ここから本文です

社務日誌

廣田苑の剪定が行われました。

令和元年5月31日~6月1日に廣田苑の剪定が行われました。

廣田苑 剪定

旧表参道の道路を挟んで隔年で東苑と西苑を剪定しています。

廣田苑 剪定

今年は東苑である廣田苑の剪定となりました。

廣田苑 剪定

2年経過すると想像以上に木の葉も成長していきます。

廣田苑 剪定

年々植樹をしていることもあり剪定する木も増えたため今年は二日間かけて行われました。

廣田苑 剪定

さっぱりと綺麗に剪定され、見通しもよく一層情緒ある風景になりました。

廣田苑 剪定

剪定されて綺麗になった廣田苑をぜひ参拝がてらご覧ください。

舞姫会の稽古が行われました。

令和元年5月30日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

今日も元気にたくさん集まってくれました。

舞姫会 稽古

始めの会から早速外で稽古をはじめました。

舞姫会 稽古

参進から本番同様に行いました。

舞姫会 稽古

先週同様、いつも舞っていた部分は上手に合わせてますが、二人舞になる箇所はどうしてもずれてしまいます。

舞姫会 稽古

特に間奏部分がうまくかみ合いませんでした。

舞姫会 稽古

それでもそれぞれ集中して舞っていました。

舞姫会 稽古

そのまま続けようとしたところ、突然雨が降り出したため、急きょ会館へ移動して稽古を再開しました。

舞姫会 稽古

テーブルを移動していつも以上に広くしてなるべく外と同じようにしました。

舞姫会 稽古

狭くなったこともあってか、外で舞った時よりかは若干揃っていました。

舞姫会 稽古

それでも探り探りの場面が多く、意識をしなくても動けるよう回数を重ねました。

舞姫会 稽古

時折、先生の指導を受けながら細かく修正していきます。

舞姫会 稽古

一通り舞ったら間を置かずに繰り返し舞いました。

舞姫会 稽古

少しずつですが、一回目よりも二回目、二回目よりも三回目と合いはじめてきました。

舞姫会 稽古

舞姫達も自分たちのいたらない部分をしっかりと考えながら集中していました。

舞姫会 稽古

最後の最後まで気を抜かず退下まで舞通しました。

舞姫会 稽古

あっという間に時間が過ぎたので準備も急いで楽しみの休憩にしました。

舞姫会 稽古

あれだけ舞ってもまだまだ元気でとても楽しそうに喋っていました。

舞姫会 稽古

終わりの会前にまだ一回舞えそうなので急いで片付けました。

舞姫会 稽古

すぐ気持ちを切り替えて最後にもう一度舞いました。

舞姫会 稽古

一旦休憩挟んだこともあってか動きもとても良くなっていました。

舞姫会 稽古

間奏部分も綺麗にそろい始めていました。

舞姫会 稽古

部分部分の手や顔の向き、そういった箇所はとても綺麗になっていました。

舞姫会 稽古

先生から最後にもう一度指導して終了しました。

舞姫会 稽古

終わりの会もしっかり神様にご挨拶して本日の稽古も終了しました。

舞姫会 稽古

残り三週間、気を抜かずに少しでも上達できるよう稽古をしていきます。

舞姫会 稽古

6月19日の宵宮ご参拝お待ちしております。

廣田会館の玄関タイル改修工事を行いました。

令和元年5月31日に廣田会館の玄関タイル改修工事を行いました。

廣田会館玄関タイル改修工事

平成8年の創建一千年記念で竣工した廣田会館も経年劣化に伴い玄関のタイル石が割れていました。

廣田会館玄関タイル改修工事

ここ数年は特にひどく損傷していたため、張り替えることになりました。

廣田会館玄関タイル改修工事

全てのタイル石を剥がし一枚一枚丁寧に敷いて工事してくださいました。

廣田会館玄関タイル改修工事

本物の石を切って張り付けたものですのでとても重厚感あふれる綺麗な玄関に生まれ変わりました。

また、併せてこれまで全自動の自動ドアでしたが、冬季間、吹雪くと舞い散る雪にセンサーが反応して開いてしまいましたが、今回タッチセンサーに仕様を変更しました。

6月20、19日の例大祭に向けて氏子崇敬者皆さんを明るくお迎えが出来るようになりました。

調剤薬局の地鎮祭が執り行われました。

令和元年5月30日に調剤薬局の地鎮祭(じちんさい)が執り行われましたのでご紹介します。

今回新たに建築されるのは、中央調剤薬局堤町支店です。

中央調剤薬局堤町支店 地鎮祭

風は非常に強かったですが、青空広がる良い天気のもと斎行することになりました。

中央調剤薬局堤町支店 地鎮祭

これまでの支店もしっかりと地鎮祭を執り行い、工事の無事完成と地域の医療発展に尽くせるよう祈願してきました。

中央調剤薬局堤町支店 地鎮祭

今回も社長、会長ほか工事関係者が参列し、真摯に祈りを込めて拝礼していました。

地鎮祭とは建築する前に土地の神様へ場所をお借りする報告と工事の無事安全を祈願する大切なお祭りです。

その後、棟上(むねあげ)時に行う上棟祭(じょうとうさい)、完成してから神棚をお祀りする新宅祭(しんたくさい)を執り行うことで多くの神様にお守り頂きながら家が完成します。

病院、薬局関係者の益々のご多幸と工事従事者皆様の工事安全を廣田大御神様に祈念申し上げます。

中央薬品・・・http://www.chuo-ph.com/

地鎮祭について・・・http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai-other/

会社事務所の神棚奉鎮祭を執り行いました。

令和元年5月30日に青森設備工業さんの神棚奉鎮祭を執り行いました。

毎年、節分祭の協賛奉納など親しく崇敬頂いている会社です。

今まで祀っていた神棚をしっかりと整理して、新たにお祀りしなおすことで心機一転を図りたいと神事を執り行いました。

青森設備工業 神棚奉鎮祭

皆さんとても応対よく、お手伝いいただきました。

社長が代表して心を込め社員共々に真摯に祈りを玉串に込めて奉っていました。

神棚は自宅に祀って家族をお守りいただくだけではなく、会社や事務所に設けることで常に会社の隆昌、また社員の安全をお守り頂きます。

神様と共に仕事をしている、神様に常に見られながら清らかな心で仕事に臨む、そういった姿勢が会社の中で生まれてくるのも日々感謝の心で社員一緒に手を合すことが大事です。

ぜひ神棚を設けて神恩感謝の祈りを捧げましょう。

益々のご繁栄とご健勝をお祈り申し上げます。

青森設備工業・・・http://www.aosetu.com/

Page 7 of 572««...2345678910111213...»»