ここから本文です

社務日誌

廣田会館にカーペットを敷きました。

平成29年12月14日に廣田会館大広間にカーペットを敷きました。

廣田会館 カーペット敷き

このカーペットは総代長の工藤健二さんが奉納してくださいました。

廣田会館 カーペット敷き

今年、畳が奉納されたのを受け、イスで悪くないようにと配慮して頂いて正月を迎える前にと用意してくださいました。

廣田会館 カーペット敷き

安心して畳の上でもイスで座れるようになりました。

ご奉納ありがとうございました。

宮司さんのお正月のお話と世界でひとつだけのしめ飾り講座を開催しました。

平成29年12月13日に宮司さんのお正月のお話と世界でひとつだけのしめ飾り講座を開催しました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

教養講座とは神社を通して日本文化や郷土文化に触れて楽しんでもらおうと昨年から企画している講座です。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

今回の講座は昨年、大好評であったお正月のお話しとしめ飾りの講座です。

とても人気の講座で募集後すぐに定員に達してしまいました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

はじめに宮司からお正月のお話しをしました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

何気なくやっていたり、知らなかったりしていたお正月の意味や行事の用意の仕方など学んでもらいました。

改めてお正月行事を見直してやってみますという言葉も頂けました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

続いて世界でひとつだけのしめ飾りつくりにはいりました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

講師は昨年同様に、something blue(サムシングブルー)主宰のフラワーデザイナー、太田コウさんが講師となり製作しました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

去年の注連縄をリース風にしたのとはまた違い、今回は紅白の水引の束を大胆に使用したしめ飾りとなりました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

紅白の水引100本の束を丸めるところから始めたのですが、これが意外と難しく、てこずりながら皆さんやっていました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

それでも先生の指導や周りの方と相談しながら上手に作っていました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

その後、しめ飾りの部分や梅や松、南天などの装飾を大まかな決まった所に張り付け自分なりに変化をもたせてつくっていました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

徐々に出来上がっていくにつれ笑顔も多くなり、同じ物を作っているのですが、個性あふれる素敵なしめ飾りが完成しました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

その完成したしめ飾りを御神前に供えて正式参拝となります。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

皆さんが一生懸命につくった、とても見栄えのするお洒落なしめ飾りを丁寧に祓い清めました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

講師の太田コウさんからは、このお祓いを受けたしめ飾りを頂けるのが皆さん嬉しいんですよと話されていました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

玉串を奉り、講師に合せて皆さんで拝礼しました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

今回は小さなお子さんや家族一緒に参加された方もいて、賑やかで楽しく開催することが出来ました。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

今年はお手製のしめ飾りで歳神さまをお迎えして正月をお過ごし頂ければと思います。

教養講座 宮司さんのお正月のおはなしと世界でひとつだけのしめ飾り講座

ご参加いただきまして誠にありがとうございました。

除雪機の安全祈願祭を執り行いました。

平成29年12月12日に除雪機の安全祈願祭を執り行いました。

除雪機安全祈願祭

12月に入ってから降雪も多くなってきたため、境内除雪を本格的に始めるために除雪機の安全祈願を執り行いました。

除雪機安全祈願祭

機械の力で除雪が一層効率よくなりますが、その一方で危険も多くなるため、毎年のことではありますが、しっかりと安全祈願を行い初心に還って安全の誓いを立てます。

除雪機安全祈願祭

時折、青空覗かせる晴れやかな時に祈願することができました。

除雪機安全祈願祭

 

これから大雪の場合には稼働します。

十分に注意を払って運転していますが、参拝の際には絶対に近寄らないようにお願いいたします。

山神祭が執り行われました。

平成29年12月11日に齋藤木材株式会社さんにて毎年恒例の山神祭(さんじんさい)が執り行われました。

齋藤木材 山神祭

山神祭とは木魂大神と称えられる大山祇大神(おおやまづみのおおかみ)や五十猛大神(いそたけしのおおかみ)をお祀りし、木々から戴く恵みに対して感謝を捧げるお祭りです。

齋藤木材 山神祭

毎年、山神祭の時には猛吹雪になることが多いのですが、神事中は比較的穏やかな天気となりました。

齋藤木材さんは創業100年以上を誇る青森市では由緒ある会社で、現在の場所に事務所を移転する前は廣田神社周辺に構えていたことから、東寺より信仰され毎年欠かさずに山神祭を執り行っています。

齋藤木材 山神祭

神事では山の神の掛け軸を据えて新しく奉製した事務所や各工場の御幣も一緒に祓い清めました。

また、各部署の責任者が代表して玉串拝礼を奉り今年一年の感謝と来年佳き年となるよう祈りが捧げられました。

齋藤木材 山神祭

これからはただ材木を提供するだけではなく、どのような使い方や加工の仕方が出来るのかなど、様々な提案をしていくことも大事だと仰っていました。

近年、世界的にも木造建築が見直されているため、時代に即した提供が大事になるそうです。

齋藤木材 山神祭

 

 

 

一年に一度、山神祭を執り行うことで自然に畏敬の念を持ち、その恵みによって従事させていただいていることを再認識する大切な神事です。

工事安全と益々のご繁栄をお祈り申し上げます。

舞姫会の舞納め会を行いました。

平成29年12月9日に舞姫会の舞納め会を行いました。

舞姫会 舞納め会

11月23日の新嘗祭も無事奉納し、今年一年の活動が終了したため、慰労会として毎年行っています。

舞姫会 舞納め会

舞姫達もこの舞納め会をとても楽しみにしてくれています。

舞姫会 舞納め会

舞納めといってもしっかりと始めの会から行います。

舞姫会 舞納め会

今年最後の玉串の所役は舞姫候補に将来有望な、舞姫の妹さんにお願いしました。

舞姫会 舞納め会

いつも見たり参加したりしているので、すっかり手順も覚えていました。

舞姫会 舞納め会

その間、親御さん方には食事の準備をしてもらいました。

舞姫会 舞納め会

舞姫達は今年最後の舞の稽古をしました。

舞姫会 舞納め会

毎年、この舞納め会になると様々な経験を経て、とても成長した動きを見せてくれます。

舞姫会 舞納め会

自信であったり、舞そのものの向上であったり、目を見張るような成長です。

舞姫会 舞納め会

今回の舞納め会にはしばらく体調を崩していた子も参加してくれて、みんなとても喜んでいました。

舞姫会 舞納め会

そのようなこともあり、みんな一緒に舞えているのが嬉しそうでした。

舞姫会 舞納め会

この舞納め会は慰労会としての意味もありますが、これまでは神様に感謝の気持ちを奉納してきたのに対し、これまで陰ながら尽力して協力してくださった親御さんに感謝を込めて舞う日でもあります。

舞姫会 舞納め会

そのため、親御さんを向いて感謝の気持ちを込めて舞いました。

舞姫会 舞納め会

少し照れくさそうにしながらも、立派に堂々と舞ってくれました。

舞姫会 舞納め会

入退場の参進まで集中して感謝の舞を贈れたと思います。

舞姫会 舞納め会

舞のあとは子供ひとりひとりから、親御さんに向けて感謝の言葉を直接述べてもらいました。

舞姫会 舞納め会

それに対して親御さんからも一言ずつ子供にむけて思いを述べてくれました。

舞姫会 舞納め会

普段、当たり前のように一緒に暮らしていると、なかなか感謝の気持ちを伝えるのは難しいですが、こうして言葉にしてみると本当に大切なことだと気付かされます。

舞姫会 舞納め会

親子で感謝の気持ちを交わしたところで、宮司が別件から戻ってきたので一言お話ししました。

舞姫会 舞納め会

また、今週行われるイベントのために舞の笛を練習していたため、初めて合わせるために一度舞ってもらいました。

舞姫会 舞納め会

急な出来事でしたが、憶するこなく笛に合わせて舞ってくれました。

舞姫会 舞納め会

また、親御さんから神職の皆さんへということで、とてもお洒落で美味しいお菓子を頂きました。

舞姫会 舞納め会

なぜかそれに舞姫達も大興奮で盛り上がりました。

舞姫会 舞納め会

その後は待ちに待った食事の時間となりました。

舞姫会 舞納め会

今年は昨年も好評だった手巻き寿司とおでんとなりました。

舞姫会 舞納め会

親御さんと舞姫にも手伝ってもらい用意しました。

舞姫会 舞納め会

それぞれ個性あふれる巻きずしに笑いながら楽しく作っていました。

舞姫会 舞納め会

お腹もすかっり空いていたのか、次々とおかわりして食べていました。

舞姫会 舞納め会

それぞれ工夫しながら色んな味を楽しんでいました。

舞姫会 舞納め会

好き嫌いもほとんどなく色んなご飯をしっかりと食べていました。

舞姫会 舞納め会

共通の目標があるからこそ、一緒に学んで、経験することが絆を育み、年齢に関係なく楽しんでいます。

舞姫会 舞納め会

舞姫会にとって舞を上達するという目的はとても大事ですが、それ以上に舞を通して様々な経験を重ね、また、色んな人と出会うことで蓄積されていく成長が重要であり大切です。

舞姫会 舞納め会

手巻きずしもおでんもたらふく食べたそうで、次はお話で盛り上がり始めました。

舞姫会 舞納め会

やはり全員揃うといつも以上に賑やかで、とても嬉しそうです。

舞姫会 舞納め会

食事のあとは恒例のゲーム大会になります。

舞姫会 舞納め会

食事を片付けている間にくじ引きをしてチーム分けをしました。

舞姫会 舞納め会

先ず一つ目のゲームは宝さがしゲームということで、親御さん方に宝であるお菓子を隠してもらいました。

舞姫会 舞納め会

親御さん方には分担して後片付けもしてもらいました。

舞姫会 舞納め会

舞姫達は開始までモノマネゲームで遊んでいました。

舞姫会 舞納め会

隠し終わったところで一斉に扉を開けてはじめました。

舞姫会 舞納め会

感が鋭いのか、次々に隠し場所を当てていました。

舞姫会 舞納め会

制限時間を設けていましたが、それを超す前に大幅に短縮して探し終わりました。

舞姫会 舞納め会

見つけたお菓子の種類によって点数が違うため、一喜一憂しながら結果発表を聞いていました。

舞姫会 舞納め会

探しあてたのは景品となりました。

舞姫会 舞納め会

続いてイス取りゲームになりました。

舞姫会 舞納め会

最初は秒数を数えていましたが、次第に歌をうたいながら行いました。

舞姫会 舞納め会

舞姫達が合唱しながら楽しくも白熱した対決となりました。

舞姫会 舞納め会

最後の一人も僅差で勝ち残りました。

舞姫会 舞納め会

そして最後のゲームは魚釣りゲームとなりました。

舞姫会 舞納め会

磁石のついた釣り竿を使って魚を釣るゲームです。

舞姫会 舞納め会

魚の裏にはボーナス点や減点が書かれており一生懸命に釣っていました。

舞姫会 舞納め会

魚釣りゲームの結果から総合発表して全てのゲームが終了しました。

舞姫会 舞納め会

最後はすべてのチームに商品を渡して楽しく終えることが出来ました。

舞姫会 舞納め会

もらった賞品はみんなで均等に分けていました。

舞姫会 舞納め会

あっという間に食事もゲームも過ぎて最後の終わりの会となりました。

舞姫会 舞納め会

最後もしっかりと玉串拝礼をして神様に挨拶します。

舞姫会 舞納め会

笑いにあふれた良い舞納め会でした。

舞姫会 舞納め会

親御さん方も忙しい中にもかかわらず最後までお手伝いいただきありがとうございました。

舞姫会 舞納め会

これからも皆で楽しく活動していきます。

Page 7 of 467««...2345678910111213...»»