ここから本文です

行事のご案内

厄年(厄除け・厄払い)・星厄年のご案内

平成29年の厄年・星厄年の一覧表となります。

廣田神社では1月1日から12月31日までを、その年の厄年として受付けてしています。

平成29年 厄年一覧表 ※表中の年齢は全て数え年です。

※数え歳/生まれた時に1歳と数え、以後1月1日を迎える度に1歳加えます。
「誕生日前は満年齢+2歳」「誕生日以後は満年齢+1歳」が数え歳になります。

男 性

前厄 平成 6 年 【24歳】 昭和52年【41歳】 昭和33年【60歳】

本厄 平成 5 年【25歳】 昭和51年【42歳】 昭和32年【61歳】

後厄 平成 4 年【26歳】 昭和50年【43歳】 昭和31年【62歳】

 

女 性

前厄 平成12年 【18歳】 昭和61年【32歳】 昭和57年【36歳】

本厄 平成11年【19歳】 昭和60年【33歳】 昭和56年【37歳】

後厄 平成10年【20歳】 昭和59年【34歳】 昭和55年【38歳】

 

平成29年 星厄年一覧表

平成29年 方位盤

人は生まれながらにそれぞれの星を宿しており年毎に変わりゆく星の位置によって様々な災いが起こりやすくなるといわれています。
その星の廻りがよからぬ年回りには厄年同様にお祓いを受けて健やかな日常へと戻りましょう。

※画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

鬼門厄 【四緑木星】

平成26年、平成17年、平成8年、昭和62年、昭和53年、昭和44年、昭和35年、
昭和26年、昭和17年、昭和8年 生まれの方

病門厄 【七赤金星】

平成23年、平成14年、平成5年、昭和59年、昭和50年、昭和41年、
昭和32年、昭和23年、昭和14年、昭和5年 生まれの方

北門厄 【六白金星】

平成24年、平成15年、平成6年、昭和60年、昭和51年、昭和42年、昭和33年、
昭和24年、昭和15年、昭和6年 生まれの方

八方塞厄 【一白水星】

平成29年、平成20年、平成11年、平成2年、昭和56年、昭和47年、昭和38年、
昭和29年、昭和20年、昭和11年 生まれの方

全国唯一 病厄除け

病厄除けとは廣田神社唯一の御祈願で、病気をはじめ様々な厄や災難など、内より外より起こるあらゆる厄災を一切祓い除ける御祈願であります。

廣田神社 病厄除けの歴史

青森の歴史上最も酷いといわれる天明四年(1784)の大飢饉で、多数の死者や疫病が蔓延した際、そのあまりの惨状に徳川将軍がそれをお聞きになり江戸幕府より疫病・厄災除けとして箱入札一体、白木造御祠入の御弓二張、御矢二具を、時の代官であった笹森権蔵・佐藤忠太夫の両名宛に送付をして、外ヶ浜の産土神に奉安して息災を祈れとの命令をだしました。そのため外ヶ浜の産土神であった当神社に奉祀して祈願したところ、しばらくして、ようやく病魔を退散し大飢饉の災難を祓い除く事ができました。以後、あらゆる災難・厄・病を祓い除く”病厄除け”の守護神として広く全国より崇敬を集めるようになりました。

身代わり人形

身代わり人形と白木造箱入り特別病厄除け御神札ご祈祷前に人形(ひとがた)で自身の体を撫で、息を三回吹きかけて自らの魂を宿らせる事で人形が身代わりと災厄を受けます。
そして、その人形を白木造箱入り特別病厄除け御神札に納め奉ることにより、箱内の破魔の弓矢にて内より外より疎び込むあらゆる災いを退け祓い、お護りします。

白木造箱入り特別病厄除け御神札

病厄除け祈願された方には江戸幕府より頂いたとされる箱入りの御神札を模した、全国で廣田神社唯一特別の白木造箱入り病厄除け御神札を授与します。

病厄除祈祷授与品

初穂料
1万円からのお気持ち
病厄除け箱入り特別御神札・祈願絵馬・感謝絵馬・お守り・特別撤下饌 御神米・特別撤下饌 御神塩

正五九参り

正五九参り(しょうごくまいり)と呼ばれ、古来より何事も繰り返す事で御神力が強まるとされており、4ヶ月毎に御祈願することが正しいとされています。

参考例:(正月・5月・9月)(2月・6月・10月)(3月・7月・11月)(4月・8月・12月)

特に厄を伴う災は深いといわれ年3回の御祈願を3年間繰り返す(九重参り)ことをお奨めしております。

お問合せ

予約電話 017-776-7848

混雑時は複数組でご案内致しますので予めご了承ください。

安産祈願 戌の日のご案内

 

安産祈願戌の日には実際の犬の安産にあやかり、妊娠五ヶ月目頃に「腹帯」をもって赤ちゃんの無事出産と母体の安全を祈るため神社にて安産祈願の祈祷を受けます。

以前、テレビでも紹介されたとおり(1月9日社務日誌)廣田神社の末社である二十三夜大神は、古来より月待ち信仰に由来して女性の信仰が篤く、安産や子授けなどの御神徳があります。また、つい最近までは女性だけが集まり二十三夜に月を拝する二十三夜講に100名近くの女性が参集していました。

そのため、現在においても安産・子授けの神様として多くの妊婦とそのご家族が安産祈願にいらっしゃいます。ぜひ「腹帯」を持って赤ちゃんの無事と母体の安全を祈り家族揃って神社で安産祈願をしましょう。

※戌の日、大安でなくても構いません。また、五ヶ月目でなくてもお母様の体調が良く、ご家族がお揃いになれるときにお越し下さい。

安産祈願について

日時

毎日9:30~16:30(無休)

当日受けることも可能ですが、なるべく事前に電話でご予約の上ご来社ください。

また、混雑時は複数組でご案内致しますので予めご了承ください。

初穂料

1万円からのお気持ちです。

(のし袋には”初穂料”もしくは”玉串料”と書いてお持ち下さい。)

持ち物

普段使用される腹帯をお持ち頂ければご神前に供えて一緒にお祓いいたします。

他にもお酒やお菓子等お持ちくださればご神前にお供えします。

命名証書き

安産祈願された方には命名証をお持ち頂ければ御朱印を押印して無料にてお書きいたします。

また、廣田神社宮司謹書の特別命名色紙も差し上げます。

命名書

安産腹帯

廣田神社の御朱印が記された、安産御守護の特別に奉製されたさらしの腹帯を授与しています。

普段お使い頂くか、節目などの記念の際に巻かれても結構です。

連絡先

社務所 017-776-7848 (9:00~17:00)

お問い合わせページ→http://hirotajinja.or.jp/contact/

 平成29年 安産戌の日

1月 11(水) 23(月)

2月 4(土) 16(木) 28(火)

3月 12(日) 24(金)

4月 5(水) 17(月) 29(土)

5月 11(木) 23(火)

6月 4(日) 16(金) 28(水)

7月 10(月) 22(土)

8月 3(木) 15(火) 27(日)

9月 8(金) 20(水)

10月 2(月) 14(土) 26(木)

11月 7(火) 19(日)

12月 1(金) 13(水) 25(月)

赤文字は大安の日です。

人形供養感謝祭のご案内

大切な人形に感謝を捧げ供養する人形供養感謝祭を毎月15日に執り行っています。

人形供養感謝祭

昔から大切にしているものには御魂(みたま)が宿るとされています。
特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは持ち主の愛着心も強く御魂が宿りやすいといわれています。
そのため、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱い、むやみに処分することは大変な不敬にあたります。
そこで、破損や引っ越しなど様々な事情で処分しなくてはならない方の為に、廣田神社では御魂を慰めて昇魂をし、障りや祟りが起こらないように祈願する人形供養感謝祭を執り行っております。大切な人形に感謝を捧げ安らかに人形を納めたい方は神社までお持ち下さい。

日時

毎月15日 16時~
人形の受付は社務所にて毎日しております。(9:00~17:00)
※感謝祭のご参列は自由です。神事終了後の連絡はいたしません。
また境内に無断投棄されたものはゴミとして一切お祓いいたしませんので必ず社務所までお持ち下さい。

初穂料

1件 5,000円からのお気持ち(10体迄 雛人形は1組)
10体毎に1件分ずつ初穂料を納めて頂きます。(例 10体~20体は2件分とする)

人形について

人形のみ(ぬいぐるみ、日本人形、西洋人形、木彫りなど)
ガラスケースや棚など人形以外の付属品はお受けできませんのでご自身で処分して下さい。
尚、神事終了後の供養取り消し、人形等の返品は出来ませんので予めご了承下さい。

※学術的に貴重な人形の場合は神社にて祭典後保存させて頂く場合がありますので予めご了承ください。

郵送申し込みについて

特別な事由やご遠方にお住いの方のみ郵送での受付もしております。

初穂料は必ず現金書留で5日以内にお送りの上、郵送料はご自身でご負担ください。
お願いする方の
《住所・ふりがな》
《氏名・ふりがな》
《連絡先》
《人形へ感謝の言葉》
を書いた用紙も一緒にお送りください。(書式様式問わず)
尚、送り状には【人形供養感謝祭】と必ずご記入ください。
ダンボール2箱以上の場合は事前に神社までご連絡下さい。

※注意
ゴミ処理ではなく神聖なる神事です。
ルールを守れない場合は送り返させて頂く場合もございます。
また業者回収による大量処分はお受けしておりません。

送り先

030-0861
青森県青森市長島2-13-5 廣田神社社務所 宛
電話番号 017-776-7848

古事記BAR(朗読会)のご案内

日本の古を知る「古事記」の朗読を聴きながら

御神酒とイタリアンレストランAL CENTRO(アルチェントロ)の

STUZZICHINI(つまみ)を嗜む一夜限りのバールです。

古事記BAR

1,300年の時を超えて伝えられる日本の神話「古事記」。

この古事記には日本の国の基が語られています。

しかし、残念ながら現代では普段の生活で学ぶ機会がありません。

そこで、

古事記とは?

どんな物語?

に応えるべく、

楽しく学べるよう御神酒とつまみを嗜みながら

‘おはなし‘で活躍されるお二人に語り部として朗読をしていただきます。

どうぞ、ゆったりとした雰囲気で神話の誘いに酔いしれてみてください。

日時

平成29年4月14日(金) 18:30~20:30

場所

廣田神社/廣田会館

定員

20名(中学生以上)

初穂料

2,000円(1人)(御神酒、つまみ付)

ジュース類も用意しております

プログラム

◆18:30 宮司の古事記のおはなし

◆19:00 古事記朗読(一部/二部)

◆20:00 正式参拝(お祓い)

◆20:30 終了

第一部
古事記上巻より
「国生み」
~イザナギの命とイザナミの命~
紙芝居  /西村惠美子
原文朗読 /坂本佳子

第二部
古事記上巻より
「天の岩戸とヤマタノオロチ」
~アマテラス大御神とスサノオの命~
紙芝居  /坂本佳子
原文朗読 /西村惠美子

締切

4月10日(月)まで

問い合わせ・申し込み

TEL 017-776-7848(9:00~17:00)
電話にて予約を承ります。(神社でも受付可能)

未成年への御神酒の提供は致しません
御神酒を飲まれる方の運転は禁止しております

主催

廣田神社(教養講座)

語り部

読み聞かせ/朗読活動者 西村惠美子(にしむら えみこ)

読み聞かせ/朗読活動者 西村惠美子

青森朝日放送アナウンサー 坂本佳子(さかもと よしこ)

青森朝日放送アナウンサー 坂本佳子

 

講話

廣田神社17代宮司 田川伊吹(たがわ いぶき)
國學院大學神道文化学部卒業
相模国一之宮 寒川神社奉職
和道会空手道2段
和道会全国大会一般有級組手の部ベスト8
書道雅号 翠堂
平成21年 全国最年少で宮司就任※1
ほか21社兼務宮司就任
平成23年 節分祭を県内最大規模に再興
平成24年 数百年ぶりによる神輿渡御の復活
平成25年 天台宗ハワイ開教40周年記念法要
全国神職で唯一招待
平成26年 祭神ゆかりの市内最大級の
記念野点茶会を仕掛ける
平成27年 天皇皇后両陛下パラオ共和国慰霊訪問
奉迎手旗入魂祭斎行
平成28年 パラオ共和国戦没者神仏合同慰霊祭斎行

※就任当時、神職を抱える神社の宮司として全国最年少。

こぎん刺しお守り袋つくりとお守りご朱印のお話講座のご案内

神様に喜ばれるお守りとご朱印のお話しと

こぎん刺しお守り袋つくりを開催します!

教養講座

お守りってなに?
ご朱印ってなに?

という疑問から、
神様に喜んでもらえる受け方を特別に伝授します(^^)/

そして津軽の伝統文化、こぎん刺し!

この可愛らしい柄を、
世界でひとつだけのお手製のお守り袋にしちゃいます♬

神社から中に納めるご神符と、
本講座受講された方限定のご朱印も授与しますよ~

ぜひぜひ郷土の文化に触れてみてください(^^)v

日時

平成29年3月18日(土) 17:00~20:00

場所

廣田神社/廣田会館

定員

10名

初穂料

3,000円(1袋)(ご神符、ご朱印付き)

道具等は全て用意します

プログラム

◆17:00 お守りとご朱印のお話し

◆17:30 こぎん刺しお守り袋つくり

◆19:00 お守り袋のお祓い

締切

3月15日(水)まで

問い合わせ・申し込み

TEL 017-776-7848(9:00~17:00)
電話にて予約を承ります。(神社でも受付可能)

主催

廣田神社(教養講座)

講師

こぎん刺し*miasa*
阿保麻美(アボ アサミ)
ものづくりmiasa として県内でワークショップを開催
イベントにも多数出店
草木染めの糸を使用するなど材料からこだわり好評を得る
Facebook/https://www.facebook.com/ものづくりmiasa-1636264706659091/

講話

廣田神社17代宮司 田川伊吹(タガワ イブキ)
國學院大學神道文化学部卒業
相模国一之宮 寒川神社奉職
和道会空手道2段
和道会全国大会一般有級組手の部ベスト8
書道雅号 翠堂
平成21年 全国最年少で宮司就任※1
ほか21社兼務宮司就任
平成23年 節分祭を県内最大規模に再興
平成24年 数百年ぶりによる神輿渡御の復活
平成25年 天台宗ハワイ開教40周年記念法要
全国神職で唯一招待
平成26年 祭神ゆかりの市内最大級の
記念野点茶会を仕掛ける
平成27年 天皇皇后両陛下パラオ共和国慰霊訪問
奉迎手旗入魂祭斎行
平成28年 パラオ共和国戦没者神仏合同慰霊祭斎行

※就任当時、神職を抱える神社の宮司として全国最年少。

Page 1 of 3123