお参りに来られていました。

月次祭 廣田神社

4月の主な年中行事

月次祭 金生稲荷神社

月次祭 八大龍神宮

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆舞姫会終了奉告祭 1日・・・舞姫会第一期生が無事終えた奉告祭を執り行います。

◆蟹田十三社 役員会 3日・・・外ヶ浜町に鎮座する十三社の役員総代で組織する蟹田十三社の役員会が行われます。

◆青森県女子神職協議会 監査役員会並び総会 4日・・・青森県内の女性神職で構成される協議会の監査役員会並び総会が行われます。

◆書道稽古 6日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆敬神会 監査 6日・・・崇敬団体である敬神会の監査が行われます。

◆廣田神社 監査会 7日・・・廣田神社の平成27年度会計の監査が行われます。

◆船岡久須志神社 祈年祭 8日・・・五穀豊穣・商工業発展を祈念する春の大祭を執り行います。

◆敬神会 理事会並び総会 13日・・・崇敬団体である敬神会の理事会並び総会が行われます。

◆◆教養講座 14日・・・宮司による古事記のおはなし、朗読会が行われます。

◆蟹田八幡宮 祈年祭 15日・・・五穀豊穣・商工業発展を祈念する春の大祭を執り行います。

◆人形供養感謝祭 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆中師稲荷神社 祈年祭 16日・・・五穀豊穣・商工業発展を祈念する春の大祭を執り行います。

◆庖刀碑慰霊祭並び四條公祭 16日・・・青森市内の日本料理人で組織される清庖会により、使い古した料理道具を境内の庖刀碑に納めて慰霊が行われた後、料理の神様に食の感謝と料理技術向上を願う神事が行われます。

◆桂淵龍神宮 祈年祭 19日・・・五穀豊穣・商工業発展を祈念する春の大祭を執り行います。

◆書道稽古 20日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆パラオ共和国慰霊祭の講演 24日・・・パラオ共和国にて戦没者慰霊祭を斎行したお話をします。

◆東北嶽東会 25~26日・・・相模国一之宮の寒川神社に奉職した神職OBの東北の会です。

◆廣田神社 責任役員会並び総代会総会 27日・・・廣田神社の責任役員会並び総代会総会が行われます。

月次祭 乃木神社

月次祭 八大龍神宮

月次祭にご奉納頂いた方にはお下がりをお頒け致しますので、名前の記載と共に必ず社務所までお持ち下さい。

今月も皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の益々のご健勝、ご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

平成29年4月の九星術運勢です。

平成29年4月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成29年4月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

思いつきで動かないことが肝心で、計画を練る上での慎重さが成功への道。中身を吟味してから進めても遅くはない。家族の健康管理を滞りなく。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

種々の相は悪くはないが、調子づき無分別な行動をとらないこと。手順を踏めばまずまずの線が見込めそう。高姿勢では波乱を呼び、対人関係に留意。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

心機一転、上昇気運に乗って励めば勢いよく前進できそう。理想を掲げて、精神集中することが大切。周囲との融和を心がけてこそ好機を活かせる。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

爽やかな気色に心弾む月。全力を尽くして真正面からぶつかれば、多少のふあんは吹き飛ばせる。目上からの引き立てや、財運工場の喜びと福に浸かれる。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

才能や人柄が買われ活気にあふれる好運月。無から有を生む飛躍が期待できたり、新企画や依頼事も有利に進められそう。約束や時間を違えぬこと。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

楽しい雰囲気を味わえて心躍る月。日頃の苦労が実を結び信頼感が根づくが、恵まれた環境も欲をかくと障害が。社交運順調、良い絆が続く努力を。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

内実は低迷し新方針にも不安と悩みがつきまとう。むやみやたらと飛びつくのは無意味で、計画性が欲しいところ。女性は交際上のもつれに用心。

八白土星 平成22、13、4昭和58、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

一見良さそうでも、見えないところに間が潜む。欲が災いのもととなり、身に余ることを願うと失うものも多い。手順を踏まえ丁寧に過ごせば安泰。

九紫火星 平成21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

時運はやや持ち直してくるが、依然として本格的に始動するには時期尚早。功利的な考えを捨てて、全体を見渡して対処しよう。過労・不摂生に留意。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

Page 5 of 416123456789101112...»»