ここから本文です

行事のご案内

御朱印のご案内

御朱印は参拝の証として神社より授かるものですので、心静かに感謝の心を捧げてお参りしてお受けください。

御朱印

当神社の通常の御朱印です。

御朱印

初穂料 300円

ご当地御朱印

神様によって参拝に巡り合えたこのご縁を大切にし、青森という地域をより親しんでもらいたいという思いから青森県を象徴するりんご、青森県の形、雪結晶を押印する地域限定のご当地御朱印です。

ご当地御朱印

「リンゴ」/「青森県」/「雪結晶」

初穂料 各500円

ねぶた御朱印

ねぶた提灯御朱印

平成29年11月に神殿の御神燈が奉納されました。

その際に青森の郷土文化であるねぶたの技術を活かした新たな御神燈が生み出されました。

製作にはこれからのねぶた文化を継承していく若い世代のねぶた師により共作され、獅子と龍が睨み合いながら神様をお守りしています。

ねぶた師/『獅子』外崎源人、『龍』北村春一

ねぶた提灯御朱印

初穂料 1,000円(通年)

期間限定

ねぶた御朱印

庄兵衛ねぶた御朱印

御祭神でもある青森開拓の一大恩人、進藤庄兵衛正次の生誕400年を迎え、平成27年の青森ねぶた祭りでは史上初めて庄兵衛を題材にした、ねぶたの人形が登場しました。

それを記念して題材をもとにしたねぶた御朱印を奉製しました。

庄兵衛ねぶた御朱印

期間限定 7月17日~8月7日迄
初穂料  1,000円

 

ねぶた大賞御朱印

青森ねぶた祭の最高賞である『ねぶた大賞』。

多くの方からの要望もあり、受賞団体のご協力を頂き昨年の大賞を御朱印にしました。

ねぶたのまわりには海上運行を表した花火もあしらっています。

受賞団体/青森菱友会

作品名/『岩木川 龍王と武田定清』

ねぶた師/竹浪比呂央

ねぶた大賞御朱印

期間限定 7月17日~8月7日迄
初穂料  1,000円

ねぶた祭期間

8月1日~7日 8:30~21:00

8月8日(休務日)

※令和元年7月31日(水)は休務日となります。

お正月御朱印

創建当初は元々「夷之社(えびすのやしろ)」といわれ、現在でも蛭子命を御祭神としてお祀りしています。

新年を迎えるにあたり、福が舞い込むよう宮司がデザインしたエビス様が押印された限定御朱印です。

お正月御朱印

期間限定 1月1日~7日迄
初穂料  各500円

お願い

御朱印は参拝した証として授けるものですので、恐れ入りますが郵送等での対応はしておりません。

ぜひ、青森までお越しの上お受けください。

受付時間

8:30~16:30

毎週水曜日は休務日により受付できません。
(恒例祭典や社務都合により急遽変更になる場合がありますのでご了承ください。)

 

金魚ねぶた献灯祭

大鳥居に金魚ねぶたを掲げて街を彩り繁栄を祈る

クラウドファンディングTOP画像【青森ねぶた祭】に欠かせない金魚ねぶた。街のいたるところに飾られていた風景も今は昔。

祭の運行ルートを見守る神社の大鳥居に130個の金魚ねぶたを連ねて街を彩り、地域の方々には懐かしき風景を。

世界中から訪れる人々には金魚ねぶたの魅力を知ってもらうため、今回クラウドファンディングにて寄附を募集し、地域の繁栄、人々の幸せを祈ります。

 

日時

金魚ねぶたライトアップ

令和元年7月30日(火) ~ 8月7日(水)

毎夜17時~21時

※7月31日(水)はライトアップのみで社務所は休務日となります。

金魚ねぶた献灯祭(点灯式)

点灯するにあたり金魚ねぶたを祓い清める神事を執り行います。

令和元年7月30日16時30分斎行/17時点灯

献灯(ご支援)のお願い

金魚ねぶたの献灯にあたっては 青森県初となる クラウドファンディングでの募集になります。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは造語であり、インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達するシステムのことです。
誰でも“支援者”として支援できる手軽さから、現在、多くの地域活性化の事業などでも利用されています。

完成予想図

大鳥居に全長25cmの金魚ねぶたを130個飾ります。

金魚ねぶた鳥居予想図

献灯方法

会社名/CAMPFIRE(キャンプファイヤー)※プロジェクト成立件数国内No.1

下記サイトにアクセスの上お申し込みください。
※会員登録は不要です

① 右記のQRコードでページを開く
② 【プロジェクトを支援する】をクリック
③ 寄附金額(リターン)を選択し【お支払い方法を選ぶ】をクリック
④ 必要事項を記入して【確認画面へ】(備考欄はメッセージや希望を記載ください)
≪クレジットカード・コンビニ・後払い・銀行振込・キャリア決済・PayPal≫
⑤ 完了(期間終了後、支援金額に応じて返礼品が郵送されます)

※このプロジェクトの支援における寄付控除はありませんので予めご了承ください

御礼(リターン)について

献灯金額によって下記の通り御礼をしております。

◆3,000円

宮司直筆 手書き感謝状

◆5,000円

宮司直筆 手書き感謝状
金魚ねぶたお守り

◆8,000円

宮司直筆 手書き感謝状
金魚ねぶたお守り
金魚ねぶた御朱印帳

◆10,000円

宮司直筆 手書き感謝状
金魚ねぶたお守り
金魚ねぶた御朱印帳
撤下饌(神様にお供えされたお米とお塩です。お守り等と一緒に郵送します。)

◆15,000円

宮司直筆 手書き感謝状
金魚ねぶたお守り
金魚ねぶた御朱印帳
金魚ねぶた(小/6㎝)

◆30,000円

宮司直筆 手書き感謝状
金魚ねぶたお守り
金魚ねぶた御朱印帳
金魚ねぶた実物(大/16㎝)

◆50,000円

宮司直筆 手書き感謝状
金魚ねぶたお守り
金魚ねぶた御朱印帳
金魚ねぶた実物(特大/25㎝)

◆100,000円≪献灯コース≫

正月と宵宮に芳名入りの提灯を境内に掲げます。

宮司直筆 手書き感謝状
金魚ねぶたお守り
金魚ねぶた御朱印帳
金魚ねぶた実物(特大/25㎝)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

金魚ねぶたお守りも奉製業者の方が一体一体手作りのため、発送が11月頃となりますこと予めご了承ください。また、金魚ねぶたお守り並び金魚ねぶた御朱印帳は皆さまに発送後に神社でも同様のものを頒布予定です。

リターン品につきましては、すべてそろい次第一斉に配送させて頂きます。

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭のご案内

青森開拓の一大恩人を称える 進藤庄兵衛正次翁頌徳祭とは

進藤庄兵衛正次夫婦の坐像

進藤庄兵衛正次(しんどう しょうべい まさつぐ おきな)とは弘前藩家老でありながら、外ヶ浜鎮守城ともいうべき青森御仮屋二代目城代を勤め、青森の街づくりに尽力した人物です。その功労は新町辺りに市場を開き商業発展の礎を築き、水利の便をよくするために堰を張りめぐらせました。また、現代でいう福祉事業として、堀を築く際には目の見えない人々にも一般従事者と変わらぬ給与を与えて従事させて見事完成させました。後にその偉業が称えられ人々から盲掘と呼ばれるようになりました。他にも都市計画を描き住みよい町作りを行い、現在の青森となる礎を開拓しました。正しく青森開拓の一大恩人であります。その後、庄兵衛の功績を称えた青森の人々は夫婦の像を作り青森の総産土神様であった廣田神社へお祀(まつ)りをし、現在、その数々の徳を称えるために毎年7月18日に進藤庄兵衛正次翁頌徳祭が執り行われています。

前夜祭・神幸祭(宮神輿/ねぶた渡御)

進藤庄兵衛正次翁 神幸祭

日時

令和元年7月17日(水)

前夜祭 18時00分(関係者のみ)
神入祭 18時30分(関係者のみ)
参社  18時50分 参加者全員にてお参りをします。(一般参加可能)
神幸祭 19時40分 宮神輿とねぶたを渡御して氏子区域を回ります。(一般参加可能)

神出祭 20時40分(関係者のみ)

跳人 参加者募集

〇参加自由

なるべく正装でお越し下さい。

〇集合時間

18時30分 集合

19時40分 出発  参加者全員でお参りをし、渡御(運行)します。尚、終了は20時40分頃を予定しております。

参加したお子様にはお菓子セットをお分けします(数に限りあり)

進藤庄兵衛正次翁 神幸祭

奉賛金(おはな)のお願い

運行中「オハナ持ち」と呼ばれる人が、権現様(ごんげんさま)(獅子頭)と一緒に周ります。

”オハナ”とは神様へ捧げる初穂料のことで、納めて頂いた方には権現様が悪い箇所を咬んで無病息災を祈念し、「家内繁栄」が祈願された頌徳祭の御神札をお授け致します。

〇初穂料

1,000円からのお気持ち

進藤庄兵衛正次翁 神幸祭

渡御順路

頌 徳 祭

日時

祭典 令和元年7月18日(木) 11時 斎行

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

奉納講演

祭典終了後 12時 開始
一般の方も自由に聴講可能です。

講師 田名部神社禰宜(元宮内庁掌典職出仕) 小笠原 佐  氏

題目 「天皇陛下のお側に仕えて」

進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭

※奉納講演の様子

夏越大祓式のご案内

夏越大祓式

半年間の罪・穢れの災いをはらい福を招く

夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)

日常生活の中で皆様が気付かぬうちに心身についた罪や穢れを祓い清めて無病息災をお祈りする大切な神事です。

是非この神事にご参加いただき、人形(ひとがた)に心身の邪気を移し、茅の輪をくぐる事でこの半年間の心身の罪・穢れを祓い清めて愈々お健やかにお過ごしください。

日時

令和元年6月30日(日) 17時30分より斎行

※20分前には受付をお済ませ下さい。

夏越大祓式

人形(ひとがた)について

人形に願い事、氏名、年齢をお書きの上、祈念を込めて身体を撫で、息を三回吹きかけて体内の邪気を人形に移します。

神事において人形についた罪穢れの邪気を清め祓めた後、焼納いたします。

人形は廣田神社社務所にて授与しています。

夏越大祓式 人形

申込方法

|① 申込期日  令和元年6月29日まで

|② 初穂料  一家族3,000円以上をお納め下さい。

|③ 申込方法  人形と初穂料は直接神社社務所へお持ちいただくか、郵送にて人形を封筒に入れて神社へ返送し、初穂料を専用郵便振込取扱票(手数料不要)にて送金下さい。 専用郵便振込取扱票は神社にて無料で差し上げております。

祈祷後お渡しするもの

|3,000円~  夏越大祓式除災招福神札(おふだ)

|5,000円~  夏越大祓式除災招福神札 茅の輪特別お守り

|10,000円~ 夏越大祓式除災招福神札 茅の輪特別お守り 御神米 御神塩

※お申込みされた方で当日参列出来ない場合は後日郵送致します。

授与品一覧

夏まつり限定御朱印

夏まつりが執り行われるのを記念して夏まつり期間限定の御朱印を奉製しました。

今年は大型ねぶたに当神社へ奉納される津軽神楽が題材となったため、その舞と夏らしい風雨と紫陽花をあしらいました。

ぜひ、清涼の参拝をしてお受けください。

新 夏祭り御朱印

期 間/令和元年6月19日~7月16日

時 間/8:30~16:30

初穂料/1,000円

※夏まつりご朱印は特別な紙を使用しているため予め用意したものの頒布になります。
ご朱印帳には印せませんのでご了承ください。また、デザインは変更になる場合があります。

例大祭・宵宮祭のご案内

例大祭・前夜祭のご案内

往古より私共の祖先が深い信仰と祈りを捧げてまいりました廣田神社の例大祭・前夜祭(宵宮)を下記の通り斎行いたします。

ご家族ご友人揃ってご参拝下さい。

尚、例大祭期間中に一万円以上奉納された方には御神酒一升を授与していますので社務所までお持ち下さい。

例大祭

前夜祭(宵宮祭・夜宮)

前夜祭(宵宮祭)

日 時

令和元年6月19日(水) 午後5時斎行

奉納演芸

17:30~ YOSAKOI/喜々笑々

18:00~ 津軽三味線/山上進

18:30~ 空手演武/濤和館

18:45~ 篠笛/山口流 山口汐花

19:15~ 巫女舞/廣田神社  舞姫会

19:30~ ねぶた囃子演奏/龍鼓会

20:00~ まとい振り/青森消防第二分団

宵宮 津軽三味線空手演武宵宮 巫女舞宵宮 山口流篠笛宵宮 ねぶた囃子まとい振り

旧表参道の廣田通りに50店ほど露店が出店する予定です。

※奉納演芸の時間は予告なく変更される場合がありますので予めご了承下さい。

また、神社内に駐車場はありませんので恐れ入りますが公共交通、または近くの駐車場をご利用ください。

前夜祭 宵宮

宵宮

神賑行事

予定※お抹茶(淡交会奥村社中) 一服100円(お菓子付)

大道芸(大道芸人アット) ジャグリングパフォーマンス随時

お守り作りワークショップ(ハッピーゴーランド) 一体1,000円

忍者体験(青森大学忍者部

境内催し 大道芸境内催し お守袋作り境内催し お抹茶忍者体験

例大祭

日 時

令和元年6月20日(木) 午前11時斎行

奉納神楽

祭典中 津軽神楽奉納(県重要無形文化財)

神職のみによって伝えられている秘伝の神楽です。

例大祭 津軽神楽

※津軽神楽は社殿外からの拝観となります。

夏まつり限定御朱印

夏まつりが執り行われるのを記念して夏まつり期間限定の御朱印を奉製しました。

今年は大型ねぶたに当神社へ奉納される津軽神楽が題材となったため、その舞と夏らしい風雨と紫陽花をあしらいました。

ぜひ、清涼の参拝をしてお受けください。

新 夏祭り御朱印

期 間/令和元年6月19日~7月16日

時 間/8:30~16:30

初穂料/1,000円

※夏まつりご朱印は特別な紙を使用しているため予め用意したものの頒布になります。
ご朱印帳には印せませんのでご了承ください。また、デザインは変更になる場合があります。

Page 1 of 71234567