ここから本文です

社務日誌

舞姫会の稽古が行われました。

平成29年10月13日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

すっかりと寒くなりましたが舞姫達は元気よく来ていました。

舞姫会 稽古

今週も立礼式ではじめの会を行いました。

舞姫会 稽古

また、先週同様に新嘗祭当日のお作法も確認しました。

舞姫会 稽古

きちんと覚えていたようで間違わずにちゃんと出来ていました。

舞姫会 稽古

これまでは舞全体の流れを大事にする稽古を中心にしていましたが、より美しい舞を習得するために今回は細かい動作一つ一つを確認しながら行いました。

舞姫会 稽古

全体の流れだけを大事にしていると動きを合わせようとする意識が強くなり、動作に関しては良くなるものの、正確さに関してはどうしても疎かになってしまいます。

舞姫会 稽古

そのため、新嘗祭に向けてより高度な舞の習得のために意識を高めました。

舞姫会 稽古

また、久しぶりに一人舞を稽古してみると忘れていたようでした。

舞姫会 稽古

あっという間に休憩時間となり、恒例の食前感謝をして頂きました。

舞姫会 稽古

中学生の舞姫も来てくれてとても盛り上がってお話しをしていました。

舞姫会 稽古

片付けも女子トークに花咲きながら手際よく片付けていました。

舞姫会 稽古

舞姫の妹さんも途中から加わり一緒に舞の稽古をしていました。

舞姫会 稽古

いつも横で見ているからか舞にちゃんとついてきて動いていました。

舞姫会 稽古

みんなも自分の妹のように可愛がりながら一緒に稽古しました。

舞姫会 稽古

折角なので終わりの会も一緒に参加してもらい、舞姫と同じようにやってもらいました。

舞姫会 稽古

そして、はじめての経験といことで玉串拝礼の代表も見事に務めてくれました。

舞姫会 稽古

大人顔負けの上手な拝礼で皆もきれいに合わせていました。

舞姫会 稽古

ここ数回の稽古でお辞儀などの作法を学んできたこともあって、お話しを聞く姿勢などもとても良くなっていました。

舞姫会 稽古

この意識を持ったまま日頃から習慣化できるように取り組んでいきたいと思います。

書道の稽古が行われました。

平成29年10月12日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「津軽」という字です。

書道 稽古

書くことが多い字ですが、津という字の真ん中の線を綺麗に伸ばして止めるのがとても難しく、下の軽の字とのバランスに苦戦しました。

書道 稽古

新しい課題となりましたが、比較的書きやすい字だったため全体の雰囲気を保ちながら、同じ部首でも微妙に変化させて書いているためそのくせをしっかりと捉えることを意識しました。

津軽神楽の稽古が行われました。

平成29年10月10日により津軽神楽の後期稽古が諏訪神社斎館ではじまりました。

津軽神楽は弘前藩四代藩主の津軽信政公が祀られている高照霊社(高照神社)に奉納されたのがはじまりで、現在まで300年近く神職のみによって受け継がれている格式高い神楽です。

津軽神楽 後期稽古

夏の例祭の津軽神楽奉仕も無事終了したため、後期稽古がはじまりました。

今回は基本の大拍子や雷声を復習しました。

津軽神楽 後期稽古

また、宝剣の舞も復習しました。

今年度は11月7日に当宮司の兼務神社である郷沢稲荷神社の社殿新築竣工祭並び秋祭において津軽神楽が奉納されることに決定したため、そのための稽古ともなりました。

廣田東苑倶楽部の清掃奉仕が行われました。

平成29年10月10日に廣田東苑倶楽部の清掃奉仕が行われました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕10月

廣田東苑倶楽部は旧表参道の道路を挟んで東側に鎮座する末社を信仰する有志の会で、清掃奉仕のあと正式参拝、直会をして定期的に交流を深めている団体です。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕10月

残念ながら雨降る天気でしたが、沢山の方が来てくださいました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕10月

普段なかなか掃除ができない細かい所まで気を配って掃除してくださいました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕10月

今年最後のご奉仕になるため、その挨拶も兼ねるかのように真摯に玉串拝礼していました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕10月

正式参拝終了後は恒例の廣田苑を眺めながらの直会となりました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕10月

すっかりと秋になり気温は下がっていましたが、幸いにも風が吹いていなく寒すぎる程ではなかったため扉を全て開けることが出来ました。

廣田東苑倶楽部 清掃奉仕10月

今月はじめて参加された方も数人おり、御神酒に持ち寄った料理をほおばりながら楽しい時を過ごしていました。

今年一年のご奉仕誠にご苦労様でした。

改装竣工祭を執り行いました。

平成29年10月9日に株式会社千一ちんだの家族葬ルームの改装竣工祭を執り行いました。

千一ちんだ 家族葬ルーム改装竣工祭

神社よりすぐ近くの会社で、先代の社長さんには当神社の責任役員も務めて頂き、現在の社長さんも親しく参拝して下さっています。

千一ちんだ 家族葬ルーム改装竣工祭

今回、事務所の二階を少人数の家族でも葬式が行えるよう改装したということで神事を執り行いました。

千一ちんだ 家族葬ルーム改装竣工祭

女性の社長さんらしい、とても上品で落ち着きのある雰囲気になっており、葬場だけではなく、和室やダイニング、浴室なども完備されていました。

千一ちんだ 家族葬ルーム改装竣工祭

社員の皆さんも真摯に参列され、各部屋を祓い清めて滞りなく竣工を迎えました。

株式会社千一ちんだ・・・http://1001chinda.com/

Page 8 of 456««...34567891011121314...»»