全国唯一病厄除守護神 廣田神社

[お願いごと]月替り切り絵御朱印【師走】12月1日~31日

【師走】雪と狛犬と釣燈籠

今月の紙色は【にぶ空色】。空色といっても明るい色もあれば曇り色も。冬の入りの青空はどこか灰色がかっていますが、真っ白な雪の恵みで豊かな自然を享受している青森では有難い冬の到来を告げる色ですね。

神社といえば。というくらい馴染みの深い狛犬は、一般的に神社の参道などに置かれている一対の獅子の形をした像をいい、高麗犬、胡麻犬などとも表記されることがあります。

その起源はエジプトやインドにあるとされ、日本には中国唐代に伝わったとされています。また、鎌倉時代に伝わったものは宋風とされ、唐獅子と呼ばれました。

神様を御守りする番犬の如く、邪を退け、御神前の守護を担う役目を負っています。材質は多岐に渡り、石をはじめ全国には銅や鉄、木、陶製のものもあります。

それだけではなく、姿も千差万別で、凛々しい顔もあれば、ひょうきんな顔も、子供を連れている狛犬もあり、奉納された方や製作者の想いがよく表れどんな狛犬さんかな。と、参拝する際の楽しみのひとつにも。

廣田神社の狛犬は石製で大正十五年六月二十日の例祭日に、青森市石工の山田末吉氏と山田石太郎氏より奉納されました。当地は先の戦争で焼け野原になり灰燼に帰しましたので、大正時代というと戦火の中でも残ったことに。幾多の困難にも心強く護ってくれていたのでしょう。

形は一方が口を大きく開き、一方が口を閉じる「阿吽」型で、角のあるなしと、雌雄も分かれています。向かって左の狛犬さんの後ろには大きな桜の木があり、四季折々に彩られる木と相まってとても美しい景色になります。

燈籠は灯りを献じるものとして、もともとは寺院で用いられていましたが、いつしか神社でも用いられるように。こちらも形から素材まで沢山の種類があり、その意匠を見るだけでも楽しいです。

廣田神社でも各所に様々な燈籠がありますので、ぜひ暖かい灯りに癒されてみてください。

いよいよ今年も最後の月。師走。

一年良いことも悪いことも様々あったと思いますが、全ては今のためにあったこと。来年も佳き年麗し年となりますことお祈り申し上げます。

頒布期間 12月1日~12月31日  無くなり次第終了 【郵送】

初穂料 700円

申込み方法

現金書留 ①御朱印の種類
※ご当地御朱印は〔りんご〕〔雪結晶〕〔青森県〕、ご朱印帳は〔希望色〕、ねぶた大賞は〔希望作品名〕までご指定してご記入ください。
②各枚数と郵送先の〔氏名〕〔住所〕〔連絡先〕
③送料300円もしくは500円を含めた初穂料
以上を添えて下記までお送りください。内容確認後、順次発送いたします。
銀行振込 ①御朱印の種類
※ご当地御朱印は〔りんご〕〔雪結晶〕〔青森県〕、ご朱印帳は〔希望色〕、ねぶた大賞は〔希望作品名〕までご指定してご記入ください。
②各枚数と郵送先の〔氏名〕〔住所〕〔連絡先〕
③送料300円もしくは500円を含めた初穂料を下記に振込
[銀行名]みちのく銀行 国道支店
[店番]016
[種目]普通預金
[口座番号]5212979
[名義]宗教法人廣田神社 宮司 田川伊吹
※5月8日より振込先が上記の銀行になります。
④入金後、お問い合わせフォームかメールにて①②と振込日を記載して送信
初穂料の確認が取れた時点で、順次発送となります。
送料 [御朱印]300円
[御朱印帳]500円(2冊迄)
[御朱印+御朱印帳]500円(2冊迄)

送り先

〒030-0861 青森県青森市長島2-13-5 廣田神社社務所宛て
tel. 017-776-7848 / fax. 017-777-5244
メールアドレス info@hirotajinja.or.jp
お問い合わせフォーム
※休務中は電話での対応は出来ませんので予めご了承ください。