ここから本文です

社務日誌

夏越大祓式を執り行いました。

平成30年6月30日に夏越大祓式を執り行いました。

夏越大祓式

大祓式とは日常生活の中で知らぬ間についてしまった罪・穢れを半年に一度祓い清める神事で、水無月(6月)と師走(12月)に行われている神事です。

夏越大祓式

大祓式の行事は1,300年前にはすでに行われており、当時は大きな災いや重要な祭儀の時に臨時で行なわれていたそうです。後に恒例化するようになり現在では6月と12月の半年ずつ行われるようになりました。

夏越大祓式

特に水無月(6月晦日)の祓いは夏越(なごし)の大祓式とも呼ばれ、茅の輪を作り、それをくぐることで心身の浄化を図る神事も併せて行われています。

夏越大祓式

全国の神社でも6月30日に茅の輪を境内に設けて、この夏越大祓式が執り行われています。

夏越大祓式

雨が降り続き、今日も雨の予報だったため外での神事が心配されましたが、青空のぞかせる良い天気となり無事に斎行することができました。

夏越大祓式

今年は土曜日だったこともあってか例年より若干参列された人数も多かったです。

夏越大祓式

当日、参列できない方も多数申込み頂き神事においてしっかりと人形(ひとがた)を浄め祓いました。

夏越大祓式

大祓式に茅の輪をくぐるようになったのは、「備後国風土記」逸文の「蘇民将来(そみんしょうらい)」に由来する疫病退散の古事にならってだといわれています。

夏越大祓式

その物語とは、スサノオノミコトが旅の途中で宿を探していたところ、裕福であった巨旦将来(こたんしょうらい)という人物にその願いを求めましたが断られてしまいました。それに対して、弟である蘇民将来(そみんしょうらい)は、貧しい生活を送っていたにも関わらず手厚い加護を以てその願いを引き受けました。

夏越大祓式

そのことに関心したスサノオノミコトは御礼として疫病退散の茅の輪を蘇民将来に授けました。

夏越大祓式

スサノオノミコトからの言いつけを守って腰にその茅の輪をくくり付けていたところ、後に起こった疫病の難を逃れ無事に助かったと伝えられています。

夏越大祓式

その逸話から、現在でも茅で作った大きな輪をくぐることで疫病の難を逃れるということになり、この大祓式と一緒に行なうことで心身の罪穢れを祓うという神事になりました。

夏越大祓式

また、この神事が他の祭事と異なって特徴的なのは、通常、神様に向けて感謝や願いの祝詞を奏上するのに対して斎主が参列者を向いて祝詞を発する形となっていることです。

夏越大祓式

これは夏越大祓式で読み上げている「大祓詞」という祝詞が、もともとは神様の言葉を口にして発する宣読(せんどく)という宣る方式を採っているからです。

夏越大祓式

ただ、現在では奏上するような文章に所々変更され、読み上げることで祓いをもたらす重要な祝詞として、あらゆる神事や生活の中のまつりで読まれています。

夏越大祓式

ですから当神社では古式に則り、宣る形式を執って斎主に合わせて大祓詞を参列者全員で唱え、切麻と大麻という祓えの神具をもって心身を清めました。

夏越大祓式

その後、皆さんの罪穢れを吹き込めた人形(ひとかた)を唐櫃(からひつ)に納めて茅の輪くぐりを行いました。

今年も多くの方に参列して頂いたので境内めいっぱいに広がりゆっくりと歩きながらくぐりました。

夏越大祓式

くぐるときに御神歌の「水無月の 夏越の祓ひ する人は 千歳の命延ぶというなり」を唱えながら歩きますが、何とも夏らしい雰囲気となりました。

そうして祓い清められた人形を海や川に流したりしますが、当神社では忌火の神聖な火によって全て焼納して消滅させました。

夏越大祓式

青森ねぶたでも紙で人形を作り最後には海上運航ということで海に流す風習は、この大祓式と同様に日本古来から伝わる祓えの様子を現わしているともいえます。

夏越大祓式

最後は宮司より大祓式の歴史や日常の祓えのお話をしました。

夏越大祓式

参列できなかった方のために茅の輪は6日早朝まで設置していますので、まだ茅の輪をくぐられていない方はぜひ参拝がてらお通り下さい。

夏越大祓式

 

 

 

 

 

 

浄く明るく直く正しき日常となりますよう祈念申し上げます。

書道稽古が行われました。

平成30年6月28日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「鎮火」という字です。

書道稽古

書く機会が多い字ではありますが、上の込み入った鎮という字と、画数の少ない火という字の空間バランスがとても難しい箇所でした。

書道稽古

前回に引き続いての課題と、締切当日ということもあり、来月の課題も一緒に進めました。

 

夏越大祓式の茅の輪を作製しました。

平成30年6月26日に青森市清水地区にて刈り取った茅を使用して夏越大祓式の茅の輪を作製しました。

茅の刈り

茅の刈り取りを協力してくれるのは宮司の兼務社である清水天満宮の総代の方々で、毎年、ご奉仕下さいます。

茅の刈り

今まで総代代表を務めていた方が残念ながらお亡くなりになってしまったので、中々地域の予定と合わず人数が少なかったのですが、それでも一生懸命に刈り取ってくださいました。

茅の刈り

それを当神社の責任役員と一緒に神社へ持ち帰り、午後から茅の輪づくりが行われました。

茅の輪つくり

先ずは茅の輪を取り付けるための土台枠をつくります。

茅の輪つくり

一つ一つの木材は非常に重いのですが、上手に連携をしながら順調に組み立てていました。

茅の輪つくり

今年は、茅の輪づくりを体験してもらおうとFacebookで一般の方の参加を呼びかけました。

茅の輪つくり

一週間前程のギリギリに告知したにも関わらず、お二人参加してくださいました。

茅の輪つくり

手際よく作っていく総代さん方を見ながら、上手に作っていました。

茅の輪つくり

昔は葦の繁る国だった日本ですが、今では街中では群生しているようなところは中々、ないため、とても新鮮な体験となったそうです。

茅の輪つくり

束ねた茅を茅の輪の芯となるパイプに括り付けていきます。

 

茅の輪つくり

これまで茶色の麻紐を使用していましたが、今年から緑色のものを用意して一層瑞々しく感じる茅の輪になりました。

茅の輪つくり

あっという間に土台に括り付け、茅と共に一緒に刈ってきた笹などで装飾をして完了しました。

茅の輪つくり

最後は恒例の記念写真を撮影して終了となりました。

茅の輪つくり

写真後は喉を潤して全て終了となりました。

茅の輪つくり

 

夏越大祓式は雨天の場合でも社殿内で執り行いますので皆さん奮ってご参列ください。

尚、受付は当日もしていますので気軽にお越しください。

監視カメラを各所に設置しました。

平成30年6月25日に境内各所に監視カメラを設置しました。

防犯カメラ設置

これまで社殿には監視カメラを設置していましたが、昨今お参りも増え沢山の方が集まるなか、安心してお参りして頂けるよう、また、神社で万が一の事態が行らないよう設置しました。

防犯カメラ設置

今回は民間の防犯会社であるセコムに依頼しました。

防犯の抑止力が高くなったただけではなく、神社管理運営の点でも非常に有効となりました。

防犯カメラ設置

これからも安心してお参りできるよう整備していきたいと思います。

青森ねぶた囃子方の必勝祈願並び奉納演奏が執り行われました。

平成30年6月24日に日立囃子方、青森ねぶた凱立会の必勝祈願並び奉納演奏が執り行われました。

青森ねぶた凱立会 必勝祈願並び運行安全

青森ねぶた凱立会は毎年この時期に会員一同揃って必勝祈願並びに会の繁栄、無事運行を祈願されます。

青森ねぶた凱立会 必勝祈願並び運行安全

運行団体である日立ねぶた委員会でも当神社でねぶた入魂運行安全祈願祭を執り行っていますが、それとは別に改めて凱立会さん単独でお参りされ、真摯に祈りを捧げています。

青森ねぶた凱立会 必勝祈願並び運行安全

そういった心構えを反映しているのか、本番のねぶた祭だけではなく諸々の活動も非常に精力的で、毎年に渡って囃子の最高賞である囃子賞を受賞しています。

青森ねぶた凱立会 必勝祈願並び運行安全

神前にはそれぞれの担当楽器である笛や太鼓のバチ、手振りがねなどが並べられて一緒にお祓いいたしました。

青森ねぶた凱立会 必勝祈願並び運行安全

祈願祭後には毎年社殿前にて奉納演奏をしてくださいます。

青森ねぶた凱立会 必勝祈願並び運行安全

一糸乱れぬ轟く音と流麗な囃子の音色に、じゃわめぐ懐かしさと圧倒的な演奏に参拝に来られた方だけではなく、道歩く人もつい足を止めて聞き入っていました。

青森ねぶた凱立会 必勝祈願並び運行安全

雨が降ってしまったの屋根の下での演奏になりましたが、そのことがかえって建物に反響していつも以上に迫力ある演奏となっていました。

青森ねぶた凱立会 必勝祈願並び運行安全

祭を楽しみながらも、目標を一つに切磋琢磨しながら協力し合い、賞を目指す姿勢は素晴らしいと思います。

無事運行し良き結果となりますことをお祈り申し上げます。

日立囃子方 青森ねぶた凱立会・・・https://www.facebook.com/gairyukai

Page 8 of 506««...34567891011121314...»»