ここから本文です

行事のご案内

御幣(ごへい)立てのご案内

新年の御幣立ての受付を12月5日(火)より開始いたします。

御幣

御幣は「みてぐら」とも呼ばれ、神様への捧げ物でありました。

元々は竹や木などでできた幣串(へいぐし)と呼ばれるものに布を挟んだものでしたが、次第に布から紙へと変わり、白色や金銀色、または五色の紙垂(しで)を挟むようになりました。

そのような御幣は単に供え物というだけではなく、神霊が依り宿る御正体(みしょうたい)や神棚の装飾、注連縄のような神域を示すもの、また、私たちを祓う神具ともなっています。

いずれにしても古くから青森の伝統風習として、新年を迎えるにあたっては神宮大麻(天照さまのお神札)、廣田神社のお神札と共に紙垂を新しくし、供えまつることで御神徳を賜わる大切な年中行事といえます。

廣田神社では御幣に使用する材料を祓い清め、立て始めを奉告する御幣立始祭を毎年12月5日に執り行っています。

御幣立始祭(ごへいたてはじめさい)

日時

12月5日(火) 9時斎行

新年御幣受付

日時

12月5日(火) 10時から受付開始
毎日9時~17時受付
受付開始より先着10名様には《新年が光り輝くように》との祈りを込めて特別に金の紙にて御幣を奉製します。

金の御幣

お持ちする際のお願い

当神社は御幣台の大きさに合わせて、一つ一つ紙を裁断して縁起の良い紅白紐で結んでいます。

そのため、お持ちの際は串だけを抜かずに必ず台ごと持ちください。

また、引き渡し間違い防止のため御幣台の裏には必ずお名前・ご住所・ご連絡先をご記入の上お持ちください。

初穂料

三本立てや五本立て、紙垂の色(白か金のみ)やサイズなどで若干異なります。

お問い合せ

廣田神社社務所
電話 017-776-7848

正月巫女(女子)/助勤(男子)の募集案内

神聖な神社で普段経験することのないご奉仕をしてみませんか?

お正月の巫女奉仕並びに男性助勤(アルバイト)を募集いたします。

巫女 助勤

 

奉仕勤務期間

12月23日~1月8日 9時~17時(シフト制)

1月1日~1月3日 17時~21時(夜間有)

◆12月23日は巫女奉仕奉告祭並び巫女研修を行いますので必ず全員出勤となります

※全日程ではありません

助勤料(時給)

750円~(食事付)

募集定員

巫女(女性)/8名  助勤(男性)/3名

募集期間

12月7日(木)17時 締切

募集期間終了までに廣田神社社務所まで履歴書をお持ち頂くかご郵送ください。

引き続き追加募集いたしますので希望の方は電話でご連絡ください。

面接日

12月10日(日)15時

12月20日(水)まで随時面接を行います。

電話でご連絡ください。

※15分ほどで終了します

尚、面接を無断欠席した場合は事情の有無に関わらず不採用とします

勤務内容

お守り、おみくじ等の授与 新年祈祷の補助奉仕、授与品奉製など

応募資格

18歳~25歳の未婚の女子並び男子(経験不問 原則高校生不可)

黒髪以外不可 ピアス不可

一般のアルバイトの感覚ではなく奉仕という心構えをもてる方のみ

巫女 助勤

問い合わせ

電話 017-776-7848 担当/権禰宜 田川

メール info@hirotajinja.or.jp

七五三詣のご案内

健やかな成長を願い

家族そろって廣田神社でご祈祷しましょう

七五三

七五三詣とは3歳の男女児、5歳の男児、7歳女児が、これまで健やかに成長できた感謝の奉告と、これからの健康や幸せを祈願する大切な人生儀礼です。

古くは3歳を迎えると「髪置(かみおき)」といって頭髪を伸ばし始める節目となり、5歳では「袴着(はかまぎ)といって男児が初めて袴を着装し、7歳には女児が「帯解(おびとき)」といって、これまでの紐を解いて大人と同様の帯を付け始めたことに七五三は由来します。

この節目を祝って神様へご挨拶することで、町や村の一員へと社会的に認められて加わることが出来ました。

本来は11月15日が七五三詣の日ですが当神社では常時受付しております。

一生に一度のお祝いをご家族揃って廣田神社でご祈祷しましょう。


受付時間

毎日 9時30分~16時30分  10月1日~

・土日、祝日などの混雑時には複数組のご家族でご祈祷する場合がありますが予めご了承下さい。
・予約なしでも受付致しますが、なるべく事前に来社日時をご連絡下さい。
・七五三祈祷は年中受付しておりますが、紅白飴やお菓子等の授与は10月1日から11月末頃までとなります。
※止むを得ない事情により上記時間外希望の方は気軽に社務所までご相談下さい。

年齢

3歳 男女児 平成27年生(満平成26年生)

5歳 男児  平成25年生(満平成24年生)

7歳 女児  平成23年生(満平成22年生)

・本来は数え年にて七五三詣を行いますが、満年齢でもお受けしております。

初穂料

お子様1人に付き 10,000円からのお気持ち。

授与品(お渡しするもの)

千歳あめ紅白セット

七五三ポストカード2枚

お守り

お神札

祈願絵馬

感謝絵馬

ご神米

ご神塩

特製白木箱

先着200名様には ”七五三特製グリコのお菓子セット”  を授与致します。

撤饌 グリコお菓子セット

碁盤の儀 (ごばんのぎ)

~皇室行事の深曾木の儀から由来~

皇室の七五三にあたる「着袴の儀」の後に行われる儀式です。

碁盤の上に立ち髪の毛先を揃える「髪剃」の後、青石を踏むことで心身を祓い、元気よく飛び降りることで大地にしっかりと足をつけてひとり立ち出来るようにと願う意味があります。

また、碁盤の目のように「筋目正しく」「美しく」他にも「勝負ごとに強く」などの意味も込められています。

碁盤の儀

★碁盤の儀の作法★

一、右手に檜扇 左手に小松と山橘を持つ

一、碁盤の上に乗り神社へ向いて拝む

一、青石を踏み「エイッ」の掛け声で正面に飛ぶ

※ご祈祷を受けられた方のみ使用可能です。

フォトメッセージ ~親から子どもへ贈る言葉~

おとうさん、おかさん、おじいさん、おばあさんから七五三詣を迎えた子ども達へ贈る言葉を写真に撮ってSNSへ投稿しませんか?

一生の思い出となるように子どもへ向けた贈る言葉を書くホワイトボードを用意しました。

気持ちを込めたメッセージを書いて一緒に写真を撮りましょう。

七五三 フォトメッセージ

★SNS投稿でキャラクターグッズが当たる福くじ★

フォトメッセージの写真を#廣田神社#七五三と付けてSNS(Facebook、Twitter、インスタグラムなど)に投稿した写真を神職に見せると、ポケモンやツムツム等のキャラクターグッズが当たる福くじが出来ます。

1、フォトメッセージの写真を撮影

2、SNSに#廣田神社#七五三を付けて投稿

3、神職に見せる

4、福くじを1回引く

5、キャラクターグッズが当たる!!

★廣田神社のwebサイトでご紹介します★

廣田神社のwebページやfacebook等のSNS、社報、その他に掲載可能な方は社務所にいる神職に声をお掛けください。

撮影させて頂いた後、下記サイトなどで紹介させていただきます。

※尚、社務日誌に紹介させて頂いた場合も福くじをプレゼントしています。

Blog (ブログ)

Facebook (フェイスブック)

Twitter (ツイッター)

instagram (インスタグラム)

設置期間 平成29年10月1日~12月15日

駐車場

境内駐車場 4台

アウトエア廣田通りコインパーキング 22台(神社向かい)

※御祈祷された方にはサービス券お渡しします。

上記が満車の場合

日専連柳町パーキング

※御祈祷された方にはサービス券をお渡しします。

お問合せ

017-776-7848

人形供養感謝祭のご案内

大切な人形に感謝を捧げ供養する人形供養感謝祭を毎月15日に執り行っています。

人形供養感謝祭

昔から大切にしているものには御魂(みたま)が宿るとされています。
特に人や生き物などの姿をした人形やぬいぐるみは持ち主の愛着心も強く御魂が宿りやすいといわれています。
そのため、大切な時間を共にしてきた人形をぞんざいに扱い、むやみに処分することは大変な不敬にあたります。
そこで、破損や引っ越しなど様々な事情で処分しなくてはならない方の為に、廣田神社では御魂を慰めて昇魂をし、障りや祟りが起こらないように祈願する人形供養感謝祭を執り行っております。大切な人形に感謝を捧げ安らかに人形を納めたい方は神社までお持ち下さい。

日時

毎月15日 16時~
人形の受付は社務所にて毎日しております。(9:00~17:00)
※感謝祭のご参列は自由です。神事終了後の連絡はいたしません。
また境内に無断投棄されたものはゴミとして一切お祓いいたしませんので必ず社務所までお持ち下さい。

初穂料

1件 5,000円からのお気持ち(10体迄 雛人形は1組)
10体毎に1件分ずつ初穂料を納めて頂きます。(例 10体~20体は2件分とする)

人形について

人形のみ(ぬいぐるみ、日本人形、西洋人形、木彫りなど)
ガラスケースや棚など人形以外の付属品はお受けできませんのでご自身で処分して下さい。
尚、神事終了後の供養取り消し、人形等の返品は出来ませんので予めご了承下さい。

※学術的に貴重な人形の場合は神社にて祭典後保存させて頂く場合がありますので予めご了承ください。

郵送申し込みについて

特別な事由やご遠方にお住いの方のみ郵送での受付もしております。

初穂料は必ず現金書留で5日以内にお送りの上、郵送料はご自身でご負担ください。
お願いする方の
《住所・ふりがな》
《氏名・ふりがな》
《連絡先》
《人形へ感謝の言葉》
を書いた用紙も一緒にお送りください。(書式様式問わず)
尚、送り状には【人形供養感謝祭】と必ずご記入ください。
ダンボール2箱以上の場合は事前に神社までご連絡下さい。

※注意
ゴミ処理ではなく神聖なる神事です。
ルールを守れない場合は送り返させて頂く場合もございます。
また業者回収による大量処分はお受けしておりません。

送り先

030-0861
青森県青森市長島2-13-5 廣田神社社務所 宛
電話番号 017-776-7848

御朱印のご案内

御朱印は参拝の証として神社より授かるものですので、心静かに感謝の心を捧げてお参りしてお受けください。

御朱印

当神社の通常の御朱印です。

御朱印

初穂料 300円

ご当地御朱印

神様によって参拝に巡り合えたこのご縁を大切にし、青森という地域をより親しんでもらいたいという思いから青森県を象徴するりんご、青森県の形、雪結晶を押印する地域限定のご当地御朱印です。

ご当地御朱印

「リンゴ」/「青森県」/「雪結晶」

初穂料 各500円

ねぶた御朱印

御祭神でもある青森開拓の一大恩人、進藤庄兵衛正次の生誕400年を迎え、平成27年の青森ねぶた祭りでは史上初めて庄兵衛を題材にした、ねぶたの人形が登場しました。

それを記念して題材をもとにしたねぶた御朱印を奉製しました。

ねぶた御朱印

期間限定 7月17日~8月7日迄
初穂料  1,000円

お正月御朱印

創建当初は元々「夷之社(えびすのやしろ)」といわれ、現在でも蛭子命を御祭神としてお祀りしています。

新年を迎えるにあたり、福が舞い込むよう宮司がデザインしたエビス様が押印された限定御朱印です。

お正月御朱印

期間限定 1月1日~7日迄
初穂料  各500円

お願い

御朱印は参拝した証として授けるものですので、恐れ入りますが郵送等での対応はしておりません。

ぜひ、青森までお越しの上お受けください。

Page 2 of 512345