ここから本文です

社務日誌

舞姫会の稽古が行われました。

平成29年8月26日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

今日は先週来られなかった舞姫も集まりました。

舞姫会 稽古

中学生がいると皆のお姉さんのようで、とても喜んでいます。

舞姫会 稽古

前回に引き続いて練習できなかった舞姫のために白衣の畳み方の復習をしました。

舞姫会 稽古

先ずは前回習った子も一緒に畳みました。

舞姫会 稽古

覚えてしまった子もいたため、今回初めて習う舞姫達にも積極的に教えていました。

舞姫会 稽古

はじめての舞姫達もお友達や先生に教えてもらいながら上手に畳んでいました。

舞姫会 稽古

すっかり慣れてきたようなので、誰が一番早く丁寧に畳めるかといったゲームも行い親しみました。

舞姫会 稽古

ゲームにして畳ませるとそれぞれの個性がとてもよくわかり、とにかく丁寧に畳んだり、速さだけを競って畳んだりと様子を見ていても面白かったです。

舞姫会 稽古

その後は来月の巫女舞演舞となるあおもりマルシェ、南旭町敬老会の打ち合わせを子供達としました。

舞姫会 稽古

子供達からは巫女舞の紹介をした方が良いや、自己紹介もあった方がいいなど様々な意見や提案がありました。

舞姫会 稽古

全く意見がでないかと思っていましたが、盛り上がるくらい色んなアイディアを出してくれました。

舞姫会 稽古

それをもとに来週は舞の他に発表の仕方も練習する予定です。

舞姫会 稽古

最後は終わりの会で終了となります。

舞姫会 稽古

当日参加出来る子も、できない子も楽しく稽古も一緒に参加できればと思います。

舞姫会 稽古

また、第三期生も募集中です。

ぜひぜひ一緒に舞姫会でけいこしてみませんか?

体験稽古中です。

あおもりマルシェ巫女舞

10時~

見学無料

青森県神道青年会で献氷祭を執り行いました。

平成29年8月26日に青森縣護國神社において青森県神道青年会の奉仕で献氷祭を執り行いました。

この献氷祭は、去る8月24日に弘前市の青森縣護国神社に於いて、青森県神道青年会が主催して斎行する神事です。

御祭神の御英霊、戦没者に対して、喉の渇きと空腹を訴えて祖国に想いを馳せ亡くなられた方々に、少しでも涼んで頂き、郷土の清水を氷にして御供えするというものです。

廣田神社のある東青支部を始め会員やご参列の方々、県内各地の神社様より集められたものです。

この場を借りて東青支部管内の神社様に対して、ご協力頂きまして誠にありがとうございました。深く御礼申し上げます。

青森県神道青年会 献氷祭

当日は習礼後11時に斎行しました。青森縣護国神社宮司様を始め、公益社団法人青森県遺族連合会理事長様を始め、おおよそ10名程度の御参列でした。

さて、参進して修祓、大拍子、斎主一拝、献饌(略儀)、雷声、祝詞奏上と続きました。

その後、今年初めての企画の女子神職による2人舞の浦安の舞の奉納がありました。

参列者の方々は、普段観られたことが少ない為か、大変興味深そうに見入っておられました。

その後に、青森縣護国神社宮司様を始め、参列者玉串拝礼、撤饌(略儀)、斎主一拝、大拍子、御英霊や戦没者に対しての黙祷を捧げました。

神事後に青森縣護国神社宮司様より御挨拶を頂戴し終了しました。

青森県神道青年会 献氷祭

本来であれば、拝殿前で記念撮影と神道青年会で植樹した桜の木に御供えした氷を撒くという行事がありましたが、生憎の大雨で中止になりました。

最後に神道青年会の会員で氷と水を撒きました。自分も水を撒くことが出来て良かったです。

さて、その後東北六県の神道青年会の親睦事業で今年青森県が当番となり、その親睦事業でのレクリエーションとしてカローリング大会をすることになりました。

新種のスポーツということです。カーリングのアイスリンクが体育館のフローリングに代わるものです。

ジェットローラーを目の前の的を目掛けて押し出すのですが、斜めに進んだり、行き過ぎたりと、なかなかコツを掴むのに苦労しました。

青森県神道青年会 献氷祭

戦後72年が経過し自分も戦争や戦没者に対しての意識が薄れていた中で、非常に有意義な時間でした。

また、これからも戦没者慰霊祭などがありましたら、積極的に参列や奉仕をして行きたいと思います。

この献氷祭は実家でも出来るのかと思いますので、どんな感じになるかはわかりませんが、是非後世に残して行けたらいいかと思います。

なるべく風化をさせないようにしたいと思います。

記:鈴木権禰宜

書道の稽古が行われました。

平成29年8月24日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「小野」という字です。

書道稽古

小という字が画数が少ないうえに、文字の大きさを揃えるのが非常に難しい字のため、複雑な画数である野の字と合わせるのが大変でした。

2017-08-24 002k

先月と同じ課題ですが、楷書のため、特に用筆法に気を付けながら一文字一文字丁寧に書いていました。

今年は宮司が日展に出品するということで、その指導もしてもらいました。

 

小柳稲荷神社例祭の津軽神楽奉仕を助勤しました。

平成29年8月20日に小柳稲荷神社例祭の津軽神楽奉仕を助勤しました。

青森市や津軽地方の神社では、最も大切な神事である例祭において津軽神楽と呼ばれる神楽が奉納されるのが習わしになっています。

小柳稲荷神社 津軽神楽奉仕

この津軽神楽は神職の家柄である社家のみで伝承していく格式高い神楽であるため、各神社の神職さん方がそれぞれ社務忙しい中、大神様に奉納するために集まり奉仕をします。

小柳稲荷神社 津軽神楽奉仕

久し振りの青空広がる天気でしたが、通りぬける風は秋の心地でした。

津島衆議院議員や小野寺青森市長も参列され沢山の氏子さんで溢れていました。

小柳稲荷神社 津軽神楽奉仕

昨日の宵宮も盛大だったようでお手製の刺身と鯛のじゃっぱ汁、漬物をいただきながら楽しく過ごしました。

地域の繁栄と氏子皆様の御多幸をお祈り申し上げます。

新城金峰神社例祭の津軽神楽奉仕を助勤しました。

平成29年8月19日に新城金峰神社例祭の津軽神楽奉仕を助勤しました。

青森市や津軽地方の神社では、最も大切な神事である例祭において津軽神楽と呼ばれる神楽が奉納されるのが習わしになっています。

 新城金峰神社 津軽神楽奉仕

この津軽神楽は神職の家柄である社家のみで伝承していく格式高い神楽であるため、各神社の神職さん方がそれぞれ社務忙しい中、大神様に奉納するために集まり奉仕をします。

 新城金峰神社 津軽神楽奉仕

野内貴船神社奉仕後、すぐ移動しての奉仕となりました。

昨年、事業完遂の記念として津軽神楽が奉納されましたが、今年も氏子さん等の要望もあり奉納することになったそうです。

 新城金峰神社 津軽神楽奉仕

小野寺青森市長も参列され、社殿いっぱいの氏子さんが参列され、直会では皆さん楽しそうに御神酒を酌み交わしていました。

地域の繁栄と氏子皆様の御多幸をお祈り申し上げます。

Page 6 of 445123456789101112...»»