ここから本文

祭事案内

年間行事

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
1日~ 初詣
新年を迎えてから初めて神社にお参りをし、その年一年間の安泰を祈念します。この時には県内でも有数の参拝者が神社に訪れます。
1日~31日 新年特別祈祷
一年の初めに新年特別の家内安全や商売繁盛などのお願いごとを神様にお取次ぎいたします。
1日 元旦祭
新年を迎え歳神様に皇室の弥栄と国家隆昌ならび氏子・崇敬者の安泰を祈願するお祭りです。
7日 焼納祭
一年間ご加護いただいた神札やお守りに感謝を込めて境内にて焼納するお祭りです。
初午の日 初午祭
新年最初の初午の日に行うお祭りで、廣田神社では毎年、青森消防団が火災予防を祈願し境内にて「まとい振り」の奉納が行われます。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
3日 節分祭
季節の分かれめである立春の前日に行われ、豆をまき邪気を祓うことで無病息災を祈願するお祭りです。廣田神社では当日歳男・歳女の特別開運招福祈願を行い、その後、豆まき神事を行います。
11日 紀元祭
神武天皇即位を慶祝し、建国記念日として恒久平和を祈願するお祭りです。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
21日 祈年祭
「としごいのまつり」ともいい、その年1年の五穀豊穣を祈願する重要なお祭りです。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
中旬 庖刀碑慰霊祭・四條公祭
料理の職人等が一同に揃い、使用できなくなった包丁などを持ち寄り、境内にある庖刀碑に埋葬して感謝を捧げ慰霊するお祭りです。また、四條公祭は料理の神様である磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)ならび四条中納言藤原政頼(ふじわらのまさより)卿に日々の食物のいただきに感謝を捧げ、日頃の調理安全ならびにさらなる技術向上を祈願するお祭りです。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
19日・20日 前夜祭・例大祭
廣田神社における一年で最も重要なお祭りです。19日には前夜祭として宵宮(よいみや)(青森では夜宮(よみや)ともいいます。)が行われ60店舗近くの露店が開かれ、まとい振りや青森伝統演芸である津軽三味線、ねぶた囃子など、青森の夏の始まりを感じさせる奉納演芸が境内にて盛大に行われ、多くの参拝者にて賑わいます。
20日の例大祭では代々神職のみによって伝承される県無形民俗文化財の“津軽神楽”が青森市の神職によって奉納されます。
30日 夏越大祓式
人形といわれるものに半年分の罪穢れを移し、茅の輪をくぐることによって祓い清める神事です。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
18日 進藤庄兵衛正次翁 頌徳祭(しょうとくさい)
ご祭神である青森の開港・商業発展の礎を築いた開拓の恩人、青森城代二代目・進藤庄兵衛正次翁の数々の偉業を称えて、更なる青森の繁栄ならび安泰を祈願する青森において最も大切なお祭りであります。祭典終了後には庄兵衛のように様々な分野で活躍された青森ゆかりの方に奉納講演をしていただいています。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
七五三詣
三歳(髪置)五歳(袴着)七歳(帯解)の時に神社にてご祈祷を受けて家族で健やかなる成長を祈願します。一般には11月15日ごろから神様にお参りしますが、青森市では雪の関係もあり10月頃よりお参りする方が多いです。
23日 新嘗祭
春の豊作を願う祈年祭の対となる神事で稲の収穫を祝いその御恵みに感謝を捧げる例大祭・頌徳祭同様の重要なお祭りです。
1日 月次祭(つきなみさい)
毎月1日に行われ皇室の弥栄と国家の隆昌並び氏子・崇敬者の繁栄を祈願するお祭りです。廣田神社では同時に境内神社もそれぞれ月次祭を執り行っています。
5日 御幣立始祭(ごへいたてはじめさい)
青森市や津軽地方に伝わる伝統的な風習で、新年を迎えるにあたり御神札と共に御幣と呼ばれる幣帛を新調し、各家庭の神棚にお供えをします。その御幣の立て始めを神様に奉告するお祭りです。廣田神社ではこの日にお持ち頂いた先着10名には新年が輝くような年であるようにと特別に金の御幣にてお立ちしています。
31日 除夜祭・師走大祓式
一年間安泰に暮らすことができた感謝と共によりよい新年を迎えることを祈願する除夜祭と、夏に行われる大祓式と同様に年越しの罪穢れを祓い清める神事を執り行います。