ここから本文です

社務日誌

NHKカルチャーの一日講座を開講しました。

令和元年9月28日にNHKカルチャーの一日講座、「御代替りと伊勢の神宮~誰でもわかる入門~」を開講しました。

宮司が年間で講師を務めているNHK文化カルチャー講座の他に、今回一般の方でも気軽に聴講することが出来る一日講座が行われました。

NHK文化センター1日講座

土曜日の日中という時間帯にも関わらず沢山の方にご参加頂きました。

90分という時間でお話しするのは中々難しい内容でしたが、少しでも理解を深め、日本という国がどのようにして成立してどのように、統治されてきたのかをお話しさせて頂きました。

NHKカルチャー教室は途中からも入会でき、どの回から参加しても楽しめる内容になっております。

ぜひ、入会、体験にお越し下さい。

NHKカルチャー青森教室・・・https://www.nhk-cul.co.jp/school/aomori/

神前結婚式が執り行われました。

令和元年9月28日に神前結婚式が執り行われました。

結婚式

秋空のもと清々しい参進となりました。

結婚式

始まるまではご家族ととても和やかな雰囲気でしたが、式と共に幸せを感じながらも緊張した面持ちとなっていました。

結婚式

それでも次第が進むにつれてお二人の雰囲気も和合し、幸せな顔をのぞかせていました。

結婚式

ご家族皆様と共に真摯に祈りを込めて大切に玉串を奉っておりました。

結婚式

新郎新婦の永き幸せと、ご両家の益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

神前結婚式案内のページへ→http://hirotajinja.or.jp/kekkonshiki/

令和元年10月の九星術運勢です。

令和元年10月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

令和元年10月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2、昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

現状に不満が募り局面打開の積極策に出ようとしても、性急な変革は事態を混乱させるだけ。意固地になると対人交流運は下降し孤立する恐れ。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

力不足の上内容を確かめないまま勢いで事に当たろうとする傾向があり、ゴリ押しでは難航の気配あり。家族とのコミュニケーションを大切にしよう。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

運気は良好、意気軒昂にして何事につけても積極的になれる好調月。新しい展開を期して発想の転換が功を奏す。知識や感性を磨くチャンスあり。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

忙しく苦労を伴うが、手早く対処できることから始めて吉。但し、新規まき直しの方法を間違うと痛手をこうむる。情報収集力が成功の決め手に。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

安心して身を任せられるほどの良運ではないが、概ね平穏な月。堅実志向を維持していれば、破綻の恐れもなさそう。過去の病気再発に気を付けて。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

低迷重苦しい気運に、忙しい割には報われず忍耐を要する。背伸びは禁物で地道に足場固めから着手し、将来への布石となるよう精進し時を待とう。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

人間関係は上々、将来への期待も高まる好調運。くろうを惜しまない尽力が認められたり、陰徳ある人には陽報あり。遊びや趣味での出費が増加気味。

八白土星 令和元年平成31、22、13、4昭和5、8、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

公私共に忙しく、翻弄されると意見の食い違いや争いに発展。ゆずる気持ちを忘れては孤立する恐れも。良き理解者・強力な支援獲得に努めて吉。

九紫火星 平成30、21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

私欲やわがままの通らない月で、気が立つと争いの危険。表面的な様相に惑わされず内容重視を。対人交流では信頼関係が崩れやすい相があり用心。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

書道稽古が行われました。

令和元年9月26日の夕方より恒例の書道稽古が行われました。

今回の楷書は「位置」という字です。

比較的画数が多いこともる上に、形的にもバランスの取りやすい書きやすい字でした。

書道稽古

今月で課題も終了となりますが、基本に忠実に書くよう意識をしながら書きました。

 

舞姫会の稽古が行われました。

令和元年9月27日に舞姫会の稽古が行われました。

舞姫会 稽古

今年は早くもインフルエンザが猛威を振るい始めているそうですが、皆元気に登校してくれました。

舞姫会 稽古

先ずは神様に挨拶をしてはじめます。

舞姫会 稽古

先週同様に拍を合わせる意識を高めるために唱歌の稽古より始めました。

舞姫会 稽古

その唱歌をしっかりと頭の中で歌いながら体を動かしていきます。

舞姫会 稽古

今回は今年特に重視してきた2人舞を中心に行いました。

舞姫会 稽古

細かい動きに注意を払うことを重視してきましたが、とても集中して自分の動きを確かめていました。

舞姫会 稽古

全員で同じ所作をする場面は特に、些細な違いでもとても目立つため、全員が同じ形、同じ拍を共有することがとても大切になってきます。

舞姫会 稽古

そうした動きも意識を向けられるようになったのか、ともて綺麗になってきました。

舞姫会 稽古

2人舞はそうした全員同じ動きをする場面だけではなく、間奏部分の向き合いながら対称に動く場面も難しい動作となります。

舞姫会 稽古

しっかりと先生の指導を踏まえて実際に動いていみます。

舞姫会 稽古

なるべく背格好が似たもの同士にして行いますが場合によっては小さい子と組む場合もあります。

舞姫会 稽古

そのような時でも基本がしっかりとしていれば違和感なく綺麗に見えるので、所作の一つ一つを大事にしてもらいます。

舞姫会 稽古

また、客観的に動画で確認することで、自分が理想としている姿と、実際に動いている相違もわかります。

舞姫会 稽古

舞そのものに慣れてきたからこそ、より美しい舞を舞えるように稽古を重ねていきます。

舞姫会 稽古

お互いの見る目もよくなってくるため、それぞれ見合うことでも成長していきます。

舞姫会 稽古

頭、手、足の位置、お辞儀の角度、切り替わり方等々、見た目以上に全身運動となっています。

舞姫会 稽古

あっという間に時間も過ぎ、休憩に入りました。

舞姫会 稽古

きちんと食前食後の感謝をして頂きました。

舞姫会 稽古

沢山動いたので喉も乾き美味しそうに飲んでいました。

舞姫会 稽古

片付けも整理整頓して終わりの会となりました。

舞姫会 稽古

週毎に上達していくのが目に見てとれるのがとても楽しみとなっています。

Page 8 of 597««...34567891011121314...»»