ここから本文です

社務日誌

廣田東苑倶楽部の清掃奉仕が行われました。

平成29年8月10日に廣田東苑倶楽部の清掃奉仕が行われました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

廣田東苑倶楽部は旧表参道の道路を挟んで東側に鎮座する末社を信仰する有志の会で、定期的に清掃奉仕のあと正式参拝、直会をして交流を深めている団体です。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

ねぶた祭が終わりお盆へとはいる時期ということで思ったよりも集合してくださいました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

先ずは金生稲荷神社の社殿を皆さんで掃除してくださいました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

その後は正式参拝を執り行いました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

ねぶた祭と共に暑さも去って行き、心地よい風が吹いていました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

一人一人玉串拝礼をしてご挨拶しました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

正式参拝後は恒例の廣田苑を眺めながらの直会です。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

緑も濃くなり、先月の様子とはまた違った景色に皆さん楽しんでいました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕

持ち寄った手料理のおつまみなども美味しくいただいていました。

ご奉仕お疲れ様でした。

第28回東北六県神社庁祭式講師・助教連絡会に参加しました。

平成29年8月14日に第28回東北六県神社庁祭式講師・助教連絡会に参加しました。

祭式は神社の神事における儀式作法等のことで、神職にとってはこの祭式を遵守して日々研鑽を積むことが最も大事な仕事のひとつといえます。

第28回東北六県神社庁祭式講師・助教連絡会

そのため、全国単位から地域単位におけるまで、年間を通して研修会や研究会等が様々開催されています。

そして祭式を指導する祭式講師、また、それを補助する祭式助教授という役職が定められ、各県の神職数名がそれを担っています。

今年、宮司がこの祭式助教授に任命されたため、今回、東北六県合同の申し合わせとなる連絡会に参加しました。

第28回東北六県神社庁祭式講師・助教連絡会

祭式は大綱として定められているものがありますが、時代の変化や神社における事情、または解釈の捉え方などで様々変わることがあります。

今回はそのような中で、女子神職に関する祭式の規定について様々、連絡、協議がありました。

日々神様にお慶びいただくために神職は日々祭式の勉強をしています。

ぜひ、ご祈祷などお受けになる場合にはそのような所作などもご覧ください。

保育園の新築工事の地鎮祭が執り行われました。

平成29年8月9日に(仮称)六花保育園の新築工事の地鎮祭が執り行われました。

(仮称)六花保育園の新築工事の地鎮祭

曇り模様でしたが神事中は雨に降られることなく滞りなく執り行うことが出来ました。

(仮称)六花保育園の新築工事の地鎮祭

代表をはじめ関係者の方々も真摯に参列され、玉串を丁寧に奉っていました。

(仮称)六花保育園の新築工事の地鎮祭

園内で元気に走り回る子供たちの姿を思い浮かべながら完成を楽しみにしているようでした。

(仮称)六花保育園の新築工事の地鎮祭

工事の無事安全をお祈りいたします。

郷沢稲荷神社の幣拝殿解体安全祈願祭が執り行われました。

平成29年8月8日に蓬田村郷沢地区鎮座の郷沢稲荷神社の幣拝殿解体安全祈願祭が執り行われました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

幣拝殿の老朽化に伴い、幣拝殿の社殿を新築することに決定したそうです。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

現在の社殿も臨時で建築された経緯があるそうですが、それと経年劣化によって軒の土台が崩れたり、屋根の雨漏りなどが酷くなってきていたそうです。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

そこで、数年前から役員総代はじめ自治会長さん等と話し合いがあり、社殿を新築する話が出ていました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

その後、夏の大祭後の会議で自治会でも正式に決定して新築することになったそうです。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

そこで、先ずこの現在の社殿を解体するにあたり安全祈願祭を執り行いました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

今回は神社役員総代、自治会長、役員の方々の参列でした。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

いざ、長年親しんだ社殿を解体するとなると、少し名残惜しく、神事が始まるまで社殿を見て回りました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

厳粛に斎行し、玉串を奉り拝した後、社殿の内と外とを祓い清めました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

決して広い社殿ではないですが、これまで神事を斎行するにあたって使用させて頂いた感謝を込めながら、社殿の四隅、中央を丁寧に祓い清めました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

社殿の中を祓い清めた後は外に出て建物を祓い清めました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

社殿の外も四隅と中央を祓い清めました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

また、外では宮司による清祓いの後、祈願祭でお供えされた米、塩、水、酒を参列された皆さんで散供してもらいました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

これまでお世話になった社殿の解体にあたって自分たちで散供することに、皆さん感謝の気持ちも一入で、色々語りながら撒いていました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

撒く神饌も皆さん全部ご奉仕されたいそうで、米、塩、水、酒をさおれぞれ交代しながら全て散供していました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

天気も厚い雲に覆われて今にも降り出しそうでしたが、神事が終わるまで降ることもありませんでした。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

最後に社殿の正面から清め祓い終了となりました。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

100世帯にも満たないこの郷沢地区にあたっては、今回、新築する社殿は決して伝統建築での建設とはなりませんが、現社殿の向拝を再利用したり、これまでよりも広くしたりと、氏子皆さんの大変に篤い気持ちが込められています。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

今年の秋祭りまでには完成する予定ですので、これから地鎮祭、上棟祭、新殿祭と一つ一つ厳粛理にしっかりと斎行していきたいと思います。

郷沢稲荷神社 幣拝殿解体安全祈願祭

最後はお茶を飲みながら思い出話をして終了しました。

RAB青森放送よりねぶた御朱印についての取材がありました。

平成29年8月7日にRAB青放送よりねぶた御朱印についての取材がありました。

RAB青森放送ニュースレーダー ねぶた御朱印取材

平成26年に御祭神の一柱でもある進藤庄兵衛正次の生誕400年となり、翌年の平成27年には大型ねぶたの題材となったことを記念して始めた、ねぶた御朱印についての取材がありました。

RAB青森放送ニュースレーダー ねぶた御朱印取材

ねぶた御朱印はその大型ねぶたの題材となったものを見開きの印にして押印する御朱印で、進藤庄兵衛正次の大祭日である7月17日から青森ねぶた祭終了の8月7日までの期間限定としました。

RAB青森放送ニュースレーダー ねぶた御朱印取材

前々日の5日には御朱印を受けに来られる方にも一日中インタビューされていました。

また、スタッフの方の御朱印帳も持参下さり、その書いている様子も撮影していました。

RAB青森放送ニュースレーダー ねぶた御朱印取材

ねぶた御朱印だけではなく、ご当地御朱印なども撮影していたのでもしかしたら放映されるかもしれません。

ねぶた御朱印は終わってしまっていますが、8月11日の夕方RABニュースレーダーで映る予定だそうです。

ぜひ、皆様ご覧ください。

 

RAB青森放送局

http://www.rab.co.jp/

Page 8 of 445««...34567891011121314...»»