ここから本文です

社務日誌

七五三詣のご紹介。

10月に入り着飾った七五三詣のご家族が多く来られています。

健やかな成長を願い

家族そろって廣田神社でご祈祷しましょう

七五三

七五三詣とは3歳の男女児、5歳の男児、7歳女児が、これまで健やかに成長できた感謝の奉告と、これからの健康や幸せを祈願する大切な人生儀礼です。

古くは3歳を迎えると「髪置(かみおき)」といって頭髪を伸ばし始める節目となり、5歳では「袴着(はかまぎ)といって男児が初めて袴を着装し、7歳には女児が「帯解(おびとき)」といって、これまでの紐を解いて大人と同様の帯を付け始めたことに七五三は由来します。

この節目を祝って神様へご挨拶することで、町や村の一員へと社会的に認められて加わることが出来ました。

本来は11月15日が七五三詣の日ですが当神社では常時受付しております。

一生に一度のお祝いをご家族揃って廣田神社でご祈祷しましょう。


受付時間

毎日 9時30分~16時30分  10月1日~

・土日、祝日などの混雑時には複数組のご家族でご祈祷する場合がありますが予めご了承下さい。
・予約なしでも受付致しますが、なるべく事前に来社日時をご連絡下さい。
・七五三祈祷は年中受付しておりますが、紅白飴やお菓子等の授与は10月1日から11月末頃までとなります。
※止むを得ない事情により上記時間外希望の方は気軽に社務所までご相談下さい。

年齢

3歳 男女児 平成27年生(満平成26年生)

5歳 男児  平成25年生(満平成24年生)

7歳 女児  平成23年生(満平成22年生)

・本来は数え年にて七五三詣を行いますが、満年齢でもお受けしております。

初穂料

お子様1人に付き 10,000円からのお気持ち

授与品(お渡しするもの)

千歳あめ紅白セット

七五三ポストカード2枚

お守り

お神札

祈願絵馬

感謝絵馬

ご神米

ご神塩

特製白木箱

先着200名様には ”七五三特製グリコのお菓子セット”  を授与致します。

撤饌 グリコお菓子セット

碁盤の儀 (ごばんのぎ)

~皇室行事の深曾木の儀から由来~

皇室の七五三にあたる「着袴の儀」の後に行われる儀式です。

碁盤の上に立ち髪の毛先を揃える「髪剃」の後、青石を踏むことで心身を祓い、元気よく飛び降りることで大地にしっかりと足をつけてひとり立ち出来るようにと願う意味があります。

また、碁盤の目のように「筋目正しく」「美しく」他にも「勝負ごとに強く」などの意味も込められています。

碁盤の儀

★碁盤の儀の作法★

一、右手に檜扇 左手に小松と山橘を持つ

一、碁盤の上に乗り神社へ向いて拝む

一、青石を踏み「エイッ」の掛け声で正面に飛ぶ

※ご祈祷を受けられた方のみ使用可能です。

フォトメッセージ ~親から子どもへ贈る言葉~

おとうさん、おかさん、おじいさん、おばあさんから七五三詣を迎えた子ども達へ贈る言葉を写真に撮ってSNSへ投稿しませんか?

一生の思い出となるように子どもへ向けた贈る言葉を書くホワイトボードを用意しました。

気持ちを込めたメッセージを書いて一緒に写真を撮りましょう。

七五三 フォトメッセージ

★SNS投稿でキャラクターグッズが当たる福くじ★

フォトメッセージの写真を#廣田神社#七五三と付けてSNS(Facebook、Twitter、インスタグラムなど)に投稿した写真を神職に見せると、ポケモンやツムツム等のキャラクターグッズが当たる福くじが出来ます。

1、フォトメッセージの写真を撮影

2、SNSに#廣田神社#七五三を付けて投稿

3、神職に見せる

4、福くじを1回引く

5、キャラクターグッズが当たる!!

★廣田神社のwebサイトでご紹介します★

廣田神社のwebページやfacebook等のSNS、社報、その他に掲載可能な方は社務所にいる神職に声をお掛けください。

撮影させて頂いた後、下記サイトなどで紹介させていただきます。

※尚、社務日誌に紹介させて頂いた場合も福くじをプレゼントしています。

Blog (ブログ)

Facebook (フェイスブック)

Twitter (ツイッター)

instagram (インスタグラム)

設置期間 平成29年10月1日~12月15日

駐車場

境内駐車場 4台

アウトエア廣田通りコインパーキング 22台(神社向かい)

※御祈祷された方にはサービス券お渡しします。

上記が満車の場合

日専連柳町パーキング

※御祈祷された方にはサービス券をお渡しします。

予約/お問合せ

017-776-7848

電話受付/8:30~17:00

 

七五三詣のご紹介です。

平成29年10月21日の七五三詣のご紹介です。

七五三詣

とても元気でしっかりと玉串拝礼も上手に出来ていました。

三世代そろって明るい雰囲気で幸せそうでした。

2017-10-21 007k

お子様の健やかな成長をお祈りします。

フォトメッセージの投稿だけではなく、社務日誌に掲載いただいた方にも特別に福くじをお頒けしています。

ぜひ気軽に神職までお声かけ下さい。

七五三詣のご案内・・・http://hirotajinja.or.jp/page-19790/

舞姫会の稽古が行われました。

平成29年10月20日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

今週からより本番に向けた稽古にはいりました。

舞姫会 稽古

はじめの会の前に自分が使用する千早の準備をして着装させました。

舞姫会 稽古

千早の紐の結び方を覚えている子は忘れてしまった舞姫に教えたりして着付けていました。

舞姫会 稽古

今週も立礼作法にてはじめの会の玉串拝礼をしました。

舞姫会 稽古

礼の角度も段々と揃って綺麗になってきました。

舞姫会 稽古

早速、昇殿して舞の配置を確認しました。

舞姫会 稽古

実際に拝殿で舞う前に神事におけるお作法もしっかりと学びました。

舞姫会 稽古

お祓いの受け方、や玉串拝礼のタイミングなど、舞えばいいだけではなく、一緒に神事に奉仕するという気持ちをしっかりと持ってもらいます。

舞姫会 稽古

舞の参進から始めました。

舞姫会 稽古

参進のタイミングは上手に出来ていました。

舞姫会 稽古

ただ、日頃稽古している会館に比べて拝殿にて舞える場所は非常に狭いため苦労していました。

舞姫会 稽古

いつも稽古している歩幅や相手との距離感では完全にぶつかってしまうため、それを意識してしまうと次の動作が抜けてしまったり、飛ばしてしまったりしていました。

舞姫会 稽古

また、ここ何週間か特に意識させている細かい部分も、狭くなった途端に疎かになりがちになってしまっていました。

舞姫会 稽古

そういった点をもう一度意識させながら舞ってもらいました。

舞姫会 稽古

まだまだ狭さに苦戦をしているものの、少しずつ勘は取り戻しているようで若干修正されてきました。

舞姫会 稽古

残念ながら怪我で舞に参加出来ない中学生の舞姫にも手伝ってもらいながら確認していきました。

舞姫会 稽古

一回目の舞よりも確実に良くなっていました。

舞姫会 稽古

まだまだ環境が変わった影響での覚束なさはありますが、一挙手一投足集中していました。

舞姫会 稽古

恐らく今週の稽古で舞の距離感は大分掴めたようなので、来週はそれを踏まえてしっかりと舞えるように調整していきたいと思います。

舞姫会 稽古

拝殿という場所の緊張感もあってか最後の最後まで緊張を崩さずに臨んでいました。

舞姫会 稽古

最後の整列までしっかりと舞納めました。

舞姫会 稽古

最後に玉串拝礼の作法を今一度確認して休憩となりました。

舞姫会 稽古

今日は神様にお供えされた果物でしたが、いつもお菓子より果物の方が嬉しいようで、とても楽しそうに取り分けていました。

舞姫会 稽古

しっかりと食前食後感謝を唱歌していただきました。

舞姫会 稽古

最後に余った果物はジャンケン大会でとりわけとても盛り上がりました。

舞姫会 稽古

終わりの会もしっかりと礼作法を意識した作法で行っていました。

舞姫会 稽古

終わりの会終了後は自分たちが使用した千早をちゃんと片付けて終了となりました。

舞姫会 稽古

これから本番に向けてより洗練された舞に近づけられるよう頑張っていきたいと思います。

書道の稽古が行われました。

平成29年10月19日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「楠美」という字です。

比較的画数の多い文字のため線が均一的な太さにならないよう気を付けながら書きました。

書道 稽古

先週に引き続き同じ課題でしたが、少しずつ先生に言われた注意点を修正しながら意識して書くことが出来ました。

御神饌田の稲架を作りました。

平成29年10月19日に御神饌田の稲架(はさ)を作りました。

御神饌田 稲架

昨日刈った稲を脱穀する前に感想させるため、稲を束ねて木の柵にかける稲架(はさ)を作りました。

御神饌田 稲架

地方によっては稲掛けや稲機(いなばた)等、名称は様々ですが、現在でも田園でこういった光景を見ることがあります。

掛け方は場所によって様々ですが、当神社では数も少ないためこのようにしました。

御神饌田 稲架

雨が続いているため社殿の中で干していますが、頃合いを見て天日干しにもしたいと思います。

Page 6 of 456123456789101112...»»