ここから本文です

社務日誌

10月(神無月 かんなづき)の月次祭を執り行いました。

本日9時より、本社をはじめ境内末社4社の神無月(かんなづき)の月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

神無月 月次祭

すっかりと秋の風を感じる少し肌寒い日となりました。

神無月 月次祭

天気は良かったため早朝より沢山の方がお参りに来られ神様に挨拶していました。

神無月 月次祭

10月の主な年中行事

神無月 月次祭

神無月 月次祭

◆月次祭 1日・・・皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の健勝を祈念します。

◆津軽神楽稽古 1日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財の津軽神楽の稽古です。

◆書道稽古 3日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆舞姫会稽古 4日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の舞の稽古日です。

◆敬神会定例清掃奉仕 6日・・・廣田神社を崇敬する団体「敬神会」の会員等による清掃奉仕活動です。はじめに朝拝に参加し神職講話も行われます。

◆ニコニコ会講話 10日・・・一人暮らしの昼食会であるニコニコ会にて宮司が講話します。

◆舞姫会稽古 11日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の舞の稽古日です。

◆第二回あおもり街かど探偵団説明 12日・・・郷土館主催のイベントにて当神社内で由緒を解説します。

◆第4回あおもりこども民族フェス舞姫会演舞 14日・・・舞姫会が第4回あおもりこども民族フェスにて巫女舞の演舞をします。

◆津軽神楽稽古 15日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財の津軽神楽の稽古です。

◆人形供養感謝祭 毎月15日・・・親しんだ人形に感謝の念を捧げて慰霊する神事です。

◆舞姫会稽古 18日・・・舞姫と呼ばれる巫女舞を舞って神社へ奉納する女の子達の舞の稽古日です。

◆津軽神楽稽古 22日・・・神職のみによって伝承される県無形文化財の津軽神楽の稽古です。

◆即位礼当日奉告祭 22日・・・天皇陛下の即位礼当日に奉祝する奉告祭を斎行いたします。

◆書道稽古 24日・・・祝詞や御神札など普段から筆で書く機会が多いため技術向上のために書道の稽古が行われます。

◆NHKカルチャーセンター講座 26日・・・NHKカルチャーセンターで宮司が講座を開設しています。

神無月 月次祭

神無月 月次祭

神無月 月次祭

月次祭にご奉納頂いた方にはお下がりをお頒け致しますので、名前の記載と共に必ず社務所までお持ち下さい。

今月も皇室の弥栄、国の隆昌と氏子崇敬者の益々のご健勝、ご多幸を廣田大御神に祈念申し上げます。

カーサービス施設の竣工祭を執り行いました。

令和元年9月24日にマツダアンフィニ青森カーサービス事業部様の竣工祭が執り行われました。

カーサービス施設 竣工祭

元々は流通団地でもあった問屋町での車を整備するためにに設立されたカーサービスだそうですが、様々な変遷を経てそこからマツダアンフィニ青森様で担うようになり、現在は事業部として運営されているそうです。

カーサービス施設 竣工祭

そして今回老朽化した施設を改修してこの度竣工されました。

カーサービス施設 竣工祭

広々とした真新しい整備場に、明るく過ごしやすい待合所など綺麗に改修されていました。

カーサービス施設 竣工祭

社員の皆さんも怪我無く事故無く、これからも繁栄していくことを願い真摯に祈りを捧げていました。

カーサービス施設 竣工祭

自動車の整備に怪我事故することなく、快適で安全な車を提供できます事をお祈りいたします。

マツダアンフィニ青森・・・https://www.enfini-aomori.co.jp/

石碑の補修を奉仕頂きました。

令和元年9月24日に番地銘石様に境内の石碑の補修を奉仕頂きました。

石碑 目地補修

番地銘石様には境内の御鎮座一千年記念碑や歴代宮司碑等を施工して頂き、日頃から篤く崇敬頂いています。

石碑 目地補修

今回、国道側に建っている千鶴萬亀之塔と満州獨立守備隊員顕彰記念碑の石碑が経年劣化で目地が浮いてしまっているのを見て、補修の奉仕をしてくださいました。

石碑 目地補修

非常に大きな石碑でもあるので職人の方が一日かけて綺麗に補修してくださいました。

石碑 目地補修

綺麗に補修されたこの素晴らしい石碑群が、より多くの方に見てもらえれば幸いです。

ご奉仕誠にありがとうございました。

番地銘石・・・https://www.banchi.jp/

舞姫の作品が第44回ねぶた祭・北畠まつり こどもの絵画コンクールで受賞しました。

令和元年9月に舞姫の作品が第44回ねぶた祭・北畠まつり こどもの絵画コンクールで受賞しました。

こちらのコンクールは昭和55年に国の重要無形民俗文化財に指定され、青森市民共有のかけがえのない財産である「青森ねぶた」や、中世の浪岡地区において隆盛を誇った北畠氏にちなんだ「浪岡北畠まつり」を題材として図画作品を制作することを通じ、本市の子ども達が郷土における伝統文化に親しみ、重んじる心を養うとともに、祭りに対する理解を深めることを目的として、毎年開催されているそうです。

金賞受賞

そのコンクールに舞姫が今年の青森市役所ねぶた実行委員会のねぶたである「奉祝の舞 廣田神社 津軽神楽」を描き、見事、金賞を受賞しました。

ねぶたの迫力だけではなく色彩豊かな表現が目をうばうとても素敵な絵でした。

金賞受賞

こうして伝統文化に目を向けるだけではなく、舞姫の活動を通して神社との縁がむすばれていくのも大変喜ばしいことであります。

金賞受賞おめでとうございました。

臨時総代会総会を開催しました。

令和元年9月23日に臨時総代会総会を開催しました。

責任役員会に引き続き、以前の社務日誌でも紹介していた八甲田山神社奥宮の再建についてと、天皇陛下御即位の御大典奉祝記念事業について協議されました。

臨時総代会総会

責任役員会で協議されたことを踏まえて報告し、そしてしっかりと計画を立てた上で実施していく旨が話されました。

臨時総代会総会

また、御大典奉祝記念事業も奉賛会発足を目指していきたいと確認、報告されました。

Page 9 of 597««...456789101112131415...»»