ここから本文です

社務日誌

境内(廣田苑)の木々の剪定をしました。

令和2年6月24日~26日に掛けて境内(廣田苑)の木々の剪定をしました。

境内 剪定

毎年、境内の剪定は例祭前に行いますが、今年は例祭後に剪定することになりました。

境内 剪定

10年前より境内の木々の管理も徐々にプロの造園屋さんに依頼してきたことで、ここ数年大分落ち着いた姿で成長してくるようになりました。

境内 剪定

ここ数年は道を挟んで東側境内と西側境内と各年で剪定を行ってきましたが、木々の成長と共に毎年植樹してきたことで、本数も多くなってきたことから、今年より全面を剪定することにしました。

境内 剪定

10年前から相当な木も増え、成長もしたため3日間の工程で行われました。

境内 剪定

3日間、天気予報では降雨の予定でしたが、結局最終日のみ雨が降ったため、何とか予定通りで終了することができました。

境内 剪定

さっぱりした木々が境内を彩り一層厳かな雰囲気となりました。

境内 剪定

また、廣田神社側に、木が腐ってしまった場所があったので、それを抜いて、周りを綺麗に剪定しました。

境内 剪定

植えたばかりの木が殆どのため、まだまだ、木がなじむまでには時間が掛かりますが、その分、毎年毎年変化して綺麗に揃えられていく景色を見るのも非常に楽しみとなっております。

境内 剪定

綺麗になった神苑を、どうぞお参りがてらご覧ください。

東青津軽神楽保存会の前期稽古並び反省会が行われました。

令和2年6月23日に東青津軽神楽保存会の前期稽古並び反省会が行われました。

津軽神楽は弘前藩四代藩主の津軽信政公が祀られている高照霊社(高照神社)に奉納されたのがはじまりで、現在まで300年近く神職のみによって受け継がれている格式高い神楽です。

東青地区では主に各神社の例祭に奉納され、また、特別な事由の際にも行われています。

津軽神楽 前期稽古

今年度は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため神楽奉納を取りやめになる神社も多く、最終的には2社のみとなってしまいました。

また、それぞれが各神社の宮司を担う立場から、感染拡大予防のため、稽古の日数も減らしました。

そのような中であっという間に前期も終了し、最後の稽古を行った後、反省会としてお互いのコロナ禍対策を共有しながら来年に向けてどのような活動が出来るか話しあいました。

もちろん、神楽の奉納が中止となっても、各神社の神事は斎行し、世の平安、国民の安寧はお祈りいたします。

来年、コロナ禍が治まり、津軽神楽が奉納できることになりましたら、ぜひ、こぞって氏神様にお参りいただければと思います。

令和2年 津軽神楽奉納神社一覧

今年度は新型コロナウィルス感染防止拡大のため、多くの神社が中止、未定となっております。

廣田神社では毎年6月20日の例大祭で奉納しておりますが、今年は神楽奉納は行わず、神事のみの斎行となっております。

7月27日 10時半 諏訪神社

9月13日 10時 浅虫八幡宮

産業廃棄物中間処理場の新築工事の地鎮祭を執り行いました。

令和2年6月23日に(仮称)山本工業産業廃棄物中間処理場の新築工事の地鎮祭を執り行いました。

新築工事 地鎮祭

山本工業様は未来へつながる解体を、という理念を掲げられ、今回、建設廃材等を最終処分場へと中間処理する施設が青森空港近くに建設することになったそうです。

新築工事 地鎮祭

今回のコロナ禍の最中ではあったそうですが、諸々ことも順調に進だそうで、神事もしっかりと執り行いたいとの意向から、感染拡大の防止に努めながら斎行することになりました。

新築工事 地鎮祭

皆さん玉串に無事完成の願いを込め、真摯に奉り拝礼されていました。

新築工事 地鎮祭

工事の無事安全をお祈り申し上げます。

山本工業・・・http://yamamotok.com/

小学校の広報取材を受けました。

令和2年6月22日に長島小学校の広報取材を受けました。

神社の近所にある小学校の広報を製作するにあたって、今回のコロナ禍についての取材内容でした。

小学校取材

廣田神社の歴史からはじまり、過去にも疫病退散した由来や、現在行っている活動などをお話しさせていただきました。

もし、目に触れる機会がありましたら、是非ご覧ください。

7月(文月 ふみづき)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の文月(ふみづき)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

2020-07-01 072k

青森市も梅雨の装いになり、連日雨の模様となっています。

月次祭 廣田神社

幸いにも雨の予報にもかかわらず、降られる事無く曇天の中、斎行いたしました。

月次祭 二十三夜大神

7月の主な年中行事

月次祭 廣田神社

月次祭 廣田神社

月次祭 二十三夜大神

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆舞姫会稽古 3日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆インスタLIVEコラボ配信・・・InstagramのLIVE配信機能を使用して他県神社の神職とコラボ配信します。

◆敬神会清掃奉仕 5日・・・廣田神社を崇敬する団体「敬神会」の会員等による清掃奉仕活動です。はじめに朝拝に参加し神職講話も行われます。

◆青森県神社庁役員会 5日・・・青森県神社庁の役員会があり宮司が理事として出席します。

◆茅の輪撤去 7日・・・夏越大祓式で使用した茅の輪を総代世話人さんのご奉仕で撤去します。

◆書道稽古 9日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために神職の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古 10日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆清水天満宮 例祭・山ノ神 12日・・・青森市清水地区に鎮座する清水天満宮の例祭と山ノ神祭で、あらゆる繁栄と多幸を願う一年で一番重要なお祭りです。

◆人形供養感謝祭 16日 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆(コロナ禍により中止)進藤庄兵衛正次翁頌徳祭 前夜祭・神幸祭 17日・・・頌徳祭前夜に翁の神霊を御神輿に遷し、その分霊をねぶたに招いて氏子区域を渡御して御神徳を授ける神幸祭を執り行います。

◆ (コロナ禍により神事のみ斎行)進藤庄兵衛正次翁頌徳祭 頌徳祭 18日・・・青森開拓の一大恩人である進藤庄兵衛正次翁の遺功を頌徳するために行われる祭りで、毎年青森ゆかりの方の奉納講演が行われています。

◆広瀬八幡宮 例祭 19日・・・蓬田村広瀬地区に鎮座する広瀬八幡宮の例祭で、あらゆる繁栄と多幸を願う一年で一番重要なお祭りです。

◆寺カフェ講話 23日・・・僧侶が「ゆるい」説法や寺院の仕組みなどを明かすtera(寺)cafe にゲストとしてパラオでの慰霊祭をお話しします。

◆舞姫会稽古 24日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の稽古です。

◆金魚ねぶた献灯祭 25日~翌月7日・・・献灯された金魚ねぶたを鳥居に掲げてねぶた地域の繁栄、幸せを祈願します。

◆諏訪神社 助勤奉仕 27日・・・諏訪神社の例大祭にて津軽神楽の助勤奉仕を行います。

月次祭 八大龍神宮

月次祭 金生稲荷神社

2020-07-01 066k

月次祭 乃木神社

月次祭にご奉納頂いた方にはお下がりをお頒け致しますので、名前の記載と共に必ず社務所までお持ち下さい。

今月も皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の益々のご健勝、ご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

Page 7 of 650««...2345678910111213...»»