ここから本文です

社務日誌

敬神会による定例清掃奉仕が行われました。

平成29年9月1日に敬神会(廣田神社を崇敬する団体)会員による定例清掃奉仕が行われました。

敬神会 清掃奉仕

今年最後の敬神会の清掃奉仕です。

敬神会 清掃奉仕

先ずは朝拝に参列し、神職講話を受けました。

敬神会 清掃奉仕

その後、清掃奉仕となりますが、いよいよ雪も降り冬到来ということで来年の焼納祭用の鉄板を廣田苑に敷き詰めてもらいました。

敬神会 清掃奉仕

重い鉄板ですので、皆さんで協力しながら一枚一枚丁寧に敷いていきました。

敬神会 清掃奉仕

敷いた後も境内の雪かきや、社殿天井などのすす払いをして頂きました。

敬神会 清掃奉仕

最後は会館で体をお茶で暖めて終了となりました。

敬神会 清掃奉仕

今月で清掃奉仕は終了となります。

一年間、敬神会の皆様、ご奉仕誠にありがとうございました。

敬神会会員募集

年会費

一般会員 1,200円(個人)

賛助会員 5,000円(個人)

特別会員 10,000円(個人・団体・法人)

名誉会員 30,000円(個人・団体・法人)

会員には例大祭に特別に参列できる他、様々な催しの案内をさせて頂きます。

入会希望の方は廣田神社社務所までお越し下さい。

事務所移転の開所祭を執り行いました。

平成29年12月1日に青森国有林材生産協同組合の事務所移転の開所祭を執り行いました。

青森県国有林材生産協同組合 事務所移転開所祭

事務所の移転に伴い神棚を新しくされ、部屋の隅々まで祓い清めてました。

青森県国有林材生産協同組合 事務所移転開所祭

新しい事務所の開設に皆さん真摯に祈りを捧げていました。

神事終了後も積極的にお手伝い頂き滞りなく終えることが出来ました。

青森県国有林材生産協同組合 事務所移転開所祭

組合の繁栄と働く職員皆さんのご健勝ご多幸をお祈りいたします。

八柱会の忘年会に参加しました。

平成29年11月30日に八柱会の第21回忘年会に参加しました。

八柱会は青森県神道青年会のOBや関係者の組織で、毎年神社が繁忙になる前の今の時期に忘年会が行われます。

八柱会 忘年会

OBの歴代会長はじめ先輩神職と現役青年会員の交流の場でもあるこの八柱会はとても貴重な場となっています。

八柱とは八百万の神々に奉仕する意味や青森県内の八支部を表しているそうです。

八柱会 忘年会

いずれにしても現役会員とOB会員が食事を共にして膝を合せて様々な神道論議を交わせるとても楽しい会です。

来年も斯界繁栄のためそれぞれ奉仕に尽くしていきたいと思います。

12月(師走 しわす)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の師走(しわす)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

早朝には境内一面に雪景色が広がっていました。

IMG_0775k

寒さに身が引き締まり社殿内も清々しい雰囲気となっていました。

IMG_0742k

雪の中でも沢山の方が一日参りに訪れていました。

師走 月次祭

12月の主な年中行事

師走 月次祭

師走 月次祭

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆敬神会定例清掃奉仕 3日・・・廣田神社を崇敬する団体「敬神会」の会員等による清掃奉仕活動です。朝拝に参列し神職講話が行われます。

◆長島小学校歴史探訪 4日・・・長島小学校の生徒が歴史を学びに神社へ訪れます。

◆御幣立始祭 5日・・・新年を迎えるにあたり、各家庭の神棚に祀る御幣を新しく奉製し始める奉告をするお祭りです。

◆書道稽古 7日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古納め 9日・・・舞姫会の今年最後の稽古となるため稽古納めをした後、懇親会を行います。

◆正月巫女助勤面接 10日・・・正月期間に神社の奉仕をする巫女の面接を行います。

◆教養講座 13日・・・宮司によるお正月のお話と世界でひとつだけのしめ飾りつくりが行われます。

◆書道稽古 14日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆人形供養感謝祭 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆Pray~祈り~宗教音楽フェス 15日・・・東北初の神道、仏教、キリスト教合同の音楽フェスを開催します。

◆天長祭 23日・・・今上陛下のお誕生日を祝い皇室の弥栄、国の隆昌を祈念するお祭りです。

◆正月巫女助勤奉仕開始 25日~7日・・・正月期間に巫女として神社奉仕をしてもらいます。。

◆提灯設置 26日・・・総代や世話人、町会長さん等に正月に境内に献灯される提灯の取り付けをします。

◆除夜祭並び師走大祓式 31日・・・新年を迎えるにあたり今年一年の神恩感謝をする除夜祭ならび、6月に行われた夏越大祓式に対をなして半年分の罪穢れを祓う師走大祓式を執り行います。

師走 月次祭

師走 月次祭

師走 月次祭

月次祭にご奉納頂いた方にはお下がりをお頒け致しますので、名前の記載と共に必ず社務所までお持ち下さい。

今月も皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の益々のご健勝、ご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

平成29年12月の九星術運勢です。

平成29年12月の九星術運勢を紹介いたします。

豊かな生活を育む行動の指針として、どうぞご参考にお読みください。

平成29年12月の運勢

一白水星 平成29、20、11、2昭和56、47、38、29、20、11、2 年生まれ

運気向上の兆しに発展への一歩を踏み出せるとき。気になることは早めに着手して吉。財運順調とはいえ出費は多く、少額でも貯える心がけが肝要。

二黒土星 平成28、19、10、元昭和55、46、37、28、19、10、元 年生まれ

和やかな雰囲気に包まれ忙しさの中にも手応えを感じる月。人一倍働くつもりで一途に精進すれば展望も開けてきそう。家族の提言には従って吉。

三碧木星 平成27、18、9昭和63、54、45、36、27、18、9大正14 年生まれ

活気溢れ周囲の信頼も得て、和気あいあいと過ごせる好調月。思いやりを忘れず正直を貫けば不安なく、絆の強さが再確認できる。出費計画は手堅く。

四緑木星 平成26、17、8昭和62、53、44、35、26、17、8大正13 年生まれ

計画通りに行きにくく、人間関係も不穏に。大切な絆が切れかかっているだけに、無思慮な言動では痛い目に遭うことに。進んで教えを請う姿勢は吉。

五黄土星 平成25、16、7昭和61、52、43、34、25、16、7大正12 年生まれ

清新な兆しが感じられ希望実現へと気が馳せるが、強引に出した結果は不備が多い。慢心せず見識ある対応が吉。家族や仲間のありがたさを実感する。

六白金星 平成24、15、6昭和60、51、42、33、24、15、6大正11 年生まれ

地味な努力が功を奏する安定気運。内外共に調子良く運び、謙虚さと優しい真心が成果につながる。周りのために尽くす雅量があれば、さらに福徳も。

七赤金星 平成23、14、5昭和59、50、41、32、23、14、5大正10 年生まれ

好調子から途中で空転しそうな不安定気運に。意気込みだけで先走っても事が荒れるだけ。地元を固める地道な研鑽が成果に繋がる。借金は運気低下に。

八白土星 平成22、13、4昭和58、49、40、31、22、13、4大正9 年生まれ

気苦労が多く油断すると足をすくわれる不安定気運だけに、手に余ることは避けた方が無難。一年を総括し自ら律する大事な時で、浪費や争いにも要注意。

九紫火星 平成21、12、3昭和57、48、39、30、21、12、3 年生まれ

多忙の中にもやり甲斐を感じるが、手際よく対処しないと悪路に踏み込みそう。支えてくれる人に感謝を忘れず、信頼関係を築く柔軟な配慮を。

※以上【お宮の暦】より

相性や吉方位、全体運など更に詳しい内容はお宮の暦に書いてあります。

お宮の暦は廣田神社をはじめ、県内各神社でお頒けしています。お近くの神社にお問い合わせ下さい。

お宮の暦

病厄除け祈祷のご案内

全国唯一当神社のご祈願で運勢のよからぬ月に起こる災難や、厄年、星厄年をはじめ、身に起こる様々な災い、厄、病気、霊による害など一切を祓い除く祈願です。

御祈祷 風景

申し込みの際には悩み事などをお聞きして、ありのまま廣田大御神様へお取次ぎすることも出来ます。

尚、ご祈祷後には江戸幕府より当神社に送られたという白木箱入り御神札を再現した病厄除け特別箱入り御神札をお渡しいたします。

病厄除け 木札

詳しい説明は病厄除けページへ→http://hirotajinja.or.jp/onegaigoto/onegai

Page 9 of 467««...456789101112131415...»»