ここから本文です

社務日誌

己亥 平成31年 皇紀2679年元旦を迎えました。

戊戌 平成30年 皇紀2678年元旦を迎えました。新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

元日

お晦日には雪が積もり、今朝も夜が明けてからも雪が降り続いていました。

元日

午前中は時折、青空広がる場面もありましたが午後になると濡れ雪が深々と降り続いていました。

元日

それでも沢山の方が新たな年を迎えられた喜びの笑顔でご参拝に来られていました。

元日

昼前には授与所も長蛇の列ができていました。

元日

また、今年新しく設けたテント授与所も好評でした。

元日

それでも長時間お並びして待たせてしまい、まだまだ改善できるよう努めていきたいと思います。

元日

家族連れで来ていた子供達の声も境内に響き、賑やかな景色がとても微笑ましい光景でした。

元日

善いことや悪いことがあっても、新玉の年を迎えることでまた心機一転、心をまっさらにして輝く年を過ごすことがとても大切です。

元日

一つ一つ節目をつけて新たな年を過ごしていただければ幸いです。

元日

これまで、授与品の頒布を授与所と会館併設の臨時授与所を使用していましたが、ここ数年の混雑と社殿の雪が落雪した際の危険性を考慮して、廣田苑にテント式の授与所を設けることにしました。

元日

テント式の授与所では主におみくじ類と正月の授与品を頒布するようにし、31日、1日~3日まで分散することにしました。

元日

同時にテント授与所の向かい側では毎年恒例の開運福餅振る舞いを総代や氏子さん等で行いました。

元日

氏子の洋菓子エリーゼさんの店主が中心となって調理し、餅つきでは参拝にきた子供たちに体験してもらいました。

元日

瞬く間に行列になり300個以上用意したお汁粉もあっという間になくなってしまいました。

元日

昨今、扱いの難しいお餅の衛生面で取りやめてしまう神社や自治体が多いと聞きますが、細心の注意を払いながらこれからも何とか、歳神様のお年玉を皆さんに分け与えられればと思っています。

元日

廣田苑を整備し始めてからおよそ10年、これだけ参拝する人であふれたのは初めてだと思います。

元日

こうして、末社も崇敬される方が増えるのはきっと神様も喜んでおられます。

元日

新しい年を迎え、家族が安泰、健全でいられるよう家内安全の春祈祷を受けるために沢山のご家族が来られていました。

元日

一年の慶を寿ぎ、どのご家族のお子さんも親御さんの姿を真似して、しっかりと拝んでいました。

元日

こうして、家族ともども昇殿して一緒に一年の安全を祈願することで、また一つ絆が強く結ばれます。

元日

また、舞姫が今回一人ご奉仕してくれることになり、助勤の巫女さん達と一緒におみくじやお守りの奉製をしてもらっています。

元日

舞姫会で人前に出ることに慣れているからか、中学生とは思えないほど頑張ってくれています。

元日

雪が強い時間も多いのですが、それでも途切れることなくお並び頂いていました。

元日

テント授与所も初めてということもあり、手探りで行っていますが助勤の巫女さん達も気を利かせて工夫してくれています。

元日

廣田苑の庭園も雪帽子をかぶり、冬らしい風景にすっかりとなりました。

元日

まだまだ、巫女もはじまったばかりで不慣れな対応になりますが、どうぞ寛大な心でお受けいただければ幸いです。

元日

家族、友人、お一人でもそれぞれの想いを載せながら皆手を合わせていました。

元日

提灯の神妙な明かりが一日中辺りを照らしながら一年の始まりも無事に終了しました。

元旦祭

新年はじめの神事である元旦祭も多くの方に参列頂きましした。

元旦祭

笑顔で一言目の挨拶を交わしながら新しい年を迎えた喜びを分かち合っていました。

元旦祭

深々と降る雪の寒さを感じながら、感謝の念と希望の念を込めて沢山の方がご参列されました。

元旦祭

外から聞こえる多くの参拝者が鳴らす鈴の音を感じながら新年の訪れを感じていました。

元旦祭

今年でいよいよ平成最後を迎え、来年の元旦祭は新しい元号のもとの斎行になります。

元旦祭

そのような時代の変わり目も滞りなく迎えられることに喜びをとても感じています。

元旦祭

今年の元旦祭では舞姫会の舞姫が、神社での奉仕のほか神事で豊栄舞を奉納してくれるということで、玉串拝礼も行ってもらいました。

元旦祭

久し振りの一人舞を見ることになりましたが、一期生の子ということで長年稽古を重ねてきただけあり、大人顔負けのとても優雅で美しい舞でした。

元旦祭

張り詰めた神事の空気をより清らかに、且つ麗しく華を添えて頂きました。

元旦祭

元日に相応しい舞の奉納となりました。

元旦祭

本年も滞ることなく神事を斎行し、国の隆昌、世界の共存共栄、皇室の弥栄、地域の繁栄をお祈りしていきたいと思います。

元旦祭

参列された方々も新たな年を豊寿ぎながら良き年ととなるよう真摯に祈りを込めて拝礼していました。

元旦祭 金生稲荷神社

金生稲荷神社 元旦祭

今年は兼務神社のご祈祷なども重なり、若干遅い時間での斎行となりましたがお一人参列してくださいました。

金生稲荷神社 元旦祭

非常に寒い中での神事でしたが、凛と張り詰めた空気がとても清々しい気持ちとなりました。

金生稲荷神社 元旦祭

時折窓から射す陽の光がとても神々しく、気持ちよくご奉仕出来ました。

金生稲荷神社 元旦祭

新年はじめの神事も全て滞りなく斎行され、無事に年を迎えることが出来ました。

金生稲荷神社 元旦祭

今年一年が氏子崇敬者の皆様にとって佳き年、善し年となるよう廣田大神様にお祈り申し上げます。

春祈祷(家内安全)・・・http://hirotajinja.or.jp/page-26683/

新年特別祈祷・・・http://hirotajinja.or.jp/page-31215/

厄年/星厄年について・・・http://hirotajinja.or.jp/page-4616/

大晦日に除夜祭並び師走大祓式を執り行いました。

本年も廣田大神様の御神恩により滞りなく一年を無事終えることが出来ました。

除夜祭並び師走大祓式

今年も恒例祭のほか、臨時祭を含め全ての神事が斎行されました。

除夜祭 師走大祓式

最後の神事は一年の感謝と来年が佳き年となるよう除夜の祈りと、半年の罪穢れを祓い清める師走の大祓式となりました。

除夜祭 師走大祓式

神社関係者である責任役員、総代、世話人等をはじめ氏子崇敬者が多数参列されました。

除夜祭 師走大祓式

神様と共に祈り続けた一年間を振り返りながら、その一つ一つに感謝の念を込めて厳かに手を合わせました。

除夜祭 師走大祓式

大祓詞の一文字一文字を奏上しながら、少しずつ心身が祓い清められていくのを感じました。

除夜祭 師走大祓式

続いて除夜祭の祝詞を奏上して感謝の祈りを捧げました。

除夜祭 師走大祓式

また、人形に罪穢れをうつし、師走大祓式で八針にとり裂き、参列者の心身を祓い清めました。

除夜祭 師走大祓式

参列者も思い思いの一年を振り返り、その時々の感謝を込めながら一人ひとり丁寧に玉串を捧げて拝礼していました。

除夜祭 師走大祓式

日付が変わる0時に近づくにつれ、境内の声がざわめき始めていました。

除夜祭 師走大祓式

津々と降る雪の寒さが神気を漂わせ、とても清々しい気持ちになりました。

除夜祭 師走大祓式

間もなく年が明ける直前はとても静かな特別な時間です。

除夜祭 師走大祓式

最後の最後まで一礼に全身全霊を込めて拝礼しました。

除夜祭 師走大祓式

金生稲荷神社 除夜祭

本社に続いて末社の金生稲荷神社にて除夜祭を斎行しました。

金生稲荷神社 除夜祭 師走大祓式

本社よりもより寒さが厳しい中でしたが、それがかえって神妙さを際立てていました。

金生稲荷神社 除夜祭 師走大祓式

今年は一般の方も一緒に参列されて共に祈りを捧げました。

金生稲荷神社 除夜祭 師走大祓式

長時間、寒い中にもかかわらず皆さんも真摯に金生稲荷神社でも参列してくださいました。

金生稲荷神社 除夜祭 師走大祓式

境内では0時の報鼓とともに一斉に鐘を鳴らす音と、元日を迎えた喜びの声で湧き上がっていました。

金生稲荷神社 除夜祭 師走大祓式

一年を振り返ってみると年間行事のほかに、前年に続き6月にはパラオ共和国に渡り慰霊祭を執り行うと共に未だ戦後踏み入れられていない村の調査、また、青森に親しみをもってもらおうとりんごとホタテの津軽弁のおみくじを伊奈かっぺいさんに製作してもらうなど、様々なことがありました。

また、社頭が忙しい日が多くなり、神社への祭祀運営をより健全にするため、助勤の巫女2人と事務2人を新たに採用しました。

他にもこれまでなかった試みや新しいことは増えてきましたが、常に廣田大御神様のもと責任役員、総代、氏子崇敬者皆さんの篤い崇敬の念によっていずれも滞りなく行うことができました。

今年一年も佳き年、麗し年となりました。

氏子崇敬者皆様の新しき一年が素晴らしい良き年となりますことを祈念申し上げます。

干支ねぶたを奉納していただきました。

平成30年12月25日に穴水行憲さんより毎年恒例の干支ねぶたを奉納していただきました。

穴水さんは7月の頌徳祭前夜祭の神幸祭にて例年ねぶたを出陣してご奉仕くださいます。

干支ねぶた

そのご縁があって毎年干支のねぶたもご奉納頂いています。

今年は亥年ということで、とても凛々しく愛嬌のある顔をしていました。

干支ねぶた

干支ねぶたは皆様を迎える社務所の授与所前に掲げますのでどうぞご覧ください。

誠にありがとうございました。

また、一年の感謝とこれからのご挨拶として、正月にお酒や初穂料などを奉納される方は社務所までお持ちください。

平成31年1月の九星術運勢です。

平成31年1月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成31年1月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2、昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

年初から一新したい気持ちが高まるも、忙しさにかまけて大事なことを忘れがちに。実行する前にもう一度検討してみること。家族を大切にして吉。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

心の交流が深まる月。細やかな気遣いで運気も安定する。思いつきで動かず、将来を考えた計画を立てよう。暴飲暴食は控得体調管理の最優先を。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

運気も味方し地道にすればするほど実を挙げ、人の意見に寄り添う度量を示せば諸事好転。才能も評価され契約・交渉事は円滑に運ぶ。陰の善行吉。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

充実感を味わえる上昇運に伸展の期待は高まるが、状況に身を委ねて脱線する心配が。一つずつ仕上げて次に進めば収穫を喜べる。体調管理徹底を。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

漸次好転の兆しに目先が明るみそう。一度決めたことは時間を惜しまず全力投球して福を招こう。陰から支えてくれている人は改めて感謝の念を。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

将来への可能性が広がる中、欲心が道を誤らせることも。行動を起こす前に熟慮と話し合いを。年長者のアドバイスは貴重。浪費抑えて余裕。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

慣れたことで手違いが起きやすく、回り道でも堅実な対応が肝心で気を緩めては駄目。甘い誘いにつられて羽目を外しやすいのも心配。家庭第一に。

八白土星 平成31、22、13、4昭和5、8、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

衰退気運から回復への兆しはあるが、いつものペースは乱れがち。身近な目標を確実に達成させることが向上への道。家族・仲間の協力に感謝を。

九紫火星 平成30、21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

年頭から意欲に溢れや神的に立ち回りたくなるが、逸る気持ちを抑えないと裏目に出やすい。腰を落ち着けて先行きを考えた準備に時間をかけよう。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

正月の奉納提灯が掲げられました。

平成30年12月25日~26日に境内へ奉納提灯が掲げられました。

正月鋪設

お正月を迎えるにあたって、25日に国旗の掲揚や提灯の木枠の設置を、いつもお世話になっている逢坂建築設計事務所の方々が舗設してくださいました。

正月鋪設

奇跡的に雪もなく天気も良かったため、荒れている例年とは違い滞りなく作業していました。

正月鋪設

続く、26日には総代や世話人方による奉納提灯の掲揚が行われました。

正月鋪設

今年も沢山ご奉納頂いた提灯を設置して頂いた木枠に取り付けていきました。

正月鋪設

前日同様、雪もなく、天気も良かったため奉仕作業も順調に進みました。

正月鋪設

従来使用していた会館に繋がっている臨時の授与所ではなく、新たにテントを設けて授与所を設けることになりました。

正月鋪設

これまでの臨時授与所だとお参りする方と交差してしまい混雑してしまうのと、社殿の屋根から落雪すると授与所まで雪が落ちてしまう心配があったため、廣田苑の空いている場所を利用することにしました。

正月鋪設

先日、どのようなテントか確認のため業者さんに設置してもらいましたが、風や雪による破損が心配されるため足を畳んで小さくしてもらいました。

正月鋪設

奉仕終了後は恒例のお蕎麦を食べながら暖をとって楽しく休んでもらいました。

点灯した奉納提灯はとても綺麗ですので、ぜひご覧ください。

Page 7 of 541««...2345678910111213...»»