ここから本文です

社務日誌

創立記念祭(事業繁栄・社員健勝)が執り行われました

令和元年10月4日に、あおぎんリース株式会社様の34周年創立記念祭(事業繁栄・社員健勝)が執り行われました。

あおぎんリース様は仕事始めの新年特別祈祷だけではなく、毎年、創立日に社長をはじめ社員一同揃って日々の神恩感謝やお客様方の商売繁昌を祈願をされています。

創立記念祭

今年は創立から34周年を迎え、35年目の年となります。

社員さんにお手伝いを頂きながら、今年もあっという間に記念日になりましたねと話しながら今年一年を振り返りました。

創立記念祭

私達に誕生日があるように、会社にも設立した誕生日ともいうべき大切な日があります。

その創立日に創設した人々の篤い理念を回顧してその日を寿ぐという事は、自分たちの仕事の原点に立ち返り、しっかりと継承していく上でとても大切なことです。

創立記念祭

今年も社員皆さん参列のもと厳粛裡に斎行されました。

益々の繁栄と社員皆様の更なるご健勝を祈念申し上げます。

あおぎんリース株式会社・・・http://www.aogin-lease.jp/contents/index.html

書道稽古が行われました。

令和元年10月3日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「案前」という字です。

一見簡単な字に見えましたが、正中線を捉えるのが難しく、空間を上手くとらえるのが非常に困難でした。

書道稽古

課題は新しいものとなりましたが、前回同様に楷書となったため基本の運筆が求められるものとなりました。

 

津軽神楽の稽古が行われました。

令和元年10月2日に津軽神楽の稽古が諏訪神社斎館で行われました。

津軽神楽は弘前藩四代藩主の津軽信政公が祀られている高照霊社(高照神社)に奉納されたのがはじまりで、現在まで300年近く神職のみによって受け継がれている格式高い神楽です。

東青地区では主に各神社の例祭に奉納され、また、特別な事由の際にも行われています。

津軽神楽稽古 後期

今年は会長が引退され新しい会長のもと進められましたが、滞りなく無事全て終了し、また来年にむけて後期の稽古が始まりました。

今年は東青地区において青森県民カレッジでの奉演、また当神社題材の津軽神楽が青森ねぶた祭で出陣するなど、例年になく一般の方に知って頂く機会がありました。

ぜひ、来年も各神社にて奉納される津軽神楽をご覧ください。

磯山稲荷神社の秋祭並び海上安全・大漁祈願祭が執り行われました。

令和元年9月29日に外ヶ浜町平舘磯山地区に鎮座する磯山稲荷神社の秋祭並び海上安全・大漁祈願祭が執り行われました。

磯山稲荷神社 秋祭

青空広がる秋の良い天気となりました。

磯山稲荷神社 秋祭

海も穏やかで凪いていて下北半島が神社からもはっきり見えました。

磯山稲荷神社 秋祭

外ヶ浜町長をはじめ近隣地区の町会長も一緒に参列して神事が執り行われました。

磯山稲荷神社 秋祭

神事終了後は社殿隣に鎮座している末社の例祭も執り行いました。

磯山稲荷神社 秋祭

また、今年は境内に設置してあるトイレが老朽化のため取り壊すことになり、その解体安全祈願祭も執り行われました。

磯山稲荷神社 秋祭

先ずは宮司が祓い清めた後、総代さん方で散供を行いました。

磯山稲荷神社 秋祭

これで安心して取り壊すことが出来るととても喜んでいました。

磯山稲荷神社 秋祭

終了後は公民館へ移動して直会となりました。

磯山稲荷神社 秋祭

磯山地区は漁師町ということで地区の人達が一堂に顔を合わせられる機会は少ないため、一年に一度のこの直会は盛大に開催されます。

磯山稲荷神社 秋祭

自治会長、外ヶ浜町長等の挨拶の後、乾杯が行われ恒例の余興が始まりました。

磯山稲荷神社 秋祭

今年は外ヶ浜町長さんもカラオケを披露するなど、大変盛り上がり楽しく過ごすことが出来ました。

秋の稔りの感謝と共に、町の益々の繁栄、氏子皆様の更なるご健勝を祈念申し上げます。

消防第二分団・アサヒビールねぶた会出陣70周年記念祝賀会に参加しました。

令和元年9月28日に消防第二分団・アサヒビールねぶた会出陣70周年記念祝賀会に参加しました。

消防第二分団・アサヒビールねぶた会様は氏子地域を守る消防団でもあり毎年当神社でねぶたの入魂祭を斎行させて頂いているご縁がある団体です。

記念祝賀会

今回、出陣70周年ということでご招待いただきました。

昭和22年(1947)に初参加して以来、3年程消防車購入のため途切れてしまった時もあったそうですが、今日まで長い歴史を守りながら続いてこられてきました。

会長からの挨拶ではこれまでの歴史を振り返りながら、今もこうして続いている感謝が述べられてました。

また、長年制作を担ってきた第5代名人の千葉作龍先生、そして現在制作している立田龍宝先生からも祝辞が述べられました。

記念祝賀会

今回、団体の記念誌も制作されて頂きましたが、これまでも何度も周年の際に作ろうとしたことがあったそうですが、写真が集められず断念していたそうです。

そうしたところ、数年前にねぶた祭の調査を行った方がおり、そのお蔭で様々な資料が揃い今回発刊にいたったそうです。

様々な思いを話ながら最後はねぶた団体らしく、囃子の演奏で終了となりました。

記念祝賀会

ねぶた祭に掛ける熱い想いを語り合いながら楽しく過ごすことが出来ました。

これからも地元を中心とした団体としてこれからも楽しませて頂ければと思います。

70周年誠におめでとうございました。

Page 7 of 597««...2345678910111213...»»